FC2ブログ
2008
02.03

左官日本一

Category: 施工・工法
今日は興味深いテレビ番組を2本見る。

2/3 (日) 10:05~10:50 に NHK総合 された「いよっ 日本一」

人口1万人当たり左官職人さんが一番多い県は「島根県」とのこと。ちなみに大工さんも人口1万人当たり21.3人と、日本で一番多いそうだ。

国家議事堂の壁や天井の古典洋風の塗壁は、島根の左官屋さんが漆喰で塗り細工がされている。他 明治生命館など近代建築の匠の技に生かされている。

なぜ島根県に左官屋さんが多いのか?世界遺産になった石見銀山が江戸時代に銀が取れなくなると、銀山の職人は左官技術を習得し都市部に出稼ぎに行ったので、左官職人が多いそうである。

出稼ぎから故郷島根に戻った左官職人は、地域の民家にその技を生かしたそうである。
特に細工にすぐれ花鳥風月を鏝(こて)で描いたレリーフ「鏝絵ー漆喰で塗られた彫刻」現在も街に残っている。

島根の鏝絵についてはこちら

また番組では、京都の桂離宮をおさえて庭の美しさで5年連続「日本一」になった足立美術館が紹介されてた。足立美術館は日本画家の大家 横山大観の展示で有名であるが、日本庭園もまた見ごたえがある。池の水の流れを美しく見せるため、通常 池の深さは50センチぐらいにするが、ここでは1.5メートルも深くしている。また園から見える山の景色「借景」を守るため山まで手入れする、庭の木は大きくなると庭のバランスが悪くなるため植え替えるそうだ。並々ならぬ気配りをしている。

美術館内には、室内の窓から庭を切り取り見えるビューポイントを配置しているー生の軸絵
こちらも見事である

足立美術館についてはこちら

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif


スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
2007
12.13

12月13日 住宅の現場で外壁の色決め

Category: 施工・工法
12月13日 (木)午前 工事中の現場に外壁の色決め、木製建具の打ち合わせのため現場に行く。

atei191213c.jpg


外壁の色はメーカーのサンプル帳から、事前に施主さんと相談して何色か大き目の色見本板を作成してもらいます。サンプル帳の小さな色見本からでは、建物の外壁などの広い面に塗る色は決められません。建物のモルタルが乾いた段階ぐらいに、天気の良い日に現場で色見本を並べて、少しはなれて見ます。

gaihekiiro191213a.jpg



サンプル帳にある色では、ぴったり合う色を見つけられないことが多いです。追加して、少し濃い色、白を少し強くとか、色見本の作成を再注文します。色見本の作成には1週間程度かかります。吹き付けまで時間の余裕が必要です。

和風住宅にマッチする色はなかなか見当たりません。この見本帳は、かつて岡山市内の塗装屋さんが、特別に日本建築に合う色を厳選した見本帳で、今でもよく愛用しています。

gaihekiiro191213b.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
 
Comment:0  Trackback:0
2006
12.26

木の加工・・プレカット

Category: 施工・工法
今日は土台・柱や梁の構造材の施工図の打ち合わせに、倉敷のクラモクさんに行きました。かつては木材は大工さんが鋸やノミやカンナを使って、人力で加工(手刻み)していました。今はほとんどの木造住宅がオートメーションの機械で加工(プレカット加工)します。

purekatto20061226b.jpg


普通の木造住宅をプレカット加工には、2日間もあれば加工してしまいますが、加工に先立ち加工機に入力する図面を制作する必要があります。この図面制作時間が結構かかります。材木屋さんで打ち合わせ前に、加工図を送ってもらい設計図面と細部にわたりチェックします。

・ 土台・梁・柱・母屋等の位置、寸法、材種
・ 梁材の架け方と納まり、レベル差
・ カンナ仕上材の位置
・ 使用金物の確認
など多岐にわたります。

設計事務所やによって、木材構造図を書いてない事務所もあります。
建設会社の設計施工の住宅は、ほとんど構造図書いてないでしょう。
なぜ設計者が作図してないことが多いか?
いくらの大きさの梁にして良いか分からない、梁の架け方を知らない、めんどくさい。などです。だから、プレカットの打ち合わせ行かない方が多いです。

そこで、木材屋さんのプレカットのデータを入力する方にすべて任せてします。中にはローコスト追求?のあまりか、梁サイズが細い住宅を見かける時もあります。若い設計士が下手に構造図(伏図・・フセズと言います)を書かれると、経験がないため架構がおかしい場合もあります。・・要注意

棟上してから構造の手直しは出来ないので、加工前の打ち合わせは大切です。
かならず材木店またはプレカット会社に出向いて行き、打ち合わせを行います。あわせて工場検査をします。最近は施主さんも見学に、同行される場合あります。

加工は一度木材が流れると、流れ作業のオートメーションで一気に加工されます。最新の工作機械の場合、納まり方や使用金物にこちらの要求に答えられない場合あります。登梁や松の丸太は大工さんが手で加工します。

この丸太は化粧で室内に見える丸太梁です。丸太代は角材より安いのですが、大工さんが手で加工する手間がかかります。

maruta20061226a.jpg


mruta20061226b.jpg


ポイント・・プレカット加工図は、将来リフォームするとき役立ちます。
      図面もらって下さい。
      監督さん、設計士に不安な場合同行して下さい。


参考になったらクリックしてください
 にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ  にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif


Comment:0  Trackback:0
2006
11.29

LANケーブルの種類

Category: 施工・工法
ただ今工事しているNさんからメールあり

2007年1月末見学会開催予定
ntei20061130a.jpg


電気の図面ではLANの配線の仕様が、カテゴリー5になっているが5eの線で配線してくださいとのこと。うかつに配線仕様が少し古いままに図面作成していました。

早速監督さんに確認したところ、電気工事会社からカテゴリー5eになっているとのことで一安心。最近はネット系はすぐに仕様が変わってしまいますね。

現在最も広く普及しているLANケーブルにはカテゴリー5e(エンハンスドカテゴリー5)とカテゴリー6があります。
カテゴリーとは、どのレベルまでの通信スピードに対応できるかを示すものです。
カテゴリー5e 伝送帯域100MHz、10Base-T/100base-TX/1000base-Tに対応
詳しくは下記ホームページ参照してください。

LAN工事ドットコム

lan20061130.jpg


私の事務所で設計する住宅では、リビング、書斎コーナー、個室には基本的にLAN配線しています。最近は無線LAN使うこともできますが、搬送データーが遅い、盗聴が心配等でLAN配線希望が多いです。

最近は電話も光電話、光フレッツ採用が多くなりました。
採用の場合、壁の中にCD管の配管が必要になるので、住宅工事の早い段階でNTTに相談し、配線や配管の確認する必要あります。

参考になったらクリックしてください
 にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ  にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif


Comment:0  Trackback:0