FC2ブログ

確認申請 その1

建築確認を厳格化した改正建築基準法が6月末に施行されて以降、全国的に確認審査が滞り新築住宅の着工戸数などに影響が出ている。

新築住宅の着工戸数が7、8月の2カ月間で前年に比べて3割以上のかつてない落ち込みを記録している。9月でも44%マイナスとなり回復する気配がない。

改正建築基準法は耐震強度偽装事件を教訓に、建築確認の審査が大幅に厳格化されたためで、マンション建設の遅れや建設資材の出荷減など、景気への影響を懸念される。ニッセイ基礎研究所は住宅投資の落ち込みは7~9月期の実質GDPを0.4%押し下げると試算。野村証券金融経済研究所も押し下げ効果を0.3%と予想する。

岡山県では、住宅以外の申請は 7月49件 前年比-45%、8月 73件 -53%、9月 70件 -53%と落ち込んでいる。

今回の法令改正で、RC造は4階以上、鉄骨造でも4階以上、高さ13M以上、梁のスパン6M以上の場合「構造計算適合判定」という審査機関での構造再計算が必要となった。木造以外の建物はこの適合判定が必要となり、確認申請は停滞する原因となってる。

岡山県では7月から10月までの4ヶ月で、この申請は17件申請され3件のみ判定済となっている。木造住宅以外 3件しか建設可能でない状態は異常と言える。

こうした事態から、国土交通省は30日、同法施行規則を改正し審査態勢を一部緩和する方針を明らかにした。同法施行後、関連省令を改正しないと言われていたが、初めて緩和に舵を切る。

参考になったらクリックしてください


 にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ  にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

スポンサーサイト

住宅のリフォーム工事始まりました

長い間 ブログの書き込み止まっていましたが、また 少しずつ開始します。

団塊の世代のご夫婦がお住まいの築27年になる135㎡の木造住宅を全面改装(リフォーム)します。長年住み慣れた住宅を建替えるのは、愛着があり断念、資源の無駄遣いと思われ、思い切って全面リフォームに決断されました。

otei20071031e



ご希望は ・ 環境負荷を少なくする・・ソーラー発電の採用
・ 今の住宅(構造や平面)を生かす ・ 老後に向けて対応できる住まいとする ・ ゆったり暮らせる住まい ・ 家族が気楽に集える住まい です。

住宅の半分を解体したところです。基礎や柱梁を表しにしました。水周りのある場所を先に完成させます。

柱や梁、筋交いのサイズ、位置を作成図面との相違確認し、図面との変更を指示する。柱と梁の接合金物(プレート)は全て新規に入れ替える。

otei20071031c


そして構造を、現在の建築基準法に合致するように補強を行います。

撤去する米トガ材の柱の根元がシロアリに食害されています。外材はシロアリに弱いです。風呂周りのヒノキ材はシロアリ被害はないです。全ての柱の食害を確認。

otei20071031a


基礎のコンクリートのクラック・・2ヶ所あり この基礎に沿わして新たに基礎コンクリートを打ちます。鉄筋補強方法を打ち合わせする。

otei20071031b


柱が土台と梁との間が長すぎる個所あり、建築基準法に合致していない。
(想定済)法律では柱の巾の28倍以内の長さにする必要あり。柱巾10cmなら土台と梁までの長さ280センチまでとなります。

対策として、中間に梁材を入れます。

otei20071031d


参考になったらクリックしてください


 にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ  にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif