FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成した住宅に家族で手形を押しました

9月13日(土)見学会のあと住宅を引渡しました。

ytei200919f.jpg


電気屋さん、水道屋さん、ナショナルのシステムキッチン担当者、TOTOさん、岡山ガスさん、トステムさんの各担当者に来てもらい、機器類の取り扱い方を施主さんに説明しました。

また、住宅の鍵をお渡しし、玄関の工事用のキーを無効にしました。

その後、2階吹抜けの廊下の珪藻土の壁に家族全員の手形を付けるため、左官屋さんに準備してもらいました。

ytei200919c.jpg

ytei200919d.jpg
何回か手形を押しては、やり直しをして完成

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
スポンサーサイト

切妻の新和風の住宅が完成しました-1

9月13日(土)切妻の新和風の住宅が完成し、見学がご希望の方に公開しました。

ytei200919a.jpg

ytei200916b.jpg
玄関ポーチー壁は京都の老舗タイルメーカーのボーダータイル貼り
目地は素朴な砂目地仕上

ytei200919e.jpg
住宅の中心のリビングの吹抜ー2階の子供室の窓を見る
どこにいても家族の気配を感じれます

床は間伐材の床暖房用桧のフローリング(岡山産)
乾燥度合いが高く、暖房をかけても狂いが出ないです。

壁はシックイ入り珪藻土塗り壁

以後 随時紹介します。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

照明器具の決定

8月6日(水)の続き  そろそろ完成に向けて照明器具を決定します。

設計時点で、候補の照明器具を選定し工事契約の見積に計上しています。
そこで工事開始時には、器具の切り貼りシートを施主さんにお渡しし検討してもらいます。
また事前に照明メーカー各社のカタログ帳もお渡しし、時間のあるとき見てもらいます。

ytei200806e.jpg

今まで数回打ち合わせ、相談しましたが、今日は最終決定しました。

ytei200806c.jpg
リビングの吹抜けー子供室の窓を見る

ytei200806d.jpg
珪藻土+シックイの左官塗り前の内部の様子

また、樋の色も決定ーグレーの色にする

内覧会の案内(予約制)
9月に入ると、この住宅の見学希望の方に内覧会を開催します。
ご希望の方は当事務所までご連絡ください。
改めて、詳細が決まり次第 日時、場所をご案内します。
連絡先 宇川建築計画事務所 〒700-0942 岡山市豊成3-17-24
TEL086-265-93333 FAX086-265-9334
Email ugawa@mx3.tiki.ne.jp 
またはこちらから申し込みください

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

仕上の決定

8月6日(水)午前  8月末 完成に向けて工事中の住宅の現場にて、施主さんご夫婦とまだ決めていなかった仕上について相談する。

ytei200806b.jpg

外壁の色の決定

塗装メーカーのカタログについている色サンプルでは、余りに小さいので気に入った色は30センチ角程度のサンプルを作成してもらいます。また、標準色以外の色もオーダーできます。

標準色では微妙な色合いが出ていません。

最近人気な色は、クリーム系、黄土色系、ホワイト系
事務所では約30枚外壁の色のサンプルを保管しており、今日は現場に持ち込み吹付ける色を決めました。

ytei200806a.jpg
現場に立てかけ、少しはなれて見ます。
外部の色決定は、晴れの日に外で確認します。

内覧会の案内(予約制)
9月に入ると、この住宅の見学希望の方に内覧会を開催します。
ご希望の方は当事務所までご連絡ください。
改めて、詳細が決まり次第 日時、場所をご案内します。
連絡先 宇川建築計画事務所 〒700-0942 岡山市豊成3-17-24
TEL086-265-93333 FAX086-265-9334
Email ugawa@mx3.tiki.ne.jp 
またはこちらから申し込みください

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

ポーチのタイル貼り工事中

7月23日(水)午後 工事中の切妻の家の工事で、大工さんの造作工事がもうすぐ終わるので、現場に立ち寄る。

ytei200723a.jpg


外壁はモルタル塗りの仕上も終わり、玄関のポーチの壁のタイルも貼られました。
目地はこれからですが、砂目地(砂のテクスチャーを生かしたこだわりの目地を予定)にします。

ytei200723b.jpg

タイルは京都のタイルメーカーのアルキオーナメントさんのボーダータイルです。
ここのタイルはどのタイルも、手作り感のある上品なタイルで、多くの建築家に愛用されています。
営業の方は、岡山に来られたときはよく事務所に立ち寄ってくれ、各地の建築家の作品を見せてくれます。

「日本には、数寄屋建築に代表されるように、自然の素材そのものが持つ美しさと特性を十二分に発揮させ、巧みに趣を醸しだすという、伝統的な空間演出の力学やノウハウが存在しています。
それは「一座建立」すなわち亭主が客を心からもてなすという思想がマテリアルにも大切に生かされている証しに他なりません。日本人ならではの、こうした繊細な感性をタイルに反映させることはできないか。それが私たちのタイルづくりの始まりでした。なぜならタイルは、空間創造のマテリアルである以前に、それ自身が多彩な表情を持つ焼き物です。焼き物には、あたたかみや土の味、柔らかく語りかけてくるメッセージがあります。」タイルメーカーさんのコンセプトより

アルキオーナメントさんについてはこちら

ytei200723e.jpg
リビングの吹抜け廻りー階段の上部

壁が紫色なのは下地のボードの色です。この上からシックイ珪藻土を塗ります。
下地ボードは空気中のホルムアルデヒドなどの有害物質を吸収してくれる、優れもののボードです。一般に使用されるプラスターボードと現場で間違えないよう、こんな色にしているそうです。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

学校の帰りに現場に寄る

7月3日(木)今日は午後から、建築の専門学校の設計製図の講義に行く。担当は2年生の製図課題の実習 課題は「学生寮 5階建て 鉄筋コンクリート造」で、学生はただ今CGにて外観を作成中。
多くの先生の指導により、カッコ良い作品になりつつあります。

夏の日は長いので、学校の帰りに工事中の現場に立ち寄る。

ytei200703a.jpg
外壁のモルタルを塗るための下地の防水シートが張られています。
この下は通気のための空気層があります。

内部も造作工事がかなり進みました。大工さんの工事も後少しです。

ytei200703b.jpg
リビングの階段廻りーダイニングを見る

紫色の下地ボードは、ホルムアルデヒドを吸収分解してくれる、吉野石膏の優れものの下地ボードです。
Q: なぜ紫色?  
A: 現場で普通のプラスターボード見分けがつきやすいように、紫色になっているそうです。

ytei200703c.jpg
2階の廊下のホール、正面はリビングの吹き抜け

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

工事中の住宅の現場

6月21日(土)Oさん宅を訪問後、夕方 岡山市内で工事中の現場で施主さん、監督さんと待ち合わせする。

少し早く着いたので、展開図を見ながら現場の状況と照合する。

現場の造作も大分進んだので、監督さんに使用する仕上材のカタログや見本を用意してもらい、施主さんに説明する。

壁紙や塗り壁の説明
使用するタイルの説明
ダイニングの配線ダクトの収まりの打ち合わせ 等々

ytei200621a.jpg
吹き抜けにつく書斎机コーナー:アールの塗り壁になります

階段もつき、手すりの高さに木を打ちつけ高さを決めました。

ytei200621b.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

工事中の住宅に使う板を見に行きました

6月11日(水)今日は午前、午後も現在工事中の住宅の施主さんと打ち合わせしました。

午前は灘崎町にて工事中の住宅の打ち合わせ。現在基礎が完成し設備配管を埋設中。

打ち合わせの内容
・ 屋根瓦の決定
・ アルミサッシュの色、開き方、トーメイガラスと型ガラス(見えない)の位置
・ 外部の木部の塗装の製品と色ー破風板などを上棟ごすぐに塗ります
・ 床材の決定

など、上棟後すぐに工事に入る材料について打ち合わせをして決定する。
その後、棟上げの準備について説明する。

ytei200611a.jpg
岡山県北の製材所の松板

午後から岡山市内で工事中の住宅の造作木材を決めるため、鴨方町の材木店を施主さんと訪問。
・ 玄関の式台、出窓のカウンター、下足入れの材料、階段板、2階ホールの机の天板になる、無垢の松厚板 を施主さんに見てもらう。
・ 和室の床の床柱、框、地板、天井板なども見てもらう。

ytei200611b.jpg
厚さ4cmぐらい、巾60cmから45cm

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

浴室のドアの決定

監督さんの依頼で、早めに浴室のドアを決定して欲しいとのことで5月24日(土)急きょ現場で施主さんに会う。

yei200524b.jpg
だいぶ外観の全体像が見えます。

採用した浴室ドアはTOTOの小扉付きの折戸です。

取り付け巾 1150ミリで通常の折戸では有効幅 675ミリですが、子扉を開けると1005ミリになり
将来 車椅子が必要な場合も十分な入り口巾を確保できます。

oredo200524a.jpg



浴室のドア・・TOTOの採用が多いです。
利点 出入り口の床排水とセットになっているので、段差処理の水はけが良い。

合せて、ニッチの希望位置を施主さんに確認する。

現場では、監督さんと大工さんと納まりについて打ち合わせする。
天井の下地組とサッシュの取り付け完了。

ytei200524c.jpg
リビングの吹抜の丸窓を見る

平面図と展開図(全部屋の姿を書いた図)からサッシュ位置、サイズを確認する。
2階への設備配管を確認して帰る。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

工事中の住宅、屋根が葺けました

5月17日(土)夕方 岡山市内の工事中の住宅の現場に行く。ほぼ瓦が葺けたので状況を確認するとともに、先回未確認だった軸組部分の確認をする。

ytei200517c.jpg
平板釉薬瓦が葺けた状況

・ 土台の継ぎ手ヶ所ノ上端個所にアンカーボルトを追加(ケミカルアンカー使用)
  地震時の建物の浮き上がりを防ぐため、通柱根元はすべてホールダウン金物使用する(当事務所仕様)
  以上の土台のアンカーボルト施工ヶ所 2ヶ所追加確認、ホールダウン1ヶ所追加指示

・ 前回検査時 見施工ヶ所の筋交い、火打ち土台、火打ち梁確認と納まり・追加接合金物について監督さんと打ち合わせ
・ 床下、小屋裏断熱材 確認

ytei200517a.jpg
小屋裏 断熱材スタイロフォームの中で断熱性の高いEK-Ⅱ厚さ50ミリ 屋根裏外断熱工法採用 断熱材の上に(瓦との間に)通気層を設け棟瓦から熱気を排気するリンピア採用。

小屋裏通気断熱工法についてはこちら

スタイロフォーム EK-Ⅱについてはこちら熱伝導率0.028(小屋裏は断熱性の高い材を使用、数字が小さいほうが断熱性高い)

棟換気 リンピアについてはこちら

大工さんは、今年2月に完成した住宅をしてもらった親子の大工さん。今日は工務店の安全講習会とのことで棟梁は夕方には不在、元気の良い息子さんの大工さんと打ち合わせする。

ytei200517b.jpg
床下の断熱材ーサニーライト厚さ45ミリ 熱伝導率0.042

サニーライトについてはこちら

・ ベランダFRP防水施工 確認 などなど

その後施主さんと電気設備、キッチン器具、衛生器具の打ち合わせをする。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

確認申請と住宅の現場

5月9日(金)提出していた2件の確認申請が無事下りたと、審査機関から連絡があり午前の確認申請を取りに行く。

1件は木造2階建て 約100㎡の個人住宅で、こちらはGWを挟んで2週間ぐらいで審査が終わりました。最近は木造住宅は1週間少しで許可が出るようになり、混乱はなくなりました。

もう1件は約100㎡ 鉄骨造2階建ての農業用倉庫(納屋)でしたが、こちらは2ヶ月ぐらいかかりました。現在でも審査に入るまでの待ち期間が約2-3週間ぐらいかかります。審査は構造計算面のチェックが細かくなり、訂正事項も以前より増え、許可がでるまでかなり時間がかかります。

鉄骨造やRC造の建物の確認審査は長い期間がかかります。
また、必要な構造計算や構造図面がかなり増えました。


午後から現在工事中の住宅現場に行き、施主さんとコンセント、照明器具、スイッチ、テレビ、電話、LAN、ボイラーなどの位置を相談しました。また前回未工事であった筋交いを確認します。

ytei200509a.jpg
サッシュが入荷してきました

ytei200509b.jpg


ytei200509c.jpg
設備の配管工事も始まるーお湯の配管

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

棟上後の検査

5月2日(金) 連休になるので4月26日棟上げした工事中の住宅の現場に検査に行きました。

ytei200502a.jpg


検査の項目

・土台の材種、サイズ、個所の確認

ytei200502c.jpg


・アンカーボルトとホールダウン金物の種類、位置の確認
ポイント アンカーボルトがずれていないか?

筋交い予定個所の両端、2.7M以内、土台の継ぎ手の上端、土台の隅にアンカーボルトがあるか確認
地震時、筋交いの両端は土台が浮き上がるので、この位置のアンカーボルトは大切です。


ホールダウン金物が図面の個所にあるか確認(建築基準法の告示により必要か個所が定められています)

ホールダウン金物は地震が起きた時、建物が基礎から浮き上がり倒壊するのを防ぐ、大切な金物です。法令に従い検討されていないこと多いです。
私の事務所では法令指定個所のほか、過去の地震の被害データから通し柱・隅柱の根元にはホールダウン金物を設置しています。

・1階、2階の高さの確認
・梁桁材の樹種、サイズ、架構位置、接合金物の確認

ytei200502d.jpg


・火打ち梁の樹種、サイズ、架構位置、接合金物の確認
・屋根の断熱材、ルーフィングの確認

などを検査する。

アンカーボルトを3ヶ所追加したほうが良い個所あり、事務所の帰った後監督さんに連絡入れる。
対策は基礎に穴をあけケミカルアンカーにてアンカーボルトを挿入する。

他は特に問題はなく、次回筋交いの位置を検査する予定。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

住宅の基礎の検査

4月3日(木)工事中の住宅の基礎の鉄筋組が完成したので、コンクリートを打つ前に鉄筋検査に行きました。

ytei200403a.jpg


検査の項目
・鋼管杭のサイズと位置ー先日現場にて確認済
・基礎の位置の確認
・鉄筋のサイズやピッチ、つなぎ長さ(定着)の確認
・防湿シートの敷き方確認
・鉄筋とシートの空きを確認
・点検開口部と補強鉄筋の確認
・アンカーボルトの位置、ホールダウン金物の打ち合わせ
・コンクリート打設の打ち合わせ

などになります。

ytei200403b.jpg


住宅完成見学会の案内
香川県さぬき市志度にて住宅完成見学会開催します。
開催日時 4月19日(土)20日(日)AM10:00~PM5:00

詳細はこちらをご覧下さい

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

地鎮祭しました

3月20日(木)祭日 今日は午前9時30分から岡山市内で工事が始まる、地鎮祭に出席する。
昨日は雨が激しく降ったが、朝には曇りになり無事執り行いました。


ytei200320a.jpg


地鎮祭についての執り行い方は、こちらをご覧下さい。

敷地には建物位置を示す、縄をすでに張っています。
地鎮祭の後、施主さんに予定の建物の位置を確認してもらいます。
また、周囲の土地の高さを見てもらい、敷地の高さを決めます。

新しいキッチンの見積書、サッシュのプレゼンボード、照明器具のプレゼンボードと4メーカーの照明器具のカタログ帳、床フローリングのサンプルを施主さんにお渡しし、瓦も選定しました。

ytei200320b.jpg


週明け24日(月)から鋼管杭打ちが始まり、本格的に工事に入ります。

午前10時半過ぎ、これから もうすぐ完成する香川県さぬき市の住宅の現場に向かいます。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

新しい住宅の工事始まりました

3月4日(月) 午前、完成した図面を届けに倉敷の建設会社に向かう。

その後、総社でリフォームを工事している住宅の現場に行く。
完成は3月中旬過ぎで、ただ今外壁の吹付けと内部の左官塗りを工事中。

otei200304a.jpg


左官屋さんとしばらく歓談・・「以前は、内部はクロス張りばかりで塗壁がなくなり、左官の仕事は少なかったが、最近は健康志向で仕事が増えている」とのこと

珪藻土、漆喰塗りについて意見交換

玄関と廊下廻りは既存の塗り壁を落として(写真の状態)、珪藻土に塗替える。
荒壁の状態もそれなりに風合いがある。

otei200304c.jpg


完成間近かの中2階、今回の改修で小屋裏の梁を表しにして、ロフトスペースを確保した。

otei200304b.jpg


この現場の後、岡山市内中心部で始まった住宅の現場に向かう。
ただ今、田を掘り返して造成工事中。
今週末ぐらい、杭の打つ深さを確認するため地盤調査に入る。

ytei200304a.jpg


この住宅はモダン和風スタイルの住宅で少し大きめ

ytei200304b.jpg


ytei200304c.jpg


明日は、久しぶりに香川の住宅の現場に行く予定。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。