FC2ブログ
2016
09.15

津山文化センターに行ってきました

Category: 建築紀行
9月9日(金) 3年に1回受講する義務のある、建築士指定講習会に津山に行ってきました。
会場は城址エリア内にある、約40年前に建てられた「津山文化センター」
かつて私が東京時代に勤めていた設計事務所の作品です。
設計:川嶋甲士 川嶋甲士建築設計研究所

当時「伝統論」呼ばれ、日本の伝統デザインを現代建築にも生かし、日本らしさを表現をする建築作品の秀作があります。
「津山文化センター」もその一つと言え、今も改修され使用されています。

津山文化センターa20160909_081437

五重塔など寺社仏閣の軒先に見られる、三手先組手をプレキャスト(工場で制作したコンクリートのブロック)で製作し取り付けています。迫力があり見ごたえあります、今ではこの建築は造れないと思われます。
津山文化センターb20160909_081437

津山文化センターc20160909_081437

縄文柄のデザインのコンクリートの壁ー幅広のハツリ仕上げ、力強さと素朴さを感じます
津山文化センターd20160909_081437

津山文化センターe20160909_081437

津山文化センターf20160909_081437

津山文化センターg20160909_081437

津山文化センターh20160909_081437

津山文化センターi20160909_081437

津山城址のエリア内にあり、城の石垣も見ごたえあります、桜の咲く頃は綺麗です。
津山文化センターj20160909_081437

津山文化センターk20160909_081437


(有)宇川建築計画事務所      〒700-0942 岡山市南区豊成3-17-24
TEL 086-265-9333 FAX 086-265-9334 E-mail ugawa@mx3.tiki.ne.jp

hpnew250206a170p.jpg    新しいホームページはこちらから

rifoomuhp170p250206a.jpg   住宅のリフォーム専門のホームページはこちらから

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
 

スポンサーサイト



2010
03.01

倉敷市美術館で開催された講演会に行く

Category: 建築紀行
2月27日(土)午後 建築士会青年部主催の建築家 塚本由晴講演会が開催される倉敷市美術館に行く。

倉敷市美術館は 倉敷の美観地区近くにあり、建築家 丹下健三により倉敷市役所として設計されたが、現在 美術館として使われています。

tezuka220228a.jpg
1960年設計 当時盛んに論議された伝統論ー日本の伝統をモチーフにして現代建築をつくるーの雰囲気をもつ外観
校倉造りのような、障子の桟のような、格子のような、面を分節して外観を構成

tezuka220228b.jpg
近代建築家の巨匠 フランスのコルビュジェを思わすホールの壁
コンクリートの打ち放しもきれいです

なにより、最近の建築と違い手づくりの感じがします。
写真は掲載してませんがコンクリートの床の仕上も一品

建築家 塚本由晴講演会は220名の入る会場も、私の行っている学校の生徒など若い方で一杯でした。


テーマは「建築のビヘイビオロロジー」ビヘイビオロロジーとは「ふるまい」とのことで、
都市にたいして建築はどのように振舞ったら良いのか?について作品を通じて話を聞きました。

tezuka220228c.jpg

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

2010
02.24

高知の建築

Category: 建築紀行
2月24日(水)私用で高知県に行く機会があり、途中 南国市左右山102-1にある 道の駅 風良里(ふらい)に立ち寄りました。設計 艸建築工房 平山昌信

高知 土佐の素材 杉・漆喰を生かしてモダンにデザインされた建築でした。

kochi220224a.jpg
イタリアモダンな妻面、和の妻面だが少し古代ローマ神殿風

kouchimitinoeki220224c.jpg
建物の棟のジョイント(結節)にある円形の広場
この広場が各棟の機能を有機的にジョイントする

kochi220224c.jpg

kouchimitinoeki220224a.jpg
イタリア ローマ郊外のティヴォリのヴィラ ハドリアヌス 一部のの平面構成
異なる建築群の軸をサークル円が有機的につなぐー複合建築の計画によく引用される

kouchimitinoeki220224b.jpg
ヴィラ ハドリアヌスの一部 円形の池に浮かぶ瞑想室
かつて皇帝が旅した地中海をイメージさせるようにつくられる
かつてここには跳ね上げの橋がかかり、皇帝が入室すると橋は揚げられ静かに瞑想できる

ローマ郊外にあり、古代ローマ時代の遺跡の中でも建築的に重要な建物群です


kouchiarch220225.jpg
本屋さんで 「はじめての高知建築」を見つける。
内藤廣さんなど全国的に知られた建築家の建築から、高知の建築家(土佐派)もたくさん紹介されています。
建築の建っている地図もあり、高知の建築見学には重宝します。値段 700円も格安
発行先 velocity編集部 TEL088-873-2296

また改めてこの本を片手に高知の建築を見学させてもらいます。

この本にも 取り上げた 道の駅 が掲載されていましたー設計 艸建築工房 平山昌信

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

2008
12.04

出雲で見た建築ー出雲大社 2

Category: 建築紀行
出雲大社見学の続き

izumotaisya201129b.jpg
最近発見された柱の根元の説明と天に昇る神殿復元図
ギリシャ時代のアテネの神殿におとらず
日本人の祖先の構想力もすごいです

高さ48mと推測、15階建てのビルに匹敵する木造建築物
木造はすごいゾ!!

izumotaisya201129c.jpg
本殿の外周部は一周できます。
横からみた神殿群は圧巻です。屋根は苔むし 作日 講演会で聞いた 出江先生の「木の素材は枯びるー美しくこびる。だからこうした建築は残る」 を実感する。

この木の枯びた様は日本人の持つ感性であろう。

出雲大社の謎についてはこちら

昼過ぎ岡山市内の現場で棟上検査に立ち会うため、急ぎ出雲から岡山に帰る。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
12.03

出雲で見た建築ー出雲大社 1

Category: 建築紀行
11月29日(土)目的の出雲大社を訪れる。

izumotaisya201129a.jpg
現在改修で内部は見れません

境内に入ると 菊竹さんの 昭和38年日本建築学会賞を受賞された「出雲大社の庁の舎」に出会う。

izumokikutake201129a.jpg

正面の壁のコンクリートパネル(PCパネル)の模様は出目地模様、裏のパネルは同じデザインで掘り込み模様  意味は?です。この建物が建った時代は、現代建築に日本の伝統様式を取り入れました。その代表作ともいえ、小さな建築ですが人の手の匠があります。45年たちますが末永く行き続けるでしょう。

新月伐採の木を生かした住宅の完成見学会開催します
12月20日から23日の間に予定しています
場所 岡山市灘崎町迫川 迫川駅そば
詳細は後日のせます


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
12.02

出雲で見た建築ー島根県立古代歴史博物館 2

Category: 建築紀行
島根県立古代歴史博物館の見学の続き

izumomaki201129d.jpg
正面から見えたガラスの箱の棟
案内カウンター、売店、セミナーコーナーなどになている

izumomaki201129e.jpg
ガラスの箱の先端 X型構造ブレース 
ところどころXフレームが点在いているが、理由は調べていません。

izumomaki201129f.jpg
建物を出ると奥に庭がある、庭からガラス棟の振り返り

コールテン鋼(錆びさした鉄板)と対比したコンクリート、ガラスが綺麗
素材の建築

izumomaki201129c.jpg
敷地の置くの体験実習棟、小さめな建築ですが こちらも良かったです。
外部は体験できる田、建物内は調理実習室のようです。

島根県の建築 一覧 こちらが豊富です

新月伐採の木を生かした住宅の完成見学会開催します
12月20日から23日の間に予定しています
場所 岡山市灘崎町迫川 迫川駅そば
詳細は後日のせます


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
12.01

出雲で見た建築ー島根県立古代歴史博物館 1

Category: 建築紀行
11月29日(土)松江から急ぎ出雲に向かう。山陰高速道路が開通していて思ったより早くつきました。(1時間はかからない)出雲大社に行く前、大社のすぐ脇に2007年開館した 槇さんの島根県立古代歴史博物館に立ち寄る。

先ほどまで降っていた雨が止む。この建築は良かったです。
敷地入り口から建物までの遠近感ーパースペクティブ が良い。
建築の遠近法では、イタリア ルネサンスの建築家 ブルネルスキーのった、フィレンツェの捨子寺院やパーティ家礼拝堂が有名であるが、ー建築は遠近感が大切ー改めて感じる。

izumomaki201129b.jpg

izumomaki201129a.jpg

敷地 入り口にある、小さなサイン棟、公衆便所もきっちりデザインされている(当然)
見ごたえありました。

izumomaki201129h.jpg

また、外部の空間・庭も良いです。
建築見学おすすめします。

島根県の建築 一覧 こちらが豊富です

新月伐採の木を使った住宅の完成見学会開催します
12月20日から23日の間に予定しています
場所 岡山市灘崎町迫川 迫川駅そば
詳細は後日のせます


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
11.30

松江で見た建築

Category: 建築紀行
11月29日(土)島根県松江で開催されたJIA中国支部建築家大会に行った際、出雲大社をお急ぎで見に行きました。

出雲にいく途中、松江にある菊竹さん設計の島根県立美術館に立ち寄る。
あいにくの雨で外回りだけ一巡して出雲に向かう。

matue201129a.jpg
エントランス

matue201129b.jpg
宍道湖側

ここから宍道湖の夕日を見ると綺麗だそうです。
この日は朝早かったので、次回期待します。
屋根が白鳥(だったと思いました)が降り立った形をしていますが、地面から見上げると?
空から見てみたい。
ちょっと建築が大きすぎな感じ。
当日かなり雨が降っていたので、軒先の樋からオーバーフロー(多分)していた雨が、軒裏から外壁に流れていました。

見ごたえはあります、また次回ゆっくり来ます。

島根県の建築 一覧 こちらが豊富です

新月伐採の木を生かした住宅の完成見学会開催します
12月20日から23日の間に予定しています
場所 岡山市灘崎町迫川 迫川駅そば
詳細は後日のせます



参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
06.20

広島の建築-2

Category: 建築紀行
6月18日(水)午前 広島駅近くにてホテルフレックスを見学した後、徒歩で世界平和記念聖堂に向かう。広島には何度も着ているのですが、訪問する機会がなかったので今回伺いました。徒歩5分ぐらいで聖堂がある音楽大学に到着。

世界平和記念聖堂  設計ー村野藤吾 1954年と半世紀の時間がたつが綺麗に使用されていました。広島の原爆の犠牲になられた方の追悼と慰霊のために世界中から寄付を募り建てられました。

当初、戦後初めての設計コンペとして募集されたが1等は該当なし、2等は平和記念資料館設計の丹下健三であったそうです。審査員に村野藤吾氏であり、村野さんが設計を行い波乱を呼んだようです。

hirosima200621a.jpg


やはり、人の温もりと時間を感じる良い建築作品です。こんな建築は現代では創ることは難しいでしよう。

hirosima200621c.jpg


内部に入るとパイプオルガンが聖歌を演奏していました。窓のステンドガラスも綺麗で窓ごとの配色はみごとです。暑い日でしたが高窓から心地よい風が流れていました。

建築の関心のある方は一度見学をおすすめします(見学自由のようです)
建築を学ぶ学生さんは一度ご覧あれ。


世界平和記念聖堂はこちら

参考になったらクリックしてください

また、広島に行く機会があれば建築見学します。
参考にした広島の建築見学ガイドのホームページ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
06.19

広島の建築-1

Category: 建築紀行
6月18日(水)建築家の団体である(社)日本建築家協会 中国支部にて事業・教育委員会の会議がにあり広島に行って来ました。

会議は午後からだったので、午前中少し時間があったので広島駅近くの建築を見てきました。

初めに行ったのは駅から徒歩5分ぐらいのホテルフレックス(Hotel FLEX)
設計は宮崎浩ープランツアソシエイツ 1994年
京橋川に沿って建っているシンプルでモダンな都市型デザイナーズホテル、前身は明治5年創業の吉川旅館であり、毛利元就の「3本の矢」に由来する家系だそうです。

hirosima200620a.jpg
外壁コンクリート打放しにグレーの塗装

hirosima200620b.jpg
川辺のカフェテラス

hirosima200620d.jpg
エントランスへのアプローチ、ギャラリー展示可能のようです

hirosima200620c.jpg
サインにKikkawaとあります。

ざっと拝見した後、村野藤吾設計の「世界平和記念聖堂」に行く。
続く

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
02.16

瀬戸大橋記念公園

Category: 建築紀行
2月11日(月・祭日)東山魁夷せとうち美術館を見学の後、時間が少しあったので美術館の隣接の瀬戸大橋記念公園を覗く。

この公園は瀬戸大橋開通を記念して、香川県側としての大橋の袂で1988年に開催された瀬戸大橋架橋記念博覧会の会場跡地を整備した面積10.2haの広い海浜公園です。

園内には、水の回廊や芝の広場、浜林などの散策路や瀬戸大橋記念館、展示広場など瀬戸大橋を紹介する施設がある。記念館に登ると展望台があり瀬戸内海を一望に望み、瀬戸大橋をを見るビューポイントである。

御影石積みのサークル塀がいくとも並び、迫力がある。
内部は空地で砕石を敷きこんでいて、イベントにでも使うのかな?不明

setooohasipark200211a.jpg


荒々しい石積みは素朴さを感じる。

setooohasipark200211e.jpg


瀬戸大橋記念館(入館 無料)では、架橋実現への道のりや架橋工事の全貌などを、動く模型や映像により、わかりやすく紹介しています。
この建物の外壁はコンクリート打放 クリアー塗装仕上(ウレタン?)で築20年になるので、そろそろ修復が必要と思いましたが、かなり予算がかかりそう。

この記念館、公園とも大掛かりな施設で、今となっては予算の使いすぎだったと思う。
東山魁夷せとうち美術館はこじんまりした建物でしたが、建てられた時の社会状況を反映している。

setooohasipark200211c.jpg


瀬戸大橋記念館はこちら

記念館脇には、世界的な彫刻家として知られる流政之氏の制作になる、巨大な石組彫刻-どだま獅子がある。

setooohasipark200211b.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
02.15

香川県の東山魁夷せとうち美術館ー2

Category: 建築紀行
香川県の東山魁夷せとうち美術館の見学の続き

エントランスの格子ルーバー

higasiyamakai200211d.jpg


裏側面もコンクリートボリューム感とルーバーの対比が美しい

higasiyamakai200211c.jpg


展示している東山魁夷の絵はこぶりな絵が多い
1列に絵が並ぶと東山魁夷の絵が安っぽく見える
「東山魁夷の絵」には1点1点思い入れが深いので
和の雰囲気の室内に、1点のみ絵が掛けてある方が「東山魁夷の絵」には合いそうである。

カフェから瀬戸内海が見えるー窓の切絵

higasiyamakai200211f.jpg


無理なくドアの額縁などなくし、インテリアもシンプルであり、細部もきれい

最後にロビーにて「東山魁夷の生い立ち」解説DVDを見る

若くして実力がありながら、世に売れない苦労した時代
それにより悟った人生観、風景への思い、美しさへの探求etc.

訪れたらこのDVDもご覧になることをおすすめします。

椅子も座りごこちが良い

「東山魁夷の言葉」

風景は心の鏡である

higasiyamakai200211g.jpg


東山魁夷せとうち美術館はこちら

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
02.13

香川県の東山魁夷せとうち美術館ー1

Category: 建築紀行
2月11日(月・祭日)香川県の住宅の現場での打ち合わせが昼からなので、少し早めに岡山を出て、かねてから一度行きたかった坂出の「東山魁夷せとうち美術館」に行って来ました。

設計はニューヨーク近代美術館を設計したー谷口吉生
経歴はこちらをご覧下さい

美術館へのアプローチは建物に対して軸が振れています。
この方向がもっとも建築が美しく見える方向とのことで、
ギリシャのパルテノンの神殿も丘に登ると右方向に神殿が見えます。

higasiyamakai200211a.jpg


外壁はコンクリート打ち放しと緑の石貼り
東山魁夷は群青と緑青の色にこだわった画家であり、館内にこの岩絵具を展示していました。この緑の石は東山魁夷の「色のこだわり」を表現しているのでしょう。

遠方に瀬戸大橋と瀬戸内海の海を望む

higasiyamakai200211b.jpg


higasiyamakai200211e.jpg


この美術館のデザインはシンプルで作り込みすぎず、時代の建築デザインに寄らなくて好感を持てます。建築デザインの普遍性を感じます。

東山魁夷せとうち美術館はこちら

続く

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2006
12.25

建築家ルイス・カーンの映画見る

Category: 建築紀行
先月 11月17日になりますが、私の所属している建築設計事務所の集まりの「人づくり・まちづくり」をテーマに岡山で活動している岡山建築設計クラブと言う団体の「設立20周年記念事業」として開催された建築家ルイス・カーンを題材にした「マイ・アーキテクト」を見ました。

myarchitect20061205a.jpg


この映画はルイス・カーンの息子が、幼いときに亡くなった建築家の父ルイス・カーンの人生に触れたくて、遺作を訪ねて父を探すたびに出る、実録の物語です。ルイス・カーンはコルビュジェ・ライト・ミースの後20世紀を代表する巨匠建築家として有名です。建築家なら一度はカーンの実物作品を見たくなります。また、カーンを見てないと、気恥ずかしい思いをするものです。

1901年エストニアに生まれ、4歳のときフィラデルフィアに移住、事故による顔面の火傷や貧困を経験、1924年大学を卒業して建築家をスタートするが、長き不遇ののち50歳を超えてからエール大学アートギャラリー、リチャーズ医学研究所など不朽の名作を設計する。晩年、インド、バングラデシュにて国会議事堂、大学など設計する。

1974年3月インドからの帰りに、ニューヨークの駅のトイレでなくなる。遺体は著名な建築家とは身元が分からず3日間放置される。享年73歳
私が学生時代には、もっとも人気のあった建築家はルイス・カーンでありました。また、私の属した大学の助教授もかつてカーンの事務所に在籍しことがあり、研究室内カーン人気でした。また不遇な亡くなり方も伝説的でした。

コルビュジェは地中海で海水浴中心臓麻痺で亡くなり、ガウディーは物思いしながら歩いていたとき路面電車に轢かれてなくなり、イタリアの建築家の巨匠スカルパは日本を訪れているとき、仙台で交通事故で亡くなるなど、巨匠的な著名建築家は不慮の事故が多いです。

映画を見て、カーンの事務所の経営は苦しく破綻状態であったこと、私生活は3つの家庭を持ち私生活の混迷した状況を知る。カーンの生前中は3家族は会うことはなかったようで、この映画の制作を期にかつての思いを語る。
映画制作者の息子は、父の残した建築を巡ることにより、作品を通して自分と父を身近に感じる。息子たちよ、どの父親にも家庭の外(仕事の姿)に、もう一つの本当の父の姿があるのだ。と、世の父親たちは家族に言いたいですね。
3つの家庭は??ですが。

身を終わると、後ろの席で若い女性達が「何回泣いた?」「私2回」「私3回」などの声を聞く。私としてはもう少し、カーンの作品をじっくり見たかった。ちなみにこの映画は第76回アカデミー賞ノミネート作品他多くの受賞されており、映画として評価高いようだ。見ごたえのある映画であたった。

この映画のポスターの建築は、生存中工事中であった最後の作品のダッカの国会議事堂です。水辺に浮かぶ姿がきれいです。宇治の平等院もそうですが、水辺に建つ建築は生えますね。そして、形のモチーフは丸・三角・四角です。かのギリシャの哲学者プラトンは、最も美しい形は「丸・三角・四角」と言い、「この形は物の形の源である」と言っています。どうりで綺麗なはず、と納得してしまいます。

デザインで困ったときは「丸・三角・四角」と学生に嘘吹いています。

参考になったらクリックしてください
 にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif


Comment:0  Trackback:0
2006
12.03

Casa BRUTUS 安藤忠雄×旅 購入

Category: 建築紀行
書店に立ち寄った際、「Casa BRUTUS 安藤忠雄×旅」と「LeCorbusier ル・コルビュジェの勇気ある住宅」安藤忠雄 の2冊を購入。

「Casa BRUTUS 安藤忠雄×旅」
建築家 安藤忠雄とカーサの担当者が、安藤さんが建築家を夢見て若き日に訪れた都市や建築を改めて旅し、建築への思い、示唆を与えてくれた建築家の作品等について語っています。

「永遠にかなわないライバル、それが安藤さんのル・コルビュジェ」「1965年、建築家になることを決意したローマ」Q:なぜ多くの建築家がローマをめざすのか?コルビュジェも現代建築の巨匠ルイス・カーンもローマを訪れています。この本の中で、ルイス・カーンの「時間に耐えうる建築の質とはいかなるものか・・その答えをこの地で、私は発見した」と紹介しています。

私は1978年に、何の予備知識なく1年間ローマに暮らしました。紀元前から今日までの2500年の長い時間を超えて、街のあちこちにある古代ローマの遺跡の中で暮らすことにより、建築の力強さを感じました。1年間を通じて2000年の建築の歴史を生で触れることができました。

不思議なもので、半年もすると古い洋館の外観を見ただけで、様式や建てられた時代、本物と贋作の見分けさえつくようになりました。建築は本で学ぶより、実物に触れることの大切さを実感しました。

古代ローマ時代の建築は、コンクリートの採用により巨大で頑強な建築群や都市を可能にしました。また、43Mの球が内包できるパンテオン(128年)のような、まさに神がかり的建築が可能になりました。パンテオンの中に立つと宇宙の中に自分(人)がいることを実感させてくれます。ローマに行ったなら、街の中心にあるパンテオンを訪れることをおすすめします。

ルネサンスの芸術家ミケランジェロは「天子の設計」と言い、ルネサンスを代表する建築家ブルネルスキーはパンテオンをヒントにしてフィレンツエの大聖堂のドームのコンペに勝利し、実現させました。人類は1300年の間48Mもの大空間を創ることができませんでした。


「LeCorbusier ル・コルビュジェの勇気ある住宅」安藤忠雄では、コルの住宅作品を通じて思い入れや魅力を書いています。両氏はコンクリートの素材や一流の建築家になるまでの生い立ちなど、相通ずるところがあるようです。

andou20061201a.jpg   andou20061201b.jpg   casa20061201a.jpg


現代建築家の3大巨匠と言えば、ル・コルビュジェ、フランク・ロイド・ライトそしてミース・ファンデル・ローエの3人です。
ル・コルビュジェもコンクリートを自由に扱い、現代建築の先駆けになりました。私がローマに滞在していた時期は、この3人の時代も終わった感がありルイス・カーンに関心が寄せれらていました。

イタリアに滞在していた1988年に、ル・コルビュジェの作品でも見ておくか。ぐらいの感じでフランスのリオン郊外の修道院ラ・トゥーレットを訪れました。コンクリート仕上の建築は、ともすれば時間がたつと薄汚れて駄作になりがちです。しかしラ・トゥーレットは空間のボリューム感や光の入り方と色の変化など、写真では分からない良さを実感しました。

その後パリを訪れル・コルビュジェのスイスとブラジル学生会館、救世主会館、住宅作品のほとんどを訪ねました。スイスとブラジル学生会館ではコルが提唱する、建築が地面を開放するピロティーの様子が実感できます。あの有名なサボア邸は訪れる人もなく解体の危機さえありました。

cor20061201.jpg


Casa BRUTUS ではたびたび、ル・コルビュジェ、フランク・ロイド・ライトそしてミース・ファンデル・ローエやルイス・カーンなどの現代建築家に光を当て今に蘇らせてくれます。私も彼らの建築を訪問しましたが、実物は写真より何倍も良く、訪れることを裏切りません。

メソポタミヤの中近東に始まり、エジプト、ギリシャ、ローマ、ロマネスク、ゴシック、ルネサンス、バロック、近代、そして現代に通じる西洋建築の一本の道筋こそ、今真に求められる建築と思います。

再び、ルイス・カーンの言う「時間に耐えうる建築の質とはいかなるものか」

参考になったらクリックしてください
 にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ  にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif


Comment:93  Trackback:1