FC2ブログ
2012
05.30

見学会に向けて工事中

大工さんの造作工事がほぼ完成したので現場に行く。

この住宅の見学会開催は7月21日(土)22日(日)の予定です。
場所は岡山市東区瀬戸町宗堂870
 


岡山の自然100選に選ばれた、宗堂桜で知られている里

steitizu240529.jpg
場所はこの地図で、看板宗堂桜の里を「宗堂桜」の文字に向かってください。
見学会当日は目印の「のぼり」を立てます。


stei240529d.jpg
外壁のモルタル塗 1回目の塗りが完成


stei240529b.jpg

stei240529c.jpg

前回 現場で施主さんと外壁に塗る色のサンプルから、採用する色について相談し「白に少しべージュがかった色」に決めました。その時新たに色サンプルを制作してもらうことにし、本日出来上がってきたので、改めて色サンプルを並べて決めました。

stei240529e.jpg
リビング・ダイニング 奥はキッチン、梁は地松 天井板は杉板張りで壁は珪藻土をこれから施主さんのご主人が塗りにチャレンジします。

stei240529h.jpg
2階の子供室ー4.5帖大の広さで3室 ボードのジョイントと釘頭のパテ処理中です。手始めに子供室から珪藻土を塗り始めます。

stei240529f.jpg
浴室ー壁と天井は水に強いヒバの木貼り、天井は暖房と洗濯物の乾燥機能のある換気扇

住まいづくりをお考えの方や住まいのご相談は
 お気軽にお問い合わせください。


(有)宇川建築計画事務所

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

スポンサーサイト



2012
03.26

電気設備工事の配線の確認

電気の配線と下地がだいぶ進んだと、監督さんから連絡を受け現場に行く。

steiseyo240326a.jpg
サッシュも組み込まれ住宅の全体像が見えてきました。

steiseto240326c.jpg
小屋裏と外壁側にも断熱材が充填されています。

小屋裏は、屋根下地の下に 熱伝導率0.028W/mkと断熱性の高いスタイロフォーム EKⅡタイプ 厚さ50mmを敷き込み、その下(小屋裏)にウールの断熱材 ウールブレス V-100 熱伝導率0.037W/mk 厚さ100mmを充填して、屋根面の断熱性を高めています。

スタイロフォームの性能はこちら

ウールブレスは羊毛(ウール)から製造され、調湿効果があり壁内の結露を防いでくれ、天然素材であるため人や環境に安全である利点があり断熱効果も高いので、よく採用しています。良く使われるグラスウールと比較して、少しコストが高いのが欠点。

ウールブレスについてはこちら

steiseto240326e.jpg
触るよ布団のように気持ち良いです。(当たり前ですが)

steiseto240326d.jpg

棟上げ後打ち合わせした、電気の配線が一通り完成しています。
施主さん、監督さんとコンセント・照明器具・エアコン・スイッチの位置等について、現場で再確認します。
何カ所か、コンセントを増やしたり、照明の位置を変えたりしました。

steiseto240326f.jpg
シロアリ駆除塗布も終了しています。シロアリ駆除は人に安全であり、シロアリ防御性が高い日本エンバイロケミカルズのタケロックを使用。

タケロックについてはこちら

steiseto240326g.jpg
外壁のモルタル下地になる防湿シートも張り始めました。その下は、外壁下から小屋に空気が抜ける外壁通気層があり、室内側にも防水防湿シートが張られています。

住まいのご相談はこちら
住宅の設計・監理ー(有)宇川建築計画事務所 岡山市南区豊成3-17-24 TEL086-265-9333
参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ   にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ  ninnkiblogbanner_04.1222.gif

2012
02.17

松の厚板を決めに行きました

施主さん、建設会社の監督さんと岡山県美咲町の松材専門の製材所の鈴鹿製材さんに行きました。

steisuzuka240217a.jpg
入荷している原木の丸太

steisuzuka240217b.jpg
これぐらい太い材がカウンターなどの天板になります
なかなか貴重なのが分かります

steisuzuka240217c.jpg
粗挽きされる人工乾燥釜に入ります、熱源は木のチップなどを使いCO2の排出削減が進んでいます。

steisuzuka240217d.jpg
建屋内に使用する予定の、充分乾燥した松の厚板が並べてくれています。
施主さんと使用するヶ所を確認し、使い方を決めます。
決定すれば加工工場に廻り、現場に搬入されます。

steisuzuka240217e.jpg
岡山県内では、まだまだ普通の住宅でこんな立派な板が使えることができます。

steisuzuka240217f.jpg
こちらの会社では松のフローリングも製造しています。
晩秋から冬の間に伐採された松材を粗挽きしていて、建物内でじっくり乾燥させています。
最近は注文が多くここに積まれている材もほとんどが行き先が決まっているそうです。
私も良く使用していますが、今年に設計する住宅には使えるかな??


住まいのご相談はこちら
住宅の設計・監理ー(有)宇川建築計画事務所 岡山市南区豊成3-17-24 TEL086-265-9333
参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ   にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ  ninnkiblogbanner_04.1222.gif

2012
02.03

筋交いと軸組の検査

筋交いが取り付けられたので、スタッフと検査に行きました。

steisujikai240203a.jpg

steisujikai240203b.jpg
筋交いの位置、カ所、使用している金物の確認
柱の位置、梁桁材の寸法と位置の確認

steisujikai240203f.jpg
特に必要なカ所のホールダウンを確認します

steisujikai240203e.jpg
梁を接合しているカ所は金物で補強する。


steisujikai240203c.jpg
屋根の垂木には、台風に備えて接合金物を取り付けます。断熱材も敷き込まれており、この上に外壁から空気が棟に抜ける、通風用の通り道を施工しています。

steisujikai240203d.jpg
バルコニーのFRP防水

住まいのご相談はこちら
住宅の設計・監理ー(有)宇川建築計画事務所 岡山市南区豊成3-17-24 TEL086-265-9333
参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ   にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ  ninnkiblogbanner_04.1222.gif


2012
01.14

棟上げ

今日は天気も良く棟上げの立ち会いに行きました。
いつも昼前に現場に行き、夕方作業が終わるまで立ち会っています。

steimuneage240114a.jpg

sakura240114a.jpg
現場の一帯は宗堂桜の里で知られています。棟上げ作業中に近くの公園を散策しました。

宗堂桜は、八重桜の一種で、花弁が60枚あり、花弁の内側の20 枚ほどが反転してカール状になっています。このため花は小ぶりながら花弁が膨らみ、他に類を見ない名花として、岡山県の天然記念物に指定されています。
詳しくはこちら

sakura240114b.jpg
4月になれば一帯に桜が咲くそうで、多くの方が来られるそうです。満開になると紹介します。


steimuneage240114c.jpg
午後3時ごろになると、だいぶ住宅の全体がわかるようになってきました。

steimuneage240114b.jpg
順調に作業が進んだので、屋根の垂木を打ち小屋上の断熱材も敷き込みました。

住まいのご相談はこちら
住宅の設計・監理ー(有)宇川建築計画事務所 岡山市南区豊成3-17-24 TEL086-265-9333
参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ   にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ  ninnkiblogbanner_04.1222.gif


2011
11.28

基礎工事

基礎の鉄筋検査に行きました。

steikiso231128a.jpg

当事務所の基礎検査に合わせて住宅瑕疵担保責任保険会社 JIOの基礎検査も受けました。
採用している基礎はベタ基礎、地盤調査の結果は良く、補強対策は不要の結果であったので、不測の事態に備えて地盤調査会社の保険を加入しています。

steikiso231128b.jpg
基礎ベースの鉄筋の径とピッチの検査ータテヨコ共 異形鉄筋D13 ピッチ150ミリ

steikiso231128c.jpg
基礎の立ち上がり鉄筋の検査ーD10 ピッチ200ミリ

steikiso231128e.jpg
外周基礎立ち上がりの広い開口補強鉄筋(サッシュの下)D13があるか確認するーないと基礎のクラックの原因になる

steikiso231128f.jpg  steikiso231128g.jpg  当事務所の基礎工事の監理チェックシートー確認する項目が記載されています。

steimokuzaikensa231128a.jpg
基礎検査の後施主さんとともにプレカット会社に行き、土台・柱・梁桁材に使用する材料を見てもらい(木材検査)木組みプレカットの施工図の打ち合わせをしました。

steimokuzaikensa231128b.jpg
梁桁材となる米松材ー充分乾燥したドライビーム


住まいのご相談はこちら
住宅の設計・監理ー(有)宇川建築計画事務所 岡山市南区豊成3-17-24 TEL086-265-9333
参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ   にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ  ninnkiblogbanner_04.1222.gif


2011
10.26

瀬戸町の洋風の家ーこれから工事が始まります

岡山市瀬戸町で洋風の家の工事を始めるので、地鎮祭を執り行う。
今日の地鎮祭は、いつもの神主さんでなく仏式で行いました。
住宅が建つ位置は白い縄を張っています。

stei231026a.jpg
地鎮祭のあと施主さんに、白い縄の建物の位置を見てもらい、位置を決めました。
少し西に寄せることにし、図面を変更して、確認申請の準備に入ります。
また、敷地の地面の高さを決めます。

基礎工事で出る残土は場外処分と決定。

stei231026b.jpg
基本計画での打合せの様子

stei231026c.jpg
これから建てる住宅の外観
当初はご主人は和風をご希望されましたが、奥さんのご希望で一転、計画は洋風に決定!!

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif