FC2ブログ
2006
12.11

モダンハウジングの見学・・BUD

12月10日 コーポラティブ住宅見学の続き・・
富田林のコーポラティブ住宅見学の後、「街づくりを基本にした、住まいの分譲」をコンセプトにしている㈱BUDさんの大阪 泉大津のヴェルデガーデンズ泉大津を見学する。

bud20061210e.jpg


団地は入口の街路から曲線で構成され、街路の曲線に沿って住宅の外観が見え町全体が柔らかく感じる。到着すると、わざわざ上岡社長さんが出迎えてくれました。上岡さんは若いときから、河川の水の浄化の運動に参加され、環境を浴したい思いから、住宅開発を手がけられるようになったそうです。

bud20061210d.jpg



このハウジングは83戸の個性のある住宅から構成され、建物のデザイン、街の美しさ、自然との調和そして快適性を詰め込んでいます。決して宅地は広くはないが、各住戸の境にはフェンスがなく戸建て住宅として充分であろう。

bud20061210c.jpg



各住宅には、雨水を貯めるタンクが街路脇に埋められ、手押しポンプで緑に水をやったり、車の掃除に使うそうです。門扉や駐車場の床など、街路面の住宅地のデザインは統一され街並みが調和しています。

bud20061210a.jpg


bud20061210b.jpg


各住宅には地下室があるそうで、皆さんさまざまな使い方をしているそうです。特にご主人が使用される方が多いそうで、地下室があると帰宅が早くなったそうです。団地沿いは大津川が流れ、川べりの住宅は屋根に見晴台がある住宅もあります。この団地も決して高所得者層でなく、求めやすい価格になっています。

完成後10年経つと全住宅外壁を塗り替える保証をつけているそうです。

参考になったらクリックしてください
 にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ  にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif


スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
2006
12.10

コーポラティブ住宅見学ー2006年12月10日

NPO法人まちづくり推進機構岡山の主催で、COM計画研究所さんがコーデネートした、大阪の富田林のコーポラティブ住宅の見学に行きました。朝7:30岡山を大型バスで出発、10:30に富田林着、COMの山脇さんの案内で街並みを見学する。富田林の寺内町(じないまち)は、450年前に宗教自治都市として栄え、今も江戸時代からの街並みが残っています。

tondabayasimatiya20061210a.jpg


寺内町の城之門筋の道は「日本の道百選」に選ばれ、よく整備されていました。標識や、溝のない石で出来た側溝はすばらしいデザインです。


tondabayasimiti200612010b.jpg tondabayasimiti200612010a.jpg


見学時間が短いので急ぎ足で街並みを拝見しながら、コーポラティブについて説明したいただく「じないまち交流館」に到着する。この建築は最近完成したようで、地下に60トンの防火水槽や防災倉庫を併設する、展示・情報館になっています。2階は会議などに使用できる4室の和室がありました。
COM計画さんの提唱する、コーポラティブ住宅の4つのポイント
・ 納得できる価格(価格メリットがあること)
・ 希望がかなう自由設計
・ 良好なコミュニティー
・ 豊かな環境が実現できること

kouryuukann20061210.jpg tonndabayasi20061210a.jpg


COM計画研究所の山本さんから「寺内町まちやガーデンハウスの完成までの流れや概要の説明を聞き、見学に向かう。2005年3月に計画案の提案をしてから、5月には募集説明会開催、2006年1月着工9月完成・入居と非常に早い期間で実現しています。取得価格は約2800万円から3600万円とお手ごろ価格になっているようで、早い時期に参加者が決定されたようです
建築ガイドラインを設定し、寺内町の街並みに良く調和しています。車駐車スペースをオープンにして、1戸あたりの宅地は小さいのですが、ゆったりした
住宅に感じます。詳しくはこちら参照ください

tondabayasikopo20061210a.jpg



tondabayasikopo20061210b.jpg



住宅のお宅1軒を拝見した後、街並みを散策しながらバスまで戻り昼食会場に移動する。

参考になったらクリックしてください
 にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ  にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif


Comment:0  Trackback:0
2006
12.01

コーポラティブ住宅と輸入建材ショールームの見学会募集

私の所属しているNPO法人まちづくり推進機構岡山では、岡山県内でコーポラティブ住宅の実現をめざしています。現在、倉敷市の天城と岡山市芳泉の2地区にて参加者募集しています。

コーポラティブについての説明パンフレットです。入手希望者は機構TEL086-803-3361まで
uburua.jpg


推進機構岡山のまちづくり活動・・岡山県の支援を受けています
ubusuna20061130b.jpg


コーポラティブ方式の住宅とは、住宅を建てたい希望者が集まり、皆で広い土地を購入して、参加者で街路のデザインや街区の景観、建物雰囲気や暮らし方を相談して、参加者が守るルールを決めます。住環境の良い住宅が実現できます。また、建設前に皆で話し合いますので、入居までに良好なコミュニティーが生まれます。

また、参加者各自は敷地の広さや住宅の広さ、間取りは自由になるので、予算に合った住宅が実現可能です。団地計画や住宅設計は専門のプランナーや建築家がコーディネートや設計します。
koporatoha20061130.jpg


でもコーポラティブ住宅とは、環境の良い住宅とは?分かりにくいと思いますので大阪に実例の見学に行きます。12月10日と来年の1月13日の2回開催します。見学先は2回とも違う場所に行きます。


また、これから住宅を建てるかたに参考になるように、大阪の輸入建材のショールームもご案内します。参加費は 昼食込みで 大人3000円
岡山駅近くの林原モータープール発 朝7:30 岡山着 20:00予定
koporakengaku20061130a.jpg


見学先 富田林の住宅と歴史ある街並み見学    モダンデザインの住宅団地    輸入建材ショールーム

問い合わせ・申し込み 
NPO法人まちづくり推進機構岡山 事務局TEL086-803-3361

参考になったらクリックしてください
 にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ  にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif


Comment:1  Trackback:0