FC2ブログ
2008
02.28

岡山で「住宅リフォームセミナー」で講演します

平成20年3月1日 (土) 岡山県立図書館にて「住宅リフォームセミナー」があり、岡山で住宅設計・リフォーム設計をしている建築家3人が リフォームについて講演します。

私は(Ⅲ)部門目 「戸建住宅のリフォーム」 についてリフォームの実例を元にお話する講演依頼があり参加します。

開催日直前ですが、今日明日はこの講演でお話するパワーポイントの作成をする予定です。

このセミナーは 岡山県住宅リフォーム推進協議会が主催しています。
この協議会は、最近 悪徳リフォーム、リフォーム工事トラブルなどを防ぐ目的で建築系7団体、消費生活センター、NPO団体、岡山県土木部から組織された団体で、正しいリフォーム工事を知っていただく住宅セミナー・講演会の開催やリフォーム無料相談会の開催をしています。

rifomusemina200228a.jpg


3月1日 (土)はこの協議会の活動としてセミナーが開催されます。

開催主旨 住いのりフォームをされる方に向けて、安心して満足のいくリフォームを実現するために必要な知識や注意したいことを紹介します。

日時 平成20年3月1日 13:30-16:00

会場 岡山県立図書館 多目的ホール2階
    岡山市丸の内2丁目6-30 TEL 086-224-1286

定員 100名 無料 当日参加可能

演題 1 めざせ!!安心リフォームの進め方  建築家 山名 千代(女性の建築家)

    2 マンションのインテリアリフォーム  建築家 藤田 佳篤

    3 戸建住宅のリフォーム   建築家 宇川 民夫

問い合わせ先 NPO法人まちづくり推進協議会
          TEL 086-803-3361


「リフォーム無料相談会」も担当します

3月2日 13:00-17:00 は 私が相談担当になっています。
毎月 1・3日曜日 開催 住宅設計に実績のある一級建築士が相談員になっています。

安心できるリフォームをしたい
リフォームするにはいくらぐらいかかる
リフォーム工事で困っている
融資や補助制度に知りたい  ETC

担当建築家が相談にのります。また相談に応じて窓口をアドバイスします。

図面、写真、資料などお持ちいただくとアドバイスしやすいです。
混み合うことがあるので、できる限り下記に予約をお願いします。

こちらも問い合わせ先  NPO法人まちづくり推進協議会
               TEL 086-803-3361

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif


スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
2008
02.27

住宅の図面の完成

今日 2月27日 かねてより進めていた住宅の設計図面が完成し、明日 Mさんご夫婦とお会いし、説明します。

今回の住宅は在来工法の木造住宅2階建て 延床約90㎡ 27坪で少し小さめの住宅です。
内部は家族の触れあいを重視した、オープンな空間のある住宅です。
外観は焼杉板を貼った、田舎の風景に調和した民家風住宅(ちょっとモダン風)です。

特徴は以前にも紹介した、冬の新月の時期に伐採した新月木材を使います。
くわしくはこちらをご覧下さい

作成図面は、A2サイズで建築図22枚、造成図1枚、電気設備図3枚、給排水設備図3枚の計29枚になりました。今日は完成した図面の印刷準備と、使用する材料や機器類のカタログ、今回の住宅の設備器具の見積書などの準備をしています。

mtei200227a.jpg


図面を書き進めるたび不都合な部分、納まらない部分が分かってきて、変更を重ねます。
施主さんのこだわり個所が、細部まで正しく見積もりが出来、施工できるように表現するには、これぐらいの図面の作成が欠かせません。

私たち建築家の作成する図面は今までの施主さんとの思いや打ち合わせの記録でもあり、工事をする方への伝達手段でもあります。

材料サンプルなどを見ていただき設計した住宅の説明をします。
内容が大きな変更がなければ、建設会社に見積もりを依頼する作業にかかります。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
02.25

岡山で開催された「住まい博」に行って来ました

山陽新聞主催で2月23日・24日の土日に岡山のコンベックスで開催された「気になる住まい博」に、私も参加している岡山県住宅リフォーム推進協議会がリフォームのパネル展示、相談会、資料配布をしているので、手伝いに行きました。

この協議会は、最近 悪徳リフォーム、リフォーム工事トラブルなどを防ぐ目的で建築系7団体、消費生活センター、NPO団体、岡山県土木部から組織された団体で、正しいリフォーム工事を知っていただく住宅セミナー・講演会の開催やリフォーム無料相談会や広報活動をしています。

rifomusoudan200224a.jpg


住宅の耐震性について、リフォーム工事についての詳しい資料を配布しました。

耐震性については岡山県が作成したパンフレット
リフォームについては岡山県とリフォネットのパンフレットを配布

リフォーム支援ネット「リフォネット」は、国土交通省の「住宅市場整備行動計画(アクションプログラム(平成13年度策定))」に基づき、リフォーム事業者の情報を中心に、住宅リフォームを検討する消費者が安心してリフォームを実施するために必要となる情報を、公正・中立な立場でインターネットを通じて提供している機関です。

資料のお求めは岡山県土木部都市局住宅課まで

なかなか、参考になる資料です。

リフォーム相談もありました

Q 築20年後のプレハブ住宅が水廻り、外壁、屋根を直したい
A 2×4住宅なので、建てられたハウスメーカーに相談されたい。
  2×4住宅は壁で構造を保持しているので、むやみに壁を取らない事。
  経験者とよく相談してください。また、比較検討のため2×4住宅に実績のある建設会社にも相談   のこと。

この協議会は公の団体であるので特定の業者の紹介はできません。


この展覧会では建築設計事務所の団体の(社)岡山県建築士事務所協会主催の作品展示もあり、私の住宅パネル(ちょっと古い)も展示していました。

paneruten200224a.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
02.17

さぬきうどんー中村

Category: グルメ
2月11日(月・祭)瀬戸大橋記念公園を見学した後、さぬき市の住宅の現場に行く途中で「うどんや」に寄る。

今日は丸亀市の中村に行く。11時と昼には少し速い時間でしたが、ガイドブックなどによく紹介される人気店なので長蛇の列ができていました。並んでいる人が「30分待ち」と話していましたが、15分ぐらいで注文できました。

正面の煙突のある小屋で注文します。食べるのは左側の建物内か、縁側の外部で食するのが中村の風情。

nakamura200211a.jpg


うどん玉を受け取った後、ねぎ、お好みてんぷらを取って会計する。
げそ天が特徴か。

nakamura200211c.jpg


縁台でてんぷらうどんをいただく。
げそ天とれんこん天 大 にて450円
私としては味は?(普通+)片田舎の素朴なうどん屋さんの雰囲気に○か。うどん巡りの話題にはなる。
ミシュラン風 星をつけると ☆☆ー近くに行ったら寄りたいお店です。

中村さんはこちら

nakamura200211b.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
02.16

瀬戸大橋記念公園

Category: 建築紀行
2月11日(月・祭日)東山魁夷せとうち美術館を見学の後、時間が少しあったので美術館の隣接の瀬戸大橋記念公園を覗く。

この公園は瀬戸大橋開通を記念して、香川県側としての大橋の袂で1988年に開催された瀬戸大橋架橋記念博覧会の会場跡地を整備した面積10.2haの広い海浜公園です。

園内には、水の回廊や芝の広場、浜林などの散策路や瀬戸大橋記念館、展示広場など瀬戸大橋を紹介する施設がある。記念館に登ると展望台があり瀬戸内海を一望に望み、瀬戸大橋をを見るビューポイントである。

御影石積みのサークル塀がいくとも並び、迫力がある。
内部は空地で砕石を敷きこんでいて、イベントにでも使うのかな?不明

setooohasipark200211a.jpg


荒々しい石積みは素朴さを感じる。

setooohasipark200211e.jpg


瀬戸大橋記念館(入館 無料)では、架橋実現への道のりや架橋工事の全貌などを、動く模型や映像により、わかりやすく紹介しています。
この建物の外壁はコンクリート打放 クリアー塗装仕上(ウレタン?)で築20年になるので、そろそろ修復が必要と思いましたが、かなり予算がかかりそう。

この記念館、公園とも大掛かりな施設で、今となっては予算の使いすぎだったと思う。
東山魁夷せとうち美術館はこじんまりした建物でしたが、建てられた時の社会状況を反映している。

setooohasipark200211c.jpg


瀬戸大橋記念館はこちら

記念館脇には、世界的な彫刻家として知られる流政之氏の制作になる、巨大な石組彫刻-どだま獅子がある。

setooohasipark200211b.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
02.15

香川県の東山魁夷せとうち美術館ー2

Category: 建築紀行
香川県の東山魁夷せとうち美術館の見学の続き

エントランスの格子ルーバー

higasiyamakai200211d.jpg


裏側面もコンクリートボリューム感とルーバーの対比が美しい

higasiyamakai200211c.jpg


展示している東山魁夷の絵はこぶりな絵が多い
1列に絵が並ぶと東山魁夷の絵が安っぽく見える
「東山魁夷の絵」には1点1点思い入れが深いので
和の雰囲気の室内に、1点のみ絵が掛けてある方が「東山魁夷の絵」には合いそうである。

カフェから瀬戸内海が見えるー窓の切絵

higasiyamakai200211f.jpg


無理なくドアの額縁などなくし、インテリアもシンプルであり、細部もきれい

最後にロビーにて「東山魁夷の生い立ち」解説DVDを見る

若くして実力がありながら、世に売れない苦労した時代
それにより悟った人生観、風景への思い、美しさへの探求etc.

訪れたらこのDVDもご覧になることをおすすめします。

椅子も座りごこちが良い

「東山魁夷の言葉」

風景は心の鏡である

higasiyamakai200211g.jpg


東山魁夷せとうち美術館はこちら

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
02.13

香川県の東山魁夷せとうち美術館ー1

Category: 建築紀行
2月11日(月・祭日)香川県の住宅の現場での打ち合わせが昼からなので、少し早めに岡山を出て、かねてから一度行きたかった坂出の「東山魁夷せとうち美術館」に行って来ました。

設計はニューヨーク近代美術館を設計したー谷口吉生
経歴はこちらをご覧下さい

美術館へのアプローチは建物に対して軸が振れています。
この方向がもっとも建築が美しく見える方向とのことで、
ギリシャのパルテノンの神殿も丘に登ると右方向に神殿が見えます。

higasiyamakai200211a.jpg


外壁はコンクリート打ち放しと緑の石貼り
東山魁夷は群青と緑青の色にこだわった画家であり、館内にこの岩絵具を展示していました。この緑の石は東山魁夷の「色のこだわり」を表現しているのでしょう。

遠方に瀬戸大橋と瀬戸内海の海を望む

higasiyamakai200211b.jpg


higasiyamakai200211e.jpg


この美術館のデザインはシンプルで作り込みすぎず、時代の建築デザインに寄らなくて好感を持てます。建築デザインの普遍性を感じます。

東山魁夷せとうち美術館はこちら

続く

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
02.12

香川の住宅の現場ー外壁の色決め

Category: 香川の木の家
2月11日(月・祭日)香川県に工事中の住宅の現場に行きました。

stei200211d.jpg


今日は祭日ですが、現場は左官屋さん3人で外壁のモルタル塗りをしています。
天気も良いので、外で施主さんと吹きつける外壁の色を相談しました。
私の事務所の手持ちの色サンプルを並べ、候補を数点選らびます。
この数点持ち帰っていただき、しばらく眺めてもらいご希望の色を決めます。

stei200211a.jpg


現場は大工さんが造作工事をしています。
今、各部屋の杉板の天井を貼っています。

天井の高い2階の寝室ー高知県れいほくの杉板を天井に貼っています。

stei200211c.jpg


子供室の天井下地の工事中ー松の丸太梁は完成するとブランコお吊り下げます。

stei200211b.jpg


施主さんもだいぶ住いの全体がイメージできてきました。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
02.10

建設会社から提示された見積書

3月に着工予定の住宅の見積書が、建設会社4社から提示されたので各社の見積書を検討・確認する。

建築設計事務所の設計する住宅は、特に事情がなければ設計図が完成すると、建設会社数社に見積を依頼します。

今回の住宅は施主さんが完成見学会に行かれ、評価の高かった建設会社4社に見積参加をしてもらいました。3社は以前当事務所の住宅を工事したことのある建設会社、1社は見積もり参加したことある会社です。皆さん岡山では住宅建設で実績のある会社で、私がアドバイスをしながら施主さんに見積り依頼する建設会社を選定してもらいました。

yteimitumori200212.jpg


皆さんに頑張って提示してもらいましたが、やはり見積金額の開きはでました。

今回の住宅 150㎡ 2階建て在来工法の木造住宅 45坪
建設会社の提示金額の開きは、数百万円でました。
最近では、45坪ぐらいの住宅で1000万円もの差が出ることも多いです。
        

見積書の確認

・各工事の材料の計上面積と単価、提示金額の比較します
拾い出し数量・面積が多い場合ありますが、数社で比較するとすぐ分かります。
使い慣れない材料や工法の場合高い金額提示の場合あります。
単価の桁が違っている場合あります。

昔は集計計算の間違いが多かったのですが、意外に最近は単価や数量の打ち間違いはあります。

・使用材や部分の落としや二重計上の確認以外にあります。こうした点は追加や減額と工事中にトラブルになることあるので確認します。

・提示された各建設会社の見積書を工事個所に分けて比較表を作成します。
例ー仮設工事、木工事など各社を比較すると、どの部分が高いか、安いか分かります。

見積書の疑問点について建設会社に質疑をし、金額変更ある場合再提示してもらいます。

・設計変更した場合の減額金額の査定書を作成します。
使用材料、工法の変更により1-2割ぐらい工事金額を減額できます。
施主さんと希望建設金額に合せて工事内容を決定します。

こうした資料を作成して、施主さんにご説明し依頼する建設会社候補を決めます。
また候補会社を施主さんと会社訪問します。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:1  Trackback:0
2008
02.04

武田邦彦さんの環境への提言を聞く

Category: 建築事情
2月3日(日) の午後1:30から「たかじんのそこまで言って委員会」を見る。
この番組では衝撃的な発言をする識者が度々登場する。今日は、以前この番組にも出演した
「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」の著者 武田邦彦氏の再登場。この著書は今話題を呼び50万部の大ヒットになっているそうだ。

番組での話題

ペットボトルの分別回収は無駄
回収するために多くの税金(国民一人当たり15,000円)が投入されているが、分別された後の再利用が明確でない、利権の温床になっている可能性がある。

石油から直接ペットボトルを作ろうとすると,原料やらエネルギーやらで1本あたり40グラムの石油が必要である。ところが,使用済みのペットボトルを集めてリサイクルしてペットボトルを作ろうとすると,150グラムの石油を消費してしまい,ペットボトルのリサイクルをすればするほど,石油の消費量が増加する事になる。環境にちっとも優しくないのが「ペットボトルのリサイクル」とのこと。

ダイオキシンは体に害あるとの根拠はない
ダイオキシンが人体には猛毒ではなく、長期にわたる科学的根拠が明確でない。今話題の中国の食品の安全のほうがもっと深刻である。

地球温暖化は問題でない、温暖化が悪いことでない

温暖化で海面は上昇しない、温暖化により南極の氷は増える


紙のリサイクルは不要
紙をリサイクルすることが、森林保全に繋がらない。森林の破壊を防ぎながら国内の木から紙を生産するのが良い。(木は40年たつと木内部のCO2の吸収量は少なくなります)

「今までの環境問題の論拠は科学的でない」との意見


他 武田氏の論

車のハイブリッド車は環境にやさしくない

など、私たちの日頃の常識がくつがえされる。
今後も武田氏の発言を注視したい。

詳しくは下記をご覧下さい。

武田邦彦氏の著作ーホームページはこちら

「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」の著者 武田邦彦さんのインタビューのビデオ


takeda200203a.jpg



ー「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」の内容ー
「地球にやさしい」を唱える環境活動は、往々にして科学的な議論を斥け、人々を欺き、むしろ環境を悪化させていると言う。官が推進するリサイクル運動が隠してきた非効率性と利益誘導の実態とは?地球温暖化を防げない京都議定書―等等。アル・ゴア氏にとっての「不都合な真実」も次々に明らかにする。ただ今 「環境問題はなぜウソがまかり通るのか-2」も出版

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 資源7倍、ごみ7倍になるリサイクル(ペットボトルのリサイクルで環境を汚している/分別回収した方がごみが増える? ほか)/第2章 ダイオキシンはいかにして猛毒に仕立て上げられたか(ダイオキシンは本当に猛毒なのか?/つくられたダイオキシン騒動 ほか)/第3章 地球温暖化で頻発する故意の誤報(地球温暖化騒ぎの元になったそもそもの仮想記事とは/南極大陸の気温はむしろ低下していた ほか)/第4章 チリ紙交換屋は街からなぜいなくなったのか(紙のリサイクルに対する先入観と誤解/森林資源破壊の元凶にされてしまった紙 ほか)/第5章 環境問題を弄ぶ人たち(「環境トラウマ」に陥った日本人/本当の環境問題の一つは石油の枯渇 ほか)

武田 邦彦 (たけだ くにひこ、1943年生 ) 東京大学教養学部基礎科学科卒業、中部大学総合工学研究所教授。工学博士。専門は資源材料工学。分離工学の第一人者、材料、環境などの研究をしている。究も行っており、平成11年日本工学教育協会工学教育賞(倫理)、平成15年日本工学教育協会論文・論説賞(創成科目)を受賞。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
02.03

左官日本一

Category: 施工・工法
今日は興味深いテレビ番組を2本見る。

2/3 (日) 10:05~10:50 に NHK総合 された「いよっ 日本一」

人口1万人当たり左官職人さんが一番多い県は「島根県」とのこと。ちなみに大工さんも人口1万人当たり21.3人と、日本で一番多いそうだ。

国家議事堂の壁や天井の古典洋風の塗壁は、島根の左官屋さんが漆喰で塗り細工がされている。他 明治生命館など近代建築の匠の技に生かされている。

なぜ島根県に左官屋さんが多いのか?世界遺産になった石見銀山が江戸時代に銀が取れなくなると、銀山の職人は左官技術を習得し都市部に出稼ぎに行ったので、左官職人が多いそうである。

出稼ぎから故郷島根に戻った左官職人は、地域の民家にその技を生かしたそうである。
特に細工にすぐれ花鳥風月を鏝(こて)で描いたレリーフ「鏝絵ー漆喰で塗られた彫刻」現在も街に残っている。

島根の鏝絵についてはこちら

また番組では、京都の桂離宮をおさえて庭の美しさで5年連続「日本一」になった足立美術館が紹介されてた。足立美術館は日本画家の大家 横山大観の展示で有名であるが、日本庭園もまた見ごたえがある。池の水の流れを美しく見せるため、通常 池の深さは50センチぐらいにするが、ここでは1.5メートルも深くしている。また園から見える山の景色「借景」を守るため山まで手入れする、庭の木は大きくなると庭のバランスが悪くなるため植え替えるそうだ。並々ならぬ気配りをしている。

美術館内には、室内の窓から庭を切り取り見えるビューポイントを配置しているー生の軸絵
こちらも見事である

足立美術館についてはこちら

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif


Comment:0  Trackback:0
2008
02.02

住宅が完成しましたー7 2階の個室

完成した住宅の2階の個室を紹介します。

atei200121kositu1.jpg


物入れ内部の様子、2段のハンガーパイプと中棚は取り外しができるようにしています。

atei200121kositu2.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:0  Trackback:0
2008
02.01

住宅が完成しましたー6 階段廻り

完成した住宅の階段廻りを紹介します。

この階段はオープンタイプなので大工さんが苦労して制作しました。

atei200121kaidan1.jpg


踊場、踏板は松の厚板を加工

atei200121kaidan2.jpg


居間の上部 吹抜の廊下(ブリッジ)

atei200121tesuri2.jpg


手すり代わりの本棚

atei200121tesuri1.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

Comment:1  Trackback:0