FC2ブログ
新月の木(岡山の木)を生かした住宅の完成見学会の案内
2008-12-11 Thu 11:07
「新月の木(岡山の木)を生かした住宅の完成見学会」のタウン情報誌の原稿が完成しました-1


mtei201205b.jpg

mtei201205g.jpg
階段の踊り場の書斎机、屋根の曲がった丸太梁は田枝建設さんの倉庫で見つけた丸太


この住宅の完成見学会の開催
12月20日(土)から23日(火) AM10:00-PM4:00
場所 宇野線 迫川駅わき 東

mteitizu201210a.jpg


問い合わせ先 (有)宇川建築計画事務所 TEL086-265-9333
Email ugawa@mx3.tiki.ne.jp
田枝建設 ㈱ TEL0120-616-865


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
スポンサーサイト
別窓 | 岡山の「新月の木と松の木」を生かした家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
新月の木を生かした住宅もうすぐ完成-2
2008-12-09 Tue 09:32
完成が近い、新月の木を生かした住宅

新月の木とは、秋から冬の間の新月の時に伐採される木を「新月伐採」の木と呼びます。
この伐採方法は、月の満引きによる木の水分補給の自然のリズムより、こうして伐採した木材は腐りにくい、虫がつきにくいと言われています。最近は科学的根拠を言われる方もあり、かつてNHKでも放送されました。

新月に伐採された木は、枝が付いたまま、桧の場合3ヶ月間山に寝かし自然乾燥(葉枯らし乾燥)します。こうすると色合いも良い木になります。その後山から引き出し、荒挽きして倉庫に寝かし、時間をかけて含水率20パーセント以下になるまで自然乾燥させます。

今回この「新月の木」を使用した理由
・ 葉枯らし乾燥させ、自然乾燥の木であり、木の色艶が良い
・ 自然乾燥なので製材までのCO2排出量が少ない
・ 木の生えていた場所が分かるー正真正銘の岡山の木である
・ 「新月の木」なので何かロマンを感じる


新月の木については、私のブログのこちらをご覧下さい

mtei201205c.jpg

この住宅は88.6㎡ (26.8坪)のこじんまりした住宅です。
部屋の間仕切りは必要最低限にし、オープンな空間になっています。

mtei201205h.jpg
子供室(子供のエリア)まわりの2階のロフトを見る
実は、今お子さんも小さいので子供室も扉がありません、将来必要になればその時対応します。

この住宅の完成見学会の開催
12月20日(土)から23日(火) AM10:00-PM4:00
場所 宇野線 迫川駅わき 東

mteitizu201210a.jpg


問い合わせ先 (有)宇川建築計画事務所 TEL086-265-9333
Email ugawa@mx3.tiki.ne.jp
田枝建設 ㈱ TEL0120-616-865


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | 岡山の「新月の木と松の木」を生かした家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
新月の木を生かした住宅もうすぐ完成-1
2008-12-08 Mon 08:54
12月8日(月)新月の木を生かした住宅もうすぐ完成します

現在 年末の完成に向けて、仕上工事をしています。

mtei201205a.jpg
1階の外壁は焼杉板貼り、2階部分はシックイ塗り
灘崎町の街にあわせた伝統的な和風をモチーフにした外観デザインです。

mtei201205j.jpg
2階の子供スペースー施主さんご夫婦が塗られた、珪藻土シックイの壁です。
上手に塗られていました。


mtei201205f.jpg
タイルや屋さんがイタリア製タイルを貼っています。
色は施主さんが選ばれたグリーンです。
イタリア等のヨーロッパのタイルは色が多少ムラがあり、手づくりの雰囲気あります。
国産タイルはキチットしていて、どうしても工場で製造した感じがします。

mtei201205e.jpg
手づくり洗面カウンターーカウンター天板は同じく、イタリア製のモザイクタイル

完成見学会の日時 決定しました
12月20日(土)から23日(火) AM10:00-PM4:00
場所 宇野線 迫川駅わき 東

mteitizu201210a.jpg


問い合わせ先 (有)宇川建築計画事務所 TEL086-265-9333
Email ugawa@mx3.tiki.ne.jp
田枝建設 ㈱ TEL0120-616-865


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | 岡山の「新月の木と松の木」を生かした家 | トラックバック:0 |
施主さんの珪藻土塗り
2008-11-26 Wed 15:58
11月26日(火)午前 岡山県新見の「新月伐採した木」を使った住宅の現場に行って来ました。
12月中旬完成に向けて工事が進んでいます。
完成見学会は12月20日から23日の間に予定しています。

新月の木
秋から冬の間の新月の時に伐採される木を「新月伐採」の木と呼びます。
これは、自然のリズムを大切にしてきた先人のすばらしい知恵で、木材が腐りにくい、強いと言われています。また、新月に伐採された木を枝が付いたまま、桧の場合3ヶ月間山の斜面に寝かし乾燥(葉枯らし乾燥)します。こうすると色合いも良い木になります。

新月の木になるには
・秋から冬の間の新月の時に伐採する
・葉枯らし乾燥する
・天然乾燥にて製材する

mtei201126h.jpg

外部は焼杉板が貼られ、シックイも塗りをしています。大分見違えるようになりました。

左官屋さんの指導のもと 先日から、施主さんが2階の壁に珪藻土を塗られています。
柱や巾木・梁の廻りの養生もていねいにされ、塗り面もなかなかきれいです。
コテのむらも味わいがあります。愛着も増してくることでしょう。

mtei201126d.jpg

mtei201126b.jpg
塗っている壁の上はロフト

mtei201126g.jpg
1階居間からの見上げた吹抜け
家の中心にあり、どこにいても家族の気配を感じれます

mtei201126c.jpg
完成した子供室の珪藻土塗りの壁

mtei201126e.jpg
キッチンのタイルーイタリア製のタイルは色きれいです
ここにはオールステンレスのキッチンセットが入ります

完成見学会開催します
12月20日から23日の間に予定しています
場所 岡山市灘崎町迫川 迫川駅そば
詳細は後日のせます



参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | 岡山の「新月の木と松の木」を生かした家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
筋交いの検査
2008-07-24 Thu 09:54
7月23日(水)今日も暑い日ですが、午後から現在工事中の現場2ヶ所を廻る。

Mtei200723a.jpg

新月の木と岡山県産の木を使った住宅では、筋交いの取り付けも終わり現在アルミサッシュ取り付けています。

先回 筋交い検査で取り付けが残っていた個所あったので、改めてすべて確認する。

mtei200723b.jpg

・1階にて1ヶ所これから付ける個所確認

mtei200723c.jpg
監督さんと打ち合せ

小屋の妻部分も筋交いの追加を依頼する

明日午後 (社)日本建築家協会中国支部の会議に出席するので広島に行きます。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | 岡山の「新月の木と松の木」を生かした家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
軸組検査
2008-07-11 Fri 20:44
7月11日(金)午前 岡山の木を使った、岡山市灘崎町で工事中の住宅の軸組検査に行きました。

mtei200711b.jpg


この住宅は、柱・梁材と床フローリング 他造作材のほとんどを岡山県産材を使っています。
岡山では県産の木を一定以上使うと補助金が出る制度があり、この住宅も20年度分の補助申請をしています。今日は午前中岡山県民局林政の担当者が現場に来て、使用材と木の含水率の検査があり、立ち会いました。

mtei200711a.jpg
含水率の検査ー補助制度では木材の狂いを避けるため、含水率25%以下の材の指定があります。

構造材では20%以下であれば充分乾燥しています。

天然乾燥の桧の柱と土台の含水率 20%
天然乾燥の松の梁材の含水率 17% でした。

mtei200711c.jpg


柱は新月伐採をし、山で葉枯し乾燥の後、倉庫で1年以上天然乾燥した桧、梁も1年上天然乾燥の後製材した松材です。

桧の柱には松の梁が色合いが合います。お互い「もち肌」のようです。
日が経つと飴色に艶が出てきます。

mtei200711d.jpg
2階ロフトの床部分ー座を下げています

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | 岡山の「新月の木と松の木」を生かした家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
棟上しましたー3
2008-07-06 Sun 12:54
7月2日(水)岡山県 「新見の新月の木と岡山で製材した松の木」を生かした住宅の棟上の続き

最近は棟上のときに、餅投げをすることはなくなりましたが、建設会社さんの手配により開催しました。200枚ほど事前に告知のチラシを配られたので、5時の開始前から集まって来られました。

mtei200702b.jpg
餅投げの最中、たくさんのご近所の方に来ていただきました。
「これから、よろしくお願いします」餅投げ後は、なんだか ご近所の仲間になった感じがします。

ご近所の皆さん、特にお子さんや施主さんにも良い思い出になることでしょう。

mtei200702c.jpg
棟上の後、ご家族で記念写真

mtei200702d.jpg
雨に濡れないようにシートを掛ける。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | 岡山の「新月の木と松の木」を生かした家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
棟上しましたー2
2008-07-05 Sat 22:22
7月2日(水)岡山県 「新見の新月の木と岡山で製材した松の木」を生かした住宅の棟上の続き

大工さんが棟上の作業をしている間、工事の邪魔にならないように気をつけながら、土台とアンカーボルト、ホールダウン金物の設置位置の検査を行う。


mtei200702h.jpg
土台はシロアリに強い 桧材 12cm角 この土台も新月伐採の木です。

mtei200702i.jpg


アンカーボルトの位置
・筋交いの両端の柱の近くー地震時柱の引き抜きが出るため、アンカーボルトを設置
・土台の端部
・土台の継ぎ手の上部側
・2.7M以内
・ホールダウウン金物の近く 等を確認  OKでした。
 
mtei200702g.jpg
四国 徳島県で製造された国産杉の下地合板

この住宅では、下地の合板も国産材の杉から製造した合板を使用し、国産材にこだわりました

なぜ、国産杉合板を使うのか?はこちらをご覧下さい

続く・・・次回は「棟上に餅投げしました」を報告します。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | 岡山の「新月の木と松の木」を生かした家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
棟上しました-1
2008-07-02 Wed 20:04
7月2日(水)岡山県 「新見の新月の木と岡山で製材した松の木」を生かした住宅の棟上をしました。

柱は岡山の新見の田枝建設さんの山から、一昨年秋の新月に伐採され天然乾燥された桧の柱、梁材は岡山の天然乾燥にこだわる山渋製材所さんの松材を採用。天然乾燥の木は色艶も良いです。柱と梁材の構造フレームは4寸(12cm)と骨太の「生粋の岡山っ子の木」です。

木は成長とともに空気中のCO2を吸収して育ちます。そして、柱に使えるぐらいの40年以上の樹齢になるとCO2の吸収も止まります。自然はうまく出来ているものですね。

田枝建設さんでは、伐採後将来のために植林するそうです。
また木が育ち岡山県北のCO2を吸収し、環境に貢献してくれます。


田枝さんの「新見の木」についてはこちら

日本の森林を守るため、こうした試みに付加価値として炭素排出権として売買も可能になると良いと思います。日本の産業から出るCO2の排出権のため、海外の国の権利を買うのでなく、日本の森林から伐採され、その跡地を植林される木材に、蓄積CO2分の炭素価格を買ってもらい、山の保全に使えると良いと思います。

洞爺湖サミットもまじかになり、最近地球温暖化が何かと話題になります。

この住宅は、地域で伐採・製材された木を使っているので、まさに運搬にかかるCO2排出が最小限です。また木の乾燥も時間をかけて、自然の風による天然乾燥にこだわっているので、生産におけるCO2排出も最小限です。

あるハウスメーカーの住宅でCO2ゼロ?を宣伝していましたが、使われる部材の生産時に排出したCO2や遠方の工場から現場までの運送時に出るCO2はどうなの?

食べ物の「地産地消」ではないが、身近な環境にとって、建物も「地産地使」(地域で生産している材を地域で使う)のがおすすめです。

mtei200702e.jpg
延床面積 88.6㎡ 約27坪と少し小さめの住宅なので、いつもより早めに2階も立ち上がりました。

mtei200703a.jpg
2階床から階段ホールを見る

mtei200702a.jpg
階段踊り場の上の化粧の松の丸太

新見の田枝建設さんの倉庫に新月の木を見に行ったときに、倉庫の中で見つけたよく乾燥した松の丸太梁です。
S字カーブ曲がりの感じが良かったので、玄関を入って見上げると見える階段ホールの梁に採用しました。

(無垢材の構造材に見られる、割れは材の強度には影響はありません)

続く・・・

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | 岡山の「新月の木と松の木」を生かした家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
基礎の鉄筋検査
2008-06-02 Mon 18:06
6月2日(月) 工事中の「新月の木」を生かした住宅の、基礎の鉄筋が組あがったと監督さんから連絡があり、現場に行き鉄筋の配筋を見る。

mtei200602a.jpg


・ 建物の位置、レベルの確認
・ 壁予定の位置を実測確認
・ 防湿シートの敷き具合確認
・ 鉄筋の仕様、太さ 特にD-13確認
・ 鉄筋のピッチ確認
・ 基礎内部の通行部分の開口補強確認
・ 設備配管の確認

mtei200602b.jpg


などなどを検査し現場を後にする。
これから本格的に工事が始まります。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | 岡山の「新月の木と松の木」を生かした家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
施主さんと松の梁と新月の木を見に行きましたー2
2008-05-29 Thu 09:33
使用する山渋木材さんの松の梁材を見学したあと、新見の田枝建設さんの「新月の木」を保管している倉庫に「新月の桧の柱」を見に行きました。

新月の木の特徴
・ 木を伐採するのに最適な切旬を守っている
・ 山で葉枯らし乾燥させている
・ 倉庫で充分な自然乾燥させている


以上により・・腐れにくい、虫が寄りにくい、色艶がよい、乾燥までの使用エネルギーが少ない、
身近な森林の木である、伐採後の植林など山の保全が明確

mtei200528f.jpg
新月の木を伐採している新見の森

mtei200528c.jpg
今回使用する桧の4寸角の柱、2年間ぐらい自然乾燥乾燥していました。含水率15%前後

mtei200528d.jpg
倉庫の中でケヤキ板発見、玄関の式台に使用したいと交渉

mtei200528e.jpg
手頃な曲がりの松の丸太発見、玄関の吹抜の梁として交渉

施主さんご夫婦と使用する木材を見てもらった後、プレカットの担当者と私と監督さんとで1時間ぐらいプレカットの加工について打ち合わせする。この間、田枝建設の田枝社長にお願いして、施主さんご夫婦を桧の木を伐採した山を案内してもらう。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | 岡山の「新月の木と松の木」を生かした家 | トラックバック:0 |
施主さんと松の梁と新月の木を見に行きましたー1
2008-05-28 Wed 20:03
5月28日(火)工事中の「新月の木と松の木」を生かした住宅に使う木材を、施主さんと建設会社監督さんと見に行きました。

朝9時 私の事務所に皆さん集まっていただき、岡山県久米郡久米南町の山渋木材に向かいました。山渋木材さんは松専門の製材所で、特に天然乾燥の松の梁材に定評があります。
私が手がける住宅では時々採用したり、興味のある建築家の方には紹介したりしています。

山渋木材さんはこちら

mtei200528b.jpg
今回使用予定の松の梁材

松専門の製材所は全国でもめずらしです。この岡山県北はかつて松の森がたくさんあったため、松専門の製材所さんがありました。いまでも岡山県北には松専門の製材所数社があり、高い技術力を持たれています。

ただ今工事中の住宅の柱は、11月以後の木を切るのに最適な(切旬ー木の成長が止まった時期に切った木は腐れにくい)時期に切り、山で葉枯らし乾燥させ、充分天然乾燥させた岡山の山(新見)の桧を使います。

この柱と相性の良い梁材として、山渋さんの天然乾燥の松の梁を使います。

mtei200528a.jpg
山渋さんから説明を受ける施主さんご夫婦、直にお会いして話を聞くと「木を心をこめて製造している方の気持ちが伝わります」

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

別窓 | 岡山の「新月の木と松の木」を生かした家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
基礎とプレカットの打ち合わせ
2008-05-21 Wed 08:46
5月20日(火)事務所のサクランボの実も真っ赤に色づき、熟して落下しはじめました。
実は小粒で、すこし柔らかいが熟すと甘いです。事務所前は、朝の登校時 小学生の集合場所になっているので時々味見しているようです。また、小鳥が食べに来ます。

sakurannbo200520a.jpg


sakurannbo200520b.jpg


今日は、灘崎町で工事中の新月の木を使う住宅の、基礎とプレカットの打ち合わせを建設会社の監督さんとする。

mtei200520a.jpg

・アンカーボルトとホールダウン金物の位を指示
アンカーボルト位置を赤印にて図示した図を渡す
・基礎の型枠、厚さ、断熱材について打ち合わせ
・筋交い、梁接合に使用する金物の指示
・使用木材について確認
・プレカット図面のチェックを打ち合わせ  などなど

5月28日に施主さんと岡山県北に行き、松材の製材所と新月の木の在庫を見に行く打ち合わせをする。合せて新月の木を伐採した森林を拝見する予定。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | 岡山の「新月の木と松の木」を生かした家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
地鎮際しました
2008-05-13 Tue 13:28
5月12日(月)岡山市灘崎町にて建つ住宅の地鎮際に行ってきました。
気持ちの良い快晴の日です。神主さんはご夫婦(多分)で、通常より長めで丁寧に神事を執り行ってくれました。

mtei200512a.jpg


外観は伝統的な 延床面積 88.6㎡(27坪)のこじんまりした和風住宅で、1階部分は焼杉板を貼った切妻のシンプルな外観の住宅です。

mtei200512b.jpg


柱は新月伐採された桧の柱を使います。
秋から冬の間の新月の時に伐採される木を「新月伐採」の木と呼びます。
これは、自然のリズムを大切にしてきた先人のすばらしい知恵で、木材が腐りにくい、強いと言われています。また、新月に伐採された木を枝が付いたまま、桧の場合3ヶ月間山に寝かし乾燥(葉枯らし乾燥)します。こうすると色合いも良い木になります。

新月の木になるには
・秋から冬の間の新月の時に伐採する
・葉枯らし乾燥する
・天然乾燥にて製材

新月伐採についてはこちらをご覧下さい

今回、岡山県で自社の所有する森林の木で「新月伐採」にこだわって取り組んでいる、新見市に本社のある田枝建設さんに建設工事を依頼しました。

田枝建設さんのホームページ

mtei200512c.jpg
桧の柱が育った新見の森林

梁材も天然乾燥で岡山で製材された、山渋木材さんの松材を使います。
柱梁とも天然乾燥材を使用し、製造時の使用エネルギーの少ない材を使います。
もちろん木材以外も、自然素材を生かした健康的なエコ住宅をめざします。

新しくなった山渋木材さんのホームページ

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | 岡山の「新月の木と松の木」を生かした家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 岡山で住宅の設計をする建築家ブログ |