FC2ブログ

ヨーロッパのインテリア セミナーに行って来ました

1月30日(水)岡山の家具SHOP CRESCEND さんが主催した「AD CORE ヨーロッパ・ハイエンド・インテリア セミナー」に行って来ました。

adcore200131a.jpg


セミナーを企画された家具ショップは,20年前 私が店舗設計させていただいた家具店です。

その当時 玉野の本店も全面リニュアールさせていたしました。
インテリアデザインはモダンアールデコを少しテーストしたモダンデザインのお店で、今でも古く感じません。


お店はこちらをご覧下さい。岡山でモダン家具の扱い相談はこのお店が良いです。玉野の本店はたくさんの家具を展示しています。また、私がデザインしたモダンインテリアもご覧できます

セミナーは モダン家具のAD COREさんのデザイナーの瀬本 昇さんが昨年 ロンドン、ミラノとスペインのバレンシアで開催された インテリア見本市のレクチャーです。
見本市や家具SHOPの展示は部屋全体を家具・照明器具・ファブリックとトータルインテリアの展示が主流になり、購入される方も部屋ごとすべて購入されるとのこと。

adcore200131b.jpg


部屋にはローチェスとを置き、その上に 額縁付の鏡、スタンド2本、古代ローマ風水差し2ケ置くインテリが流行っているそうです。なぜ古代ローマ風?水差し? ???だそうです。
古代ローマ風は繁栄、贅沢、豪華のシンボルでしょう。

最近、ヨーロッパの高級家具を購入される方は中近東の王族やロシアの富豪がまとめ買いされるそうです。

AD COREセミナーの案内はこちら

折りしも 女優神田うの のドバイ旅行のニュースがありました。そのニュースの中でドバイの超豪華な7つ星ホテルと最近の中近東の活況 特にドバイが近年 高級リゾート化された様子が紹介されたが、ヨーロッパ家具市場はこうしたオイルマネーのニーズが背景にあります。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
スポンサーサイト

住宅が完成しましたー5 和室

完成した住宅の居間に続く和室を紹介します。

居間から見た和室、入口の襖は和室内に引き込みになっており、和室は居間と一帯に使いやすいようにしています。

atei200121wasitu3.jpg


和室から居間を見る・・襖を開いた様子

atei200121wasitu2.jpg


襖をとじるとこうなります。

atei200121wasitu1.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

住宅が完成しましたー4 吹抜

完成した住宅の居間の吹抜け廻りの写真です。
吹抜けがあると室内が広く感じます。
天井には遮光スクリーン付のトップライトを設け、居間に光を取り入れています。
開口すると室内の空気を一気に換気できます。居間は温水式床暖房を採用しています。
暖気が上に上がると天井の天井扇で攪拌し、住宅全体が暖かくなります。

atei200121fukinuke1.jpg


atei200121fukinuke3.jpg


atei200121fukinuke2.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

香川の住宅の現場に行きました

1月26日(土)今日は朝から、香川県さぬき市志度でただ今工事している住宅の現場に行きました。
だいぶ外観の雰囲気がでてきました。

現在、外部のアルミサッシュも取り付け完了し、下地のラス板を打っています。

stei200126c.jpg


内部は床貼りもほぼ終わり、建具枠の取り付け等 造作工事中です。
杉の4寸巾(12cm巾)の太目の柱や梁の杉の色も良くなってきました。

stei200126b.jpg


今日は、午前中は監督さんと建具屋さんと制作する家具と木製建具の打ち合わせをする。
午後から施主さんを交えて、コンセントやスイッチの位置の確認、照明器具の確認、制作家具や建具の確認、現場の状況確認など夕方まで打ち合わせが続きました。

構造見学会  3月末頃予定
完成見学会  4月末頃予定 です。


子供室の様子、化粧の松の丸太が室内に見せます、丸太の梁からブランコを吊り下げる予定。

stei200126a.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

住宅のリフォームの工事現場に行きました

1月25日(金)は住宅リフォームを工事している工事現場に行きました。

昨年末に一期工事の住宅の半分がリフォーム工事が完成し、1月から二期工事として残りの住宅の半分の工事にかかりました。今日は先回指示した柱や梁の軸組の組換えが安全であるか、化粧で見える柱や梁の見え方は良いか確認しました。

増築部分の構造・・筋交いと金物の取付を確認
リフォーム工事の際は現行の建築基準法に従い、住宅の耐震性を持たすことが大切です。

otei200123c.jpg


中二階の新たに設けた梁と柱、新しく挿入した大断面の梁の両端には柱を設け、柱梁の接合部の負担を受ける。この上は小屋裏部屋になります。

otei200123a.jpg


既存の束と梁は新たに金物で補強し、これからコーナーなどに筋交いを取り付けます。

otei200123d.jpg


既存の梁や梁に合せて筋交いを設け補強金物を付けます。
前回打ち合わせした補強状況を確認する。

otei200123b.jpg


リフォーム工事では軸組工事の段階で、補強の手を入れることが大切です。
建築士の資格があり、木造設計の経験のある方に設計や工事を依頼してください。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

住宅が完成しましたー3 居間

完成した住宅の居間を紹介します。
雪の残る朝でしたが、居間には温水式床暖房を設けているので、住宅の中に入ると温かいです。

玄関と居間をオープンにした様子

atei200121ima1.jpg


玄関と居間を建具で閉めた様子
建具のガラスは明日取り付けます。

atei200121ima2.jpg


居間の階段と作り付けの机と本棚

atei200121ima3.jpg


atei200121ima4.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

住宅が完成しましたー2 玄関

昨日に続き、完成した住宅を紹介します。

玄関扉は桧で制作しました。袖のガラスは防犯に強い合せガラスにしています。鍵もピッキング対応のテンプルキー 2ロックです。

atei200121gennkannto1.jpg


玄関とポーチの土間は、コンクリート豆砂利洗い出しとし、輸入タイルを埋め込んでいます。

atei200121gennkann1.jpg


玄関の上がり口は飾棚をつけていますが、手すり替りにもなります。

atei200121gennkann2.jpg


居間と玄関の扉は引込みにして、一体的に使えるようにしています。
正面に見える下足入れは、靴は2列に並ぶほど奥行きを60センチ以上深くして収納量を確保しています。

atei200121gaikan4.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

完成した住宅の竣工検査に行きました-1

昨日の1月21日(月)は、めずらしく岡山は昨晩から雪が降りましたが、朝までには雪も止み完成した住宅の竣工検査に行きました。

atei200121gaikan3.jpg


黒い外壁は、既存の母屋に合せ焼杉板を貼っています。

atei200121gaikan2.jpg


atei200121gaikan1.jpg


竣工検査では、手直し部分の確認、施工が終わっていない個所の確認、機器類の操作確認とメーカーの説明、説明書の保管状況、保証書の確認などを行います。

atei200121hosyousyo1.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

京都のタイル屋さんー2

昨日の京都のタイル屋さんの続き

全国の建築家の作品の話、景気の動向、大阪の建築状況、など伺いました。
また、デジタルカメラの使い方なども聞きました。いつも見せていただく写真がきれいです。

ただ今設計している住宅の玄関ポーチ廻りの外壁に、ボーダータイルの採用を予定しています。赤味がかった土色の風合いがあり目地も砂目地の予定。

京KEYボーダー 240×30×13 8,600円/㎡と手頃価格 3色
ホームページからデジタルカタログで見れます

arukikei200118a.jpg


ボーダータイルを貼ったサンプル

aruki200118a.jpg


アルキ・オーナメントのホームページはこちら

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

京都のタイル屋さん-1

17日(木)京都のタイルメーカーさんが事務所に来られました。
この会社は 京都で日本風の風合いのあるタイルを製造されているメーカーで、岡山に来られたときは私の事務所に立ち寄られています。

デザインを重視している、全国の設計事務所を訪問されています。

今日は、自社のタイルを使用して、コンピューターでサインや名前を彫れる技術をPRされました。価格はコンピューターに入っているロゴ文字なら3.5万円ぐらい、独自のサインや文字入力必要な場合4万から5万円ぐらいとのこと。タイルはこの会社の商品から自由に選べるとのことです。

aruki200118b.jpg


建物の竣工名盤や表札、館名サインなどに使えそうです。

また、釉薬のモザイクタイルも見せてもらいました。壁の一部にボーダーラインで貼ると良さそうです。

aruki200118c.jpg


私の事務所では、大判タイルを陶板として壁の一部に埋め込んだりして使っています。
また、最近はホーローガラスの入ったブロックも、室内に埋め込んで使いました。
ガラスの色は白、青、赤、黄、緑とあり、サイズは20cm角 価格は1ケ 11,200円と手頃です。

arukihooro200118a.jpg


ホーローブリックを使用した例

aruki200118d.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

確認申請の構造計算

私の所属している(社)岡山県建築士会から2008年1月号の広報誌が送られてきました。
この広報誌は、6年前にカラー印刷、特集記事の充実、地域の建築士の活動を社会に知っていただく記事や作品を紹介など大幅改正しました。また県下の書店で販売してもらっています。

sikaikouhousi200118a.jpg


私も昨年まで、6年間に渡り(社)岡山県建築士会広報委員会に所属し、広報誌作成に係っていました。

2008年1月号の記事で「建築・クローズアップ」の中で、緊急討論会 善か悪か?見直される建築士 6月20日施行 改正建築基準法を問う の記事が掲載されています。
討論会には設計・生産・法令にかかわる建築士十数名が参加しています。

・構造計算の厳格化による、審査時間が長くかかっている
・確認申請は「確認」か「許可」か?
・書類を作るための設計になりそう・・良い設計につながるか?
・建築士の倫理観が大切、罰則規定の強化でよいのでは?
・違法建築が増えそう
・この改正を建築士の未来に繋げなければならない
等等意見が掲載されています。

sikaikouhousi200118b.jpg


私の事務所でも、今年になり鉄骨造の設計相談が2件あり、設計に当たり早速構造設計事務所に業務状況を問い合わせました。

構造設計の厳格化による適合判定審査についてはこちら

・3月末まで構造業務が一杯である
・県外からも構造設計できないか問い合わせある
・知らないマンション業者からも問い合せある
・作業量が大幅に増え業務が進まない
等の返事で、大きく遅れそうである。

依頼者には設計が遅れそうと状況を説明する。

今後の予想
・積み残しの設計がスムーズになるのに半年
・確認申請の審査がスムーズになるのが秋以後
・構造設計、確認申請に係る設計費用のアップ
・景気への影響がでる
となりそうである。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

もうすぐ住宅が完成します

1月10日(木)に現場に行った住宅がもうすぐ完成します。

施主さんと、玄関とポーチに乱貼りする輸入タイルのレイアウトを決めました。

itei200110a.jpg


外観の吹付けも終わり、足場が取れました。

itei200110b.jpg


玄関の特注の木製扉が入ってきました。今回は建具屋さんに良く乾燥した桧の板が入荷したとのことで、米松材を変更してこの桧材を玄関廻りの建具に使いました。きれいな桧の扉です。

itei200110c.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

地震があったときの対策について

13日(日)岡山県真庭市にて、地域づくり人材養成講座第3回「これからの地域での取り組み」のワークショップの手伝いに行きました。

今日は「地震が起きた時、また備えて何をしたら良いか」皆で防災10ケ条を考えました。

maniwa200113b.jpg


1 自分や家族の安全を確かめる・・命を守る
2 揺れがおさまったら、火を消す
3 避難するとき、近所に声かけする
4 日頃から非常食や備品を用意する・・地域と自宅も
5 地域の住民の役割を決めておく・・リーダも決める
6 避難場所を決めておく
7 避難ルートを決めておく
8 防災訓練をしておく
9 災害時の情報収集方法を決めておく・・行政・警察・消防署・避難場所など
10 家族との連絡方法を決めておく・・伝言ダイヤル活用

maniwa200113a.jpg


など皆さんからアイデアでました。
3回のワークショップをまとめて防災マップをつくり、地域の各家庭に配布予定です。

大切なことは、日頃から家族でこうしたことについて、話し合っておくことですね!!

災害時になると、携帯電話や電話はつながりにくくなります。こうしたときには伝言ダイヤルが使えます。
伝言ダイヤルについてはこちら!!

岡山県の防災についてはこちら!!県内市町村の避難場所、被害想定地図、対策など詳しく出ています。

家族で身近な避難場所も確認しておきましょう。
参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

「無料住まい相談会」に行って来ました

今日は、私の所属している岡山の「住まいづくりの会」の無料住宅相談会に行って来ました。

soudann200112a.jpg


残念ながら相談に来られた方は無かったのですが、ショールームにお勤めのSさんから相談されました。Sさんはこちらにお勤めの前、今から8年前にSさんの住宅を私が設計監理をさせていただきました。

stei200112a.jpg


相談内容
Q:最近外壁の吹替えや屋根の瓦の取替えなどの訪問販売や電話の勧誘が多くなったそうです。特に傷んだ様子はないが手を入れるべきか?どうか?との相談。

A:築8年なら吹替えしても良いが、特に傷み個所がなければ様子を見ていて良いでしょう。
築15年ぐらいで吹替えを検討されたらどうでしょう。多くの方は15-20年ごろで吹き直しが多いでしょう。このころに設備廻りのリフォームも同時に検討時期になります。

屋根瓦についても築8年なら大丈夫です。

簡単なリフォームでも大切なこと

・外壁の吹替えや屋根工事について、電話勧誘や訪問販売会社に依頼しないこと。
必ず施工された建設会社に相談されること。または設計した設計事務所に相談すること

・建設時の建設会社や設計事務所と疎遠になっている場合、近くの建設会社に相談すること。この場合できれば数社から見積もりを取りたいです。

・瓦工事、塗装工事だけと言っても、住宅のリフォームには足場や大工さんなど数種類の職方が必要になります。また、塗装会社や瓦会社と比較して、建設会社の提示される単価価格は高くはない場合が多いです。

リフォームの依頼は建設業者登録店に依頼すること

・柱や梁など構造にかかわるリフォームの場合、資格や木造経験のある建築士がいること。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

2008年の住まいのリフォーム

2007年は団塊世代の方々の退職時期の到来が話題となりました。こうした団塊世代の方の老後に向けて住宅をリフォーム工事される機会が増えてきています。

国土交通省の「住宅市場動向調査」によれば、リフォームを実施した家の世帯主の平均年齢は54.2歳。全体の過半数を50歳以上が占め、60代以上が3割を超えています。私の事務所でも最近はこうした世代の方が、第二の人生を豊かに、暮らしやすくするため、住宅をリフォームさせていただく機会が増えてきました。

書店では住宅リフォームを専門にした雑誌も目立つようにました。
今年は、住宅リフォームが脚光をあびる年になりそうです。

200109a.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

「住まい相談会」に行きます

1月12日 土曜日の午後(1時から5時)の間は、建築家4人で活動している「住まいづくりの会」の無料住宅相談会に 相談担当者として行きます。相談会は1年中、毎週土曜日の午後に開催し、4人の建築家が毎回交代で相談員をしています。

12日は今年初めての相談会で、私が担当者で出席します。

住まいづくりの会では、岡山駅徒歩5分の岡山ガスショールーム内にて「住まいの無料相談室」を開催しています。

okagasu200109a.jpg


いきなり建築家の事務所を訪問するのは気が引ける、住宅展示場に行ったが建築家にも会ってみたい、とりあえず住宅の専門家に話を聞いてみたいetc

今まで、住まいづくりの会と出会い、マイホームを実現された方も50組ぐらいあります。最近は住宅展示場の見学とあわせて、この相談会場に来て建築家の設計する住宅もご覧になる方も多くなりました。お気軽にお越しください。

住宅をはじめ、建築に関することは何でも受付けています、解決に向けてのアドバイスもしています。

詳しくはコチラをご覧下さい

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif


住宅のリフォーム現場の打ち合わせ

1月9日 水曜日 リフォーム工事中の住宅の2期工事分の解体が終わったので、構造を確認してもらうため、施主さんと現場で打ち合わせする。

既存の基礎部分は鉄筋が無いため、既存基礎に沿わせて新たに基礎を設ける。
既存の基礎に穴を明けケミカルアンカーを打って鉄筋を組み、基礎を補強する。

otei200109a.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

見積もり依頼の準備

Y邸の見積もりを建設会社に依頼するための資料作成の準備を行う。

見積もりの際に正確さを期すため、設計事務所の図面には使用材料や機器類は特定できるように商品名や品番を記載します。また見積もり依頼時には使用材のカタログや見積書をつけます。

鋼管杭の参考見積書2社、使用タイル品番、外壁・軒材の品番、キッチンセット・衛生器具の見積書、カラーガラスブロックの品番、ベネチアンガラスの品番、サッシュと天窓のカタログ、内装材・デッキ材・クロス・下地材のカタログと品番、インターフォン・換気扇のカタログと品番などなど

mitumori200108b.jpg


建設会社の図面には、工事中に予算調整しやすいように商品名を記載せづに、一般的な名称のみ書いている図面があります。こうした場合、後で施主さんと建設会社の間で、施主さんの思っていた物と違い、トラブルになることがあります。

設備器類は一部変更があるため、ショールームに行き変更見積もりを至急作成してもらうこととする。

化粧洗面台・・INAX
衛生機器類・・TOTO
キッチンセット・・ナショナル について変更見積もりを作成依頼

mitumori200108a.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

リフォームの工事現場

年明けの1月4日から2期工事に着手している住宅のリフォームの現場から、「工事範囲を解体したので至急に構造を確認して欲しい」との連絡があり、1月7日 月曜日に現場に伺う。

otei20080107a.jpg


以前既存の小屋裏に設けられた収納部分の床が現れた。
あまり重いものを置くと床が抜けそうな構造になっているので、小屋裏の梁を増やし補強することにする。補強範囲については後日、施主さんを交えて相談することとする。

otei20080107b.jpg


玄関内に白蟻に食害された柱が1本発見し、取替えを指示、また壁の一部に雨漏りの後があり腐食があり、この一帯の外壁も解体することとする。

otei20080107c.jpg


中2階の内部の解体が終わり、筋交いの補強を進める。また既存の柱、梁、小屋束の金物補強を行う。

otei20080107d.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

今年の業務開始

昨年末まで図面完成させる予定の住宅が、年明けに図面が完成したので、Yさんと1月6日の日曜日に打ち合わせをする。

作成した図面はA2サイズで建築図面30枚、設備図面6枚、造成図面1枚の計37枚
150㎡ 45坪の2階建て木造住宅では、建築設計事務所の設計では30枚ぐらいの図面作成になります。

設計中にも何度か図面、カタログにて打ち合わせはしていましたが、改めて図面と使用材料と機器類のカタログやサンプルを説明する。

リビングのサッシュの形状、洗面所の窓の取り方、屋根材の変更、換気扇の追加などを伺い図面修正を行うこととする。

ytei200106a.jpg


図面修正が完成次第、見積もり依頼する建設会社の候補について相談し、
今回は、この住宅について見積もり参加を希望している建設会社を4社選定する。

見積もりを出してもらうと、提示金額の開きは2から3割ぐらいの開きが出ます。最近では1000万円近くも金額差が出たときもあります。見積もりが出ると、数量、見積もり項目、単価、拾い落としなどをチェックし、各社の見積もりを精査し比較します。

広さや本数の違い、単価の桁違い、使用材のランク違い、見込み工事項目などもあります。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願いします。


nenga-mon.gif



住まいについて、建築について、日々の活動について
ことしも思いつくまま、ブログを書きたいと思います。

昨年は、偽装・格差社会・環境破壊・犯罪と暗いニュースが多かったですが、今年は明るいニュースが多いことを期待します。
私たちの世界では建築基準法の改正により、業務の内容や制度が大きく変わろうとしています。今年も建築基準法の改正が予定されて、変化の多い一年になると思います。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif