FC2ブログ

住まいセミナーに行って来ました

3月29日(土)午後 私の所属する「岡山住まいづくりの会」主催の住まいセミナーに行って来ました。
本日のお話は「住宅の庭」について、造園施工会社の(有)光匠園 亀田社長さんにビルの壁面・屋上緑化や住宅の庭についてお話を伺いました。

(有)光匠園さんには、私の設計監理した住宅の外構や庭をいくつか施工してもらっています。

stei200326a.jpg
 

stei200326c.jpg


外構や庭のデザインが良いと住宅が映えますね。

住宅完成見学会の案内
香川県さぬき市志度にて住宅完成見学会開催します。
開催日時 4月19日(土)20日(日)AM10:00~PM5:00

詳細はこちらをご覧下さい

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
スポンサーサイト

施主さんと木材プレカットの打ち合わせ

3月29日(土)ただ今工事中の住宅のプレカットの打ち合わせと使用木材の確認に、施主さんと行って来ました。

事前にFAXで送られてきた、プレカット施工図を私が作成した構造図面との違いや問題点を事前に確認しておきます。

ytei200329b.jpg


こうしたプレカット施工図は将来リフォーム設計するときに、梁の組み方や大きさが分かるため大変役に立ちます。かならず施工会社からこの図をもらい大切に保管しましょう。

打ち合わせの後、使用予定の木材を見ます。
今回使用する柱は岡山県産材の桧の柱、梁材は米松材のナチュラルドライを採用。

この材はおもに天然乾燥をして木材の含水率を落とし、最後に人工乾燥し含水率を20%以下にします。利点は色合いが良い、抜け節がない、材に粘りがある、角が欠けにくいなどあります。

ytei203029a.jpg


ナチュラルドライについてはこちらをご覧下さい

住宅の完成見学会の案内 

steikenngakukaiannnai200323a.jpg


開催日 4月19日、20日の土日 午前10時から5時
当日見学自由です。香川の四国新聞オアシスに見学会の案内を掲載します。

steitizu200323a.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

香川のほぼ完成の住宅

3月20日につづき23日徳島に行く途中、香川県さぬき市志度でほぼ完成した住宅の現場に寄りました。ウッドデッキとデッキから2階のバルコニーテラスの昇る外部階段をこれから工事します。

この住宅のテーマはーぐるんぐるんー家の中をぐるぐる廻れる楽しい住宅

2階に行くにも、いろんな行き方の仕掛けがあります。
ー楽しい住宅ー
リビングの吹き抜けが暮らしの中心、家のどこにいても家族の皆がすぐに分かります。
ーいつも家族の触れあいのある住宅ー
外の楽しさ、中の楽しさがあります。
ー楽しい暮らしの充実ー
誇りの持てる四国の木(高知のれいほく材など)を使って、健康な住宅を造る。
そして四国の暮らしを育んだ、四国の森を育て維持することに少しでも役立ちたい。
ー四国の森は四国の宝、四国の木を生かす。そして四国の森を守りたいー
できるだけ自然な素材を生かし、健康的な暮らしを守りたい。
ー自然な素材の使用ー

住まいは「百人百様」
何より、建てる方の思いのこもった住宅をめざしています。


steigaikan200321a.jpg


お子さんの部屋ー壁天井に高知の杉板を貼っています。
廊下の二面に面する部屋の建具は引き込み戸になり、廊下と一体になります。
小さなロフトも設け、森の中の小屋風の雰囲気の子供室です。

stei200323a.jpg


stei200320b.jpg

ー3月はじめの工事中の様子、左官屋さんが珪藻土を塗っていますー

この住宅の完成見学会 

steikenngakukaiannnai200323a.jpg


開催日決定 4月19日、20日の土日 午前10時から5時
当日見学自由です。香川のタウン情報誌に見学会の案内を公開します。

steitizu200323a.jpg


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

さぬき市で新しくできたCAFE

3月23日(日)昼から徳島に行く用事があり、途中住宅の工事を進めている香川県さぬき市の現場による。最近、さぬき志度ICの出口にオープンした農園カフェーベリーーに立ち寄り昼食をする。

自家農園でその日に収穫したブルーベリーを使ってつくった、デザートが売り。
使用するイチゴも近くの農家の方が育てたイチゴを使うなど、素材にこだわりを持っているよう。

地産地消のコンセプトが良いですね。

お店が出来るまでのいきさつはこちらーこれを見ると一度は行きたくなるかな。

建物内外観は杉板を多用し、少しカントリーな感じでデザインし、女性客層に受けそう。
日曜日昼過ぎ 来客は次々来られていました。

beri200323a.jpg


アプローチ廻りの木や花が育つと良い感じになりそうです。
軒がなく板が素地仕上げなので、時間経過と共にメンテナンスが大変そうです。

beri200323b.jpg


ランチセットが1200円ー今日はピザでしたが、その日の収穫によりメニューは変わるとのこと
スープ・サラダ・デザート・コーヒー付
他800円ぐらいのデザートセット、単品のデザートあり、お持ち帰り可
味はさすがに素材の新鮮さあります。
好きな方には「ほんとは、こんな味なんだ」と発見があります。
苗木も販売しているようで、育て方のアドバイスもしてもらえそうです。


内部も漆喰系の塗り壁と杉板張りの壁天井で気持ちよいです。
床は、最近見かけなくなった少し高価な木レンガを敷き詰めています。
家具テーブルも厚板使用。席数も少なめでゆったりしています。

beri200323c.jpg


トイレ内部もゆったりしています。
ミラーや棚、収納など良く工夫されています。
このトイレは住宅の洗面やトイレにも参考になります。一度ご覧下さい(勝手に写真取りごめんなさい)

beri200323d.jpg


末永くがんばってください。

お店のホームページはこちら
お店についてはこちらをご覧下さい
ミシュラン風 星をつけると ☆☆ー近くに行ったら寄りたいお店です。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

住宅リフォーム工事の完成

3月23日(日)午前 昨年 秋からリフォーム工事をしていた住宅が完成し、施主さんに機器類の取り扱い説明(通常略して 取設 ーとりせつーと言います)を行うことになり、出席してきました。

また、私のほうは完了検査を行い、手直し部分、未完成分を検査し、監督さんと今後の扱いについて打ち合わせする。また、追加増減工事の見積書の確認をする。

外部のアプローチ廻りが1週間後の完成となる。

otei200323b.jpg

ーソーラー発電の説明風景ー

最近は、換気扇、ボイラー、キッチン廻りとリモコンにも高度のコンピューターが内蔵され、操作できる機能も複雑になっています。
なかなか、一度には覚えられませんね。
当面の生活に支障がない範囲で覚えていただき、生活しながら徐々に慣れるとよいでしょう。
機器類の説明と共に各機種の説明書のファイルをお渡しします。
時間の余裕があるとき、一読してください。
後日、納入・施工会社と緊急連絡先のリスト表をお渡しするよう、施工会社に依頼する。


完成した内部写真の一部を公開します。

otei200323a.jpg

ーリビング・ダイニングー

otei200323c.jpg

ーキッチンとダイニングとの境の松の厚板のカウンターー
カウンターの上部の天井には、既存の住宅に付いていたトップライトを再利用し明かり障子を組みこみました。広目のカウンターでは食事もできます。

otei200323d.jpg

ーカウンターからキッチンを見るー

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

地鎮祭しました

3月20日(木)祭日 今日は午前9時30分から岡山市内で工事が始まる、地鎮祭に出席する。
昨日は雨が激しく降ったが、朝には曇りになり無事執り行いました。


ytei200320a.jpg


地鎮祭についての執り行い方は、こちらをご覧下さい。

敷地には建物位置を示す、縄をすでに張っています。
地鎮祭の後、施主さんに予定の建物の位置を確認してもらいます。
また、周囲の土地の高さを見てもらい、敷地の高さを決めます。

新しいキッチンの見積書、サッシュのプレゼンボード、照明器具のプレゼンボードと4メーカーの照明器具のカタログ帳、床フローリングのサンプルを施主さんにお渡しし、瓦も選定しました。

ytei200320b.jpg


週明け24日(月)から鋼管杭打ちが始まり、本格的に工事に入ります。

午前10時半過ぎ、これから もうすぐ完成する香川県さぬき市の住宅の現場に向かいます。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

確認申請提出とさくらんぼの花

一気に暖かくなり昨日から、事務所の入り口脇の「さくらんぼ」の蕾が開き、満開になりました。
5月初めには、真っ赤なさくらんぼの実がなります。

sakura200318.jpg


先日、知り合いから依頼された 鉄骨造2階建て 延床面積90㎡の小さな農業用倉庫の確認申請を審査機関に提出ししました。昼からこの提出した確認申請について依頼者に説明に行く。

設計に際して、構造の審査に適合判定に廻らないように計画する。

・ 申請書をすべて用意し、審査に先立ち事前相談として提出する。鉄骨建物については事前審査まで2週間待ち、とのこと。事前審査が終わるまで3週間はかかりそう。それから訂正すると確認が下りるまで1ヶ月はかかりそう。やはりこの程度の建物でも時間はかかる。

・ 構造計算書が300ページ近く必要になった、構造図面A2サイズ特記仕様書を入れて11枚・・建主ーこの程度の小さい農業用倉庫で、何でこんなに計算書がいるの?との意見
申し訳ない気持ちします。

1週間ぐらい前確認申請を提出していた木造住宅の訂正の連絡があったので、審査機関に手直しに行く。木造住宅については、作図形式も統一様式が示され、審査も順調になり審査期間はそれほどかからなくなった。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

リフォーム工事をしている住宅もうすぐ完成

3月17日(月) ただ今リフォーム工事中でもうすぐ完成する住宅の現場に行ってきました。
外壁の吹付けも終わり、足場が取れました。

otei200317a.jpg


屋根には4.13kwのソーラーパネルも取り付きました。

otei200317b.jpg


内部工事も建具の取付を残しほぼ完成。
写真は玄関・・靴を履く時に座る松の厚板のベンチ、時には花飾り台にもなります。
座の強度を確認し、補強を依頼する。

otei200317c.jpg


現場で施主の奥さんと出会い、設備器具の取り付け位置や手直し個所の確認をする。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

住宅雑誌の見出しから見るー住宅のトレンドー色

KEN-Platz 建築・住宅メール 2008年3月10日号に、最近の住宅雑誌の見出しが語る住宅のデザイントレンドの続き

素材感重視の傾向が色の志向にも影響? 以下記事の概要

 床や壁、天井が真っ白な住宅は、一般向け住宅誌でよく見かける事例と言えるだろう。こうした傾向は、各誌の記事見出しでも顕著に表れている。

 色に関する言葉では「白」が32件を数え、全体60件の過半数を占めた。やはり、建て主もつくり手も白が大好きなのだろう。次に多いのは「黒・墨」(9件)。白や黒に「グレー」(2件)や「無彩色」(2件)といった色を含めて、モノトーン系統としてまとめると、それらの合計は45件と全体の7割強に達した。

欧米の住宅では仕上げに塗装を用いることが多いが、日本では木材だけでなく、たとえば打ち放しのコンクリートのように、素材をそのまま見せる手法が建て主に好まれる。つまり日本の場合は元々、色をデザインの主役する意識が高くはない。そのため、色といってもモノトーン系に落ち着くと言えないだろうか。

 他方、有彩色を表す単語を集めてみると、「緑系」(5件)、「青系」(3件)、「赤系」(4件)、「ベージュ・ナチュラルカラー」(2件)、「黄色系」(1件)と、特段の傾向は見てとれなかった。

 住宅デザインの「テイスト」、「様式」、「素材」、「色」の項目で建て主向け住宅誌の記事を分析してきたが、それぞれの項目で1位の言葉を組み合わせると、「木の生かした白いモダンな和空間」となる。妙に説得力のある表現で、特に印象深いのは“中庸”な志向が色濃いことだ。「モダン」といっても、コンクリートや金属の質感を前面に出した冷たい印象の空間ではない。「木」といっても質実一辺倒のカントリー調とは違うし、「和」であっても伝統的なスタイルとは異なる。突出した個性があるわけではなく、程良いシンプルさを求めている。以上

stei200310a.jpg
写真は私の作品

今の色の流行は、白また黒の単色  または 白と黒の2色のカラー 
よく見かける最近の住宅の外観 もこうした色が多いですね。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

住宅雑誌の見出しから見るー住宅のトレンドー素材

3月10日(月 )今日は午前中、木造住宅の確認申請の提出に、確認申請審査機関の岡山県建築住宅センターに行く。木造住宅の確認申請の混乱は改善されたように感じる。

KEN-Platz 建築・住宅メール 2008年3月10日号に、最近の住宅雑誌の見出しが語る住宅のデザイントレンドが興味深い。

記事によると、素材を表す言葉では「木」がダントツ 以下記事の概要

 素材に関する単語の傾向は、健康志向や環境問題に対する意識の社会的な高まりを着実に反映していた。具体的には「木」、「土・しっくい」、「石」といった自然素材に関する語句で、全体の7割を超えていた。特に「木」はダントツの81件で全体の45%と、自然素材に関する語句の6割強を占めた。

ytei200310a.jpg
写真は私の作品例

木材はそもそも構造材としても使うので、住宅の物件例を取り上げた記事の見出しで「木」という単語の登場回数が多いことに不思議はない。あえて「木」という言葉を見出しに含んだ記事の多くは、木造軸組で構造材を表しで使うといったように、木材の素材感を生かした事例だった。

 他方、「ガラス」(15件)、「コンクリート・モルタル」(14件)、ガルバリウム鋼板やスチールなどの「金属」(11件)、「タイル」(9件)は、自然素材に対して人工素材系の語句としてカウントし、合計は49件だった。コンクリート打ち放しの住宅に対して根強い人気があることを思うと、「コンクリート・モルタル」の件数は意外に少ない気もする。

やはり、木の柱や梁が見えるよう木を生かし、自然素材を使った住宅が人気が高いようだ。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

これから始まる住宅の地盤調査

3月8日(土) 午前 これから始まる住宅建設の土地の、地盤調査に立ち会ってきました。
施主さんも立ち会っていただくため、土曜日に調査してもらいました。

ytei200308a.jpg


今は、設計に先立ち地盤調査を行い地耐力を確認します。今回は隣接地の調査データがあったため、設計時はそのデータを採用し杭の仕様を決めました。そして、工事に先立ち建設地の地盤調査を行い設計の杭等対策が妥当であるか確認します。

ytei200308b.jpg


地盤調査方法は2階建て程度の住宅建設地でよく採用される、スェーデン式と呼ばれる調査を行います。細い鋼管に一定の負荷をかけて鋼管の沈下深さを測定し、地盤の固さを調べます。
調査費は3~5万円ぐらい。

地盤調査についてはこちら・・岡山の地盤調査、杭施工会社の岩水開発さん

調査地は岡山市街の南部 大元駅近くで、鋼管がかなりの深さまで抵抗なく貫入し、予定通り支持層 10.6Mの深さで止まりました。岡山県南部は全体的に地盤は悪く、建物の沈下を防ぐため、地盤調査と杭打ち等対策が欠かせません。
午後から私の所属している「住まいづくりの会」の住宅相談会に行って来ました。
相談会 毎週土曜日 午後1~5時 建築家4人が毎週交代
会場  岡山ガス ショールーム「アスパラガス」代々木ゼミナールの隣

sumaisoudan200308a.jpg


相談の合間に、私のホームページの改正の検討を考える。
近々、大幅見直ししたいと思っています。


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

香川の木の家 トイレのカウンター板

現在、完成に向けて工事中の「香川県の志度の住宅」

stei200305d.jpg


11月に、プレカットの打ち合わせと柱・梁材の材料検査で高知県の森昭木材に伺った時、
たまたま桧の厚板を発見しました。長さ2M少し、巾50cmぐらい、節がなかなか綺麗でした。
値段は、なんと1枚2000円と安い。
その時施主さんと相談して、トイレの手洗いカウンターに使うことにし3枚購入しました。
製材所を訪問するとこんな掘り出し物に出会ことができます。

詳しくは11月9日のブログをご覧下さい

その時購入した桧の厚板が、トイレのカウンター板として取り付きました。
下の写真は1階のトイレのカウンター・・この上に青の信楽焼の手洗いが付きます

stei200305h.jpg


こちらは2階のトイレのカウンター、こちらの手洗いは緑色

stei200305c.jpg


この桧の板の余りの切れ端は、玄関に棚として使うことにした。

香川県の方・・工事中の現場を見学できます 
受付中 お問い合わせください。建設会社担当者がご案内します。

完成見学会 4月中旬 予定
場所 香川県さぬき市志度 志度中学校近く

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

香川の木の住宅 ただ今造作工事中

3月5日 香川の住宅 現場監理に行った続き

ただ今大工さん3人が造作工事を進めています。

この住宅は高知の木を生かした住宅で、柱・梁や床・天井材の多くを高知県嶺北の杉の木を使っています。これらの木は、高知の林業家が丹精こめて育てた立派な木で色艶も良いです。

2階子供室・・丸太の梁は高知の松丸太、完成するとロープで梁からブランコを下げます

stei200305e.jpg


stei200305f.jpg


「れいほくの木」のパンフレットより

高知県「れいほくの木」を使うことは
四国の山と水をまもること 
 
とあります。

そして、こんな木を使い、厳選された自然な素材を使った住宅は
「家族の健康を守ってくれます」

2階の寝室・・紫色のボードは、健康に有害な室内のホルムアルデヒドを吸収してくれる、優れものの下地ボードです。この上から珪藻土塗り壁や木のチップを漉いたドイツ製の壁紙を張ります。

stei200305g.jpg


香川県の方・・工事中の現場を見学できます 
受付中 お問い合わせください。建設会社担当者がご案内します。

完成見学会 4月中旬 予定
場所 香川県さぬき市志度 志度中学校近く

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

香川の木の家 足場が取れました

3月5日(水)香川県さぬき市志度で工事中の現場に行きました。

外壁の吹付けが終わり、今日足場が取れました。
今までシートに覆われていましたが、やっと全体像が見えてきました。

道路側に伸びているウイングの外壁は杉板張りで、塗装途中です。
下の写真の空地部分(右側)は玄関へのアプローチと駐車場2台分のスペース
バルコニーの下は、暖炉の薪をストックするスペース

stei200305a.jpg


下の写真の空地部分(左側)はウッドデッキと2階バルコニーに昇る外部階段が付きます。
プライベートな外部空間になります

stei200305b.jpg


香川県の方・・工事中の現場を見学できます 
受付中 お問い合わせください。建設会社担当者がご案内します。

完成見学会 4月中旬 予定
場所 香川県さぬき市志度 志度中学校近く

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

新しい住宅の工事始まりました

3月4日(月) 午前、完成した図面を届けに倉敷の建設会社に向かう。

その後、総社でリフォームを工事している住宅の現場に行く。
完成は3月中旬過ぎで、ただ今外壁の吹付けと内部の左官塗りを工事中。

otei200304a.jpg


左官屋さんとしばらく歓談・・「以前は、内部はクロス張りばかりで塗壁がなくなり、左官の仕事は少なかったが、最近は健康志向で仕事が増えている」とのこと

珪藻土、漆喰塗りについて意見交換

玄関と廊下廻りは既存の塗り壁を落として(写真の状態)、珪藻土に塗替える。
荒壁の状態もそれなりに風合いがある。

otei200304c.jpg


完成間近かの中2階、今回の改修で小屋裏の梁を表しにして、ロフトスペースを確保した。

otei200304b.jpg


この現場の後、岡山市内中心部で始まった住宅の現場に向かう。
ただ今、田を掘り返して造成工事中。
今週末ぐらい、杭の打つ深さを確認するため地盤調査に入る。

ytei200304a.jpg


この住宅はモダン和風スタイルの住宅で少し大きめ

ytei200304b.jpg


ytei200304c.jpg


明日は、久しぶりに香川の住宅の現場に行く予定。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

岡山での工事トラブルの処理方法

岡山での住宅工事で問題が出た場合の処理の方法

住宅を新築したり、リフォームした後、工事会社の施工内容や仕上がりに不審に思った場合、
以下の対応が考えられます。
岡山県以外でも各県に同じようなシステムが出来ています。

■ 住宅の工事をしてもらって、おかしいなと思った時
  一般の方は初めに 問題なのか、普通なのか分からないことが多い
  最終工事金額を払う前に対応したい

■ そこで知り合いに建築方面の方がいたら見てもらい、意見を聞く

■ 岡山県生活消費者センターに行き相談する
  センターについてはこちら

■ 消費者センターは建築工事の専門でないので、建築工事についてのアドバイスは
  岡山県住宅リフォーム推進協議会にて相談するよう薦められるでしょう。
建築工事については直接この協議会に来られても良いです。

岡山県住宅リフォーム推進協議会の住宅リフォーム相談日

毎週第1・3日曜日 午後1時から5時会場 NPO法人まちづくり推進機構岡山
岡山市石関町2-1 県立美術館の向かい TEL086-803-3361

相談員 一級建築士が交代で担当 無料
予約優先になるので、できる限り予約して下さい

見積書、図面、写真などの資料をお持ち下さい。
アドバイスと今後の相談先を紹介します。
現在のところ出張調査はしていません、会場でのアドバイスのみになります。

■ 工事会社が誠意ある対応がない場合、対応に納得できない場合
   再度 岡山県生活消費者センターに行き相談する

   また 弁護士会の岡山仲裁センターにて、弁護士さんに入ってもらい仲裁を依頼する
   先方ともめる場合この仲裁ケースの扱いが多い。
   必要に応じて建築士も入ります。
   岡山県の仲裁センターについてはこちら
   岡山県弁護士会はこちら

  仲裁が不成立な場合、弁護士さんを入れて裁判となります

■ 岡山県建設工事紛争審査会に持ち込む
  国としては、リフォーム工事のトラブルもこの審査会で扱う方針のようです。
  詳しくはこちら
  岡山県土木部監理課建設業班
  〒700-8570 岡山市内山下2-4-6 086-224-2111

■ 法テラスで相談する
   悪徳リフォーム、クレジット被害などの緊急を要する場合、法テラスにて相談し至急対策を行う
   岡山の法テラスについてはこちら

以上いくつかのプロセスを踏んで解決に向かいます。

大切なことは、工事着手前に 充分な説明を受ける。
図面、明細のある見積書を求める
複数の業者に相談して工事会社を決める
免許書、業種許可のある会社にする
同じ市内、岡山県内の業者が望ましい
住宅を新築したり、リフォームするときは
まず、経験豊富な建築士や建築家に相談や依頼する
ことが良いです。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
  

リフォーム相談会に行って来ました

3月2日(日)の午後1時から5時の間 岡山県住宅リフォーム推進協議会のリフォーム相談会の相談担当に出席してきました。

今日は 協議会に予約されていた方がお一人見えました。

相談会場

rifoumusoudan200302a.jpg


■■相談内容

2階建て 木造住宅 築10年過ぎになるので、外壁の塗装の吹替えを同じ市内の塗装業者にしてもらった。面識はなかったが近所で工事されるとのことで、ついでに自分の住宅の施工を頼んだ。

外壁の1階部分はサイディングなのでジョイントのコーキング部分がひび割れていたので、それを撤去してコーキング打ち直してもらう約束だったが、既存のコーキング上から塗られたようであり、完成後もひび割れが見られる。軒裏の木部をパテ処理して塗りなおしてもう約束だったが、出来栄えが悪い、等々

見積もり金額単価は妥当であるが、数量は不明
図面がない場合数量の正しいかどうか?確認はできないです。

悪徳リフォームと思われていないが、仕上の様子が不満とのこと。

工事前の話での約束と完成が違うようで、工事前の充分な説明不足が問題であったと推測
施工レベルも少し良くなさそうである。再度納得できる手直しを協議されたらと薦める。

話での依頼個所は、図面や文書で取り交わすことが大切です。

施工レベルの良い悪いの客観的判断は難しいですね。
一度、建主さんから不信感をもたれ、信頼を損ねると全てが不信に繋がります。
施工会社さんも常に親切に、説明し理解をしてもらえる努力が大切ですね。

rifoumusoudan200302b.jpg


岡山県住宅リフォーム推進協議会の住宅リフォーム相談日

毎週第1・3日曜日 午後1時から5時

会場 NPO法人まちづくり推進機構岡山
岡山市石関町2-1 県立美術館の向かい TEL086-803-3361

相談員 一級建築士が交代で担当 無料
予約優先になるので、できる限り予約して下さい

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

「住宅リフォームセミナー」で戸建住宅について講演してきました-1

平成20年3月1日 (土) 岡山県立図書館にて「住宅リフォームセミナー」があり、岡山で住宅設計・リフォーム設計をしている建築家3人が リフォームについて講演しました。

このセミナーは 岡山県住宅リフォーム推進協議会が主催し、会では最近 よく問題になっている悪徳リフォーム、リフォーム工事のトラブルなどを防ぐ目的で組織され、岡山県内の建築系7団体、消費生活センター、NPO団体、岡山県土木部から組織された団体です。現在、政府は各県に1箇所以上こうした公的機関の会を設置するよう進めています。

岡山県住宅リフォーム推進協議会では、正しいリフォーム工事を知っていただく住宅セミナー・講演会の開催やリフォーム無料相談会の開催をしています。

その活動の一貫として本日「住宅リフォームセミナー」が開催されました。PR活動時間が短かったのですが、40人ぐらいの一般参加者があり盛り上がりました。皆さん関心が高かったです。

私はこのセミナーで戸建住宅のリフォームについて、45分ぐらい設計監理の実例を見ていただきながら話をしました。

rifoumu200301a.jpg


今後、何回かに分けて講演内容をUPしようと思います。

最近5年間の間に建替えられた住宅の寿命日本の住宅の寿命(内は建物の使われる年数)

アメリカの住宅の平均寿命が約44年(103年)
イギリスの住宅の平均寿命が約75年(141年)
日本の家は平均約26年 (30年)

よく知られていることですが、建物が26年でゴミにして償却しているとは、あまりに日本は短いです。環境破壊、資源の無駄づかいでもあり、当然ですが今後はもっと長く建物を使わなければなりません。

その点でも、住宅をリフォームして長く使うことは意義があります。

rifoumusedai200301a.jpg


平成18年度「住宅市場動向調査報告」国土交通省 の調査によると、住宅のリフォームを最近された方は50代 60代以上の方が多いようです。こうした世代のニーズが高いので、悪徳リフォーム業者が高齢者をターゲットにします。

10年ぐらい前は、建築の設計事務所に住宅リフォームに相談に来られる方は皆無でしたが、私の事務所でも最近はリフォームの依頼が増えてきました。その中でも上の調査にあるように60代前後の団塊の世代の方の依頼が6割ぐらいあります。

定年を迎えて、今までと違う「ゆったりした暮らし」「老後(少し早いが)を楽しみたい」暮らしやすく、安全な住まい」こんなご希望が多いです。

本日のセミナーはこうした世代の方もたくさん参加していただきました。
セミナーのあと質疑もたくさん出ました。

■■会場での年配の奥さんの意見

築30年ぐらいの Pホームで建てたプレハブ住宅をリフォームしたい。
昔建てた家なので寒い。
Pホームのメーカーに相談したが親切に対応してくれない。

営業(結構上のほうの方らしい)の方に相談受付となったが、めんどくさいのかあまり対応してくれない。とのこと。
金額のかさばらない住宅なら、仕事として避けたい様子ありあり、とのこと。

ハウスメーカーさんにはかなり立腹されていました。

A メーカーさんの従業員は皆そんな方ばかりではないです。
営業畑の方でなく、設計をされている建築士の方にお会いし、困窮を訴えてみては。
技術者や建築士はまじめな方います。そんな方を捕まえてみてください。

良い出会いを望みます。
(岡山県住宅リフォーム推進協議会では公的機関ですので、原則として、特定の方を業務目的の紹介はできません)

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif