FC2ブログ
2006
12.18

輸入キッチンセット

倉敷の早島で工事中のI邸のキッチンセットは、アーニーズキッチンOSAKAのアメリカ製の輸入キッチンセットを使います。採用品はL型レイアウト、2550×1700 のキャビネットで定価30万円程度と意外と安い。今回採用するキッチン扉は白にこだわったセットであるが、パインの素地や木目が浮き出る着色もある。

別途工事でカウンターのタイル張、水槽、水栓カラン、コンロ、フードや取付費が必要となる。I邸ではタイルは名古屋モザイクの輸入タイル、フードはYAMAZEN製食洗機はドイツ製のMiele社製、流し・水栓はTOTO、コンロはガラステーブルガスコンロとガスオーブンを採用する。設置機器類は高級タイプとなるが、キッチン廻りでざっと90万円ぐらいの予算である。

食洗機はドイツ製のMiele社製を希望され方は結構多いです。ピカイチ辞典で以前から高い評価を得ていることもあるようです。私の事務所でも、施主さんのご希望で、TOTOなどのメーカーのキッチンセットにMiele社採用は結構あります。使用された評価は結構よいです。容量が大きいので食器から鍋もすべて1回で洗える、水の使用量が少ない、少ない食器でも洗える機能がある、汚れが良く落ちるなど聞きました。
食洗機はドイツ製のMiele社製の評価はこちら

kitchen20061215b.jpg


アメリカから取り寄せとなるため、納期が2ヶ月も必要なので早めの発注が必要である。扉のカットサンプルを取寄せ確認してもらう。

kitchen20051215a.jpg


参考になったらクリックしてください
 にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ  にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif


スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0