FC2ブログ

土地契約と購入した土地の広さの確認

昨日 Nさんが購入予定の土地の測量図、重要事項説明書、謄本、土地契約書の綴りを不動産会社 ファーストランドさんが事務所に持ってこられる。

重要事項説明書、土地契約書は売買契約の際は宅地建物取引主任の資格のある方が1字1句読み上げ、購入される方に説明することになっています。

totikeiyaku200725a.jpg


一般の方はこうした書類になじみがないので、私の事務所で設計する施主さんで、土地購入をされる方には、契約前に出来上がった書類を入手し確認しています。
また、契約時には立会いをします。

・特約事項の確認
・土地取得にかかる費用の確認
・水道、下水、電気引き込み工事費、負担金の有無の確認
・開発など許可が下りているか?証明書の確認
・建築基準法の制限の確認
・土地謄本から抵当の確認
・測量図の確認 等々

「もっとも大切なのは、建物が建てられる土地か?」
疑問に思われたら、所在の市役所建築指導課に出向き「建物が建てられますか?」とお聞きください。
ていねいに教えてくれます。

早速、測量図から敷地図を作成し、私の事務所で設計した住宅のプラン数点を入れてみる。

ntei200725a.jpg


土地の特性や広さのイメージが確認できる。
資金計画表、類似参考図面資料を作成する。

今日の午後、Nさんと敷地について、土地契約について、ご希望の住宅について打ち合せをします。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
スポンサーサイト

広島に行ってきましたーお好み焼き

7月24日(木) 社団法人 日本建築家協会 中国支部の役員会に出席のため11時過ぎ 建築家仲間4人待ち合わせして、岡山から新幹線で広島に行きました。

広島にはちょうど昼に到着したので、駅ビルで昼食することにする。

同行した方はたびたび広島に来るので、いつもこの駅ビルでお好み焼きを食べるそうです。
「今日は暑いので、お好み焼き以外にしようか?」との意見がありましたが
「広島来たら、お好み焼きだろう」との強い意見があり、駅ビル2階でお好み焼きやを探す。

okonomiyaki200725a.jpg


駅ビル2階には、たくさんの小ぶりなお好み焼き店があります。
ちょうど昼過ぎなので、多くの客が店の外まで並んでいる店もあります。
私たちは昼過ぎに会議に出席するので、比較的すいたお店に入る。

okonomiyaki200725b.jpg

okonomiyaki200725c.jpg


なかなか、美味しかったです。食べたのは「肉 そば焼入りお好み焼き 700円」
食した仲間の感想はソースのメーカーが・・・・、途中の水の差し方が・・・、手際良さが・・・
など後の意見交換に花が咲く。

その後、社団法人 日本建築家協会 中国支部の役員会に出席
本年 中国支部では中国地方に建つ優秀な建築を表彰する
「JIA 中国建築大賞」の顕彰制度を創設します。
今日の会議ではこの制度の募集要項について協議しました。
近々 支部のホームページで発表の予定です。

「広島来たら、駅ビル2階のお好み焼き店街」にお越しください。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

ポーチのタイル貼り工事中

7月23日(水)午後 工事中の切妻の家の工事で、大工さんの造作工事がもうすぐ終わるので、現場に立ち寄る。

ytei200723a.jpg


外壁はモルタル塗りの仕上も終わり、玄関のポーチの壁のタイルも貼られました。
目地はこれからですが、砂目地(砂のテクスチャーを生かしたこだわりの目地を予定)にします。

ytei200723b.jpg

タイルは京都のタイルメーカーのアルキオーナメントさんのボーダータイルです。
ここのタイルはどのタイルも、手作り感のある上品なタイルで、多くの建築家に愛用されています。
営業の方は、岡山に来られたときはよく事務所に立ち寄ってくれ、各地の建築家の作品を見せてくれます。

「日本には、数寄屋建築に代表されるように、自然の素材そのものが持つ美しさと特性を十二分に発揮させ、巧みに趣を醸しだすという、伝統的な空間演出の力学やノウハウが存在しています。
それは「一座建立」すなわち亭主が客を心からもてなすという思想がマテリアルにも大切に生かされている証しに他なりません。日本人ならではの、こうした繊細な感性をタイルに反映させることはできないか。それが私たちのタイルづくりの始まりでした。なぜならタイルは、空間創造のマテリアルである以前に、それ自身が多彩な表情を持つ焼き物です。焼き物には、あたたかみや土の味、柔らかく語りかけてくるメッセージがあります。」タイルメーカーさんのコンセプトより

アルキオーナメントさんについてはこちら

ytei200723e.jpg
リビングの吹抜け廻りー階段の上部

壁が紫色なのは下地のボードの色です。この上からシックイ珪藻土を塗ります。
下地ボードは空気中のホルムアルデヒドなどの有害物質を吸収してくれる、優れもののボードです。一般に使用されるプラスターボードと現場で間違えないよう、こんな色にしているそうです。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

筋交いの検査

7月23日(水)今日も暑い日ですが、午後から現在工事中の現場2ヶ所を廻る。

Mtei200723a.jpg

新月の木と岡山県産の木を使った住宅では、筋交いの取り付けも終わり現在アルミサッシュ取り付けています。

先回 筋交い検査で取り付けが残っていた個所あったので、改めてすべて確認する。

mtei200723b.jpg

・1階にて1ヶ所これから付ける個所確認

mtei200723c.jpg
監督さんと打ち合せ

小屋の妻部分も筋交いの追加を依頼する

明日午後 (社)日本建築家協会中国支部の会議に出席するので広島に行きます。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

土地を見に行きました

先月から住宅の相談を受けているNさんと、住宅建設予定地を見に行きました。

Nさんは、ハウスメーカーの住宅展示場でハウスメーカーのモデルハウスをご覧になり、メーカーで建てる予定にされていましたが、一度 建築家の手がけた住宅もご覧になりたいとのことで、私と出会いました。

現在 お住まいの近くで私が数年前設計した 木を生かした住宅を見学してもらいました。
その後、何度かメールで住まいの疑問点について相談を受け、設計を依頼されました。

建設地が決まっていなかったので、知り合いの不動産屋さんを紹介し希望エリア、価格などから数ヶ所候補地をリストアップしてもらいました。

最近は不動産会社さんもインターネットを持たれているので、土地相談の依頼しやすいです。
また、検索機能も充実しているので探しやすいです。

住宅情報誌の土地紹介よりネット検索の方が情報が新しい、豊富に思います。

不動産屋さんへの土地紹介依頼は、ハウスメーカーの住宅相談のように営業攻勢はないでしょう。

今回  土地の紹介をしていただいた不動産会社
ファーストランドさんー岡山市今の宮脇書店の向かい、こちらのホームページの検索情報は多いです
現在工事中の灘崎町のMさんの住宅の土地も紹介してもらいました。

土地を見るポイント

・住宅が建てられる土地か?(法律の制限)ー市街化調整区域は要注意
・価格と広さ
・日当たり
・利便性や学校・学区
・道路の交通量、騒音
・面する道路ー巾は5M以上・市道など公道
・隣接地の土地利用ー広い空き地があるとマンションが建つ場合あり
・側溝、排水経路
・土地に打ち解けやすさ などなど

A候補地
ntei200719b.jpg
線路に近い場所、電車が通る時の音を確認、やはり騒音が気になる

B候補地
ntei200719a.jpg
隣地が低層アパートの入り口があり、視線が気になる。南が空いているので日当たりは良いが、北の道路の車の交通量が以外に多い。分譲地でなく新築住宅はここだけなので、地域とのコミュニティーがどうか?近隣の方と打ち解けれるか?

C候補地
ntei200719c.jpg
新しい住宅分譲地 5区画 で静か、すべて南に道路があり日当たりは良い。北は水路と道路があり開放感ある。まだ購入者が決まっていないので、区画の選定は自由ーめぐり合わせですねー

他大型分譲地もありましたが、Nさんと相談の結果 C候補地にて決定。
早速 不動産屋さんに仲介の依頼をすることになりました。

土地購入時には契約に立ち会います。

土地購入から相談に応じています。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

築100年の住宅のリフォームの相談

私の所属している「住まいづくりの会」の無料相談会にて、築100年以上になる住宅のリフォームの相談を受けました。

そこで、7月13日(日曜日)午後 この住宅をお伺いし、改めて改修の相談に行ってきました。

otei200713b.jpg

長屋門、離れ2棟と蔵を持つ 築100年以上になる、立派な農家でした。

住宅専門の建設会社やハウスメーカー、住宅リフォームを専門にする会社に相談したそうですが、具体的に進まないようです。

・出来ないことはないが・・・・・。→したことない
・いくらかかるか?提示がない。→設計をしないと積算できない
・設計の提案がない。→分からない  とのこと

そこで建築家に相談に来られました。

高い床、土や木の自然素材、骨太の柱や梁、住宅の個室の外周に開放的な広縁など
まさに、先人の知恵を生かした典型的な日本の家ーエコの家ーでした。

そして、築100年以上になることに価値ありますね。

改修費用はかかりますが、ぜひ 手を入れて住みつづけてほしいものです。

また、私の設計した民家で 見学できる場所を紹介しました。

湯郷の囲炉裏レストランー田能久 民家の古材を生かしたお店
http://www.rel.ne.jp/odaka/
このお店について書かれていたブログ
こちらも行かれた方のブログ
ありがたいことに、たくさんの方がブログにて紹介してくれています。

おかやま備前焼工房ー大正時代の商家を再生


足守まちなみ館ー古民家を展示館に復元

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

住宅相談の準備

7月13日(土)午前  今日の午後、先日 お会いしたご夫婦が 私の事務所に来られるので準備する。

住宅展示場に行かれハウスメーカーの住宅をご覧になられたそうで、一度 建築家の手がけた「木の家」も見て見たいとのことで、先日 私の設計した住宅を見ていただきました。

utiawase200711a.jpg


テーブルの上には、最近完成した住宅のアルバムや私の事務所で手がける住宅の考え方をまとめたファイルを並べています。

打ち合わせをする事務所の1階には、掲載された住宅雑誌やよく使う木や自然素材のサンプルも展示しています。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

軸組検査

7月11日(金)午前 岡山の木を使った、岡山市灘崎町で工事中の住宅の軸組検査に行きました。

mtei200711b.jpg


この住宅は、柱・梁材と床フローリング 他造作材のほとんどを岡山県産材を使っています。
岡山では県産の木を一定以上使うと補助金が出る制度があり、この住宅も20年度分の補助申請をしています。今日は午前中岡山県民局林政の担当者が現場に来て、使用材と木の含水率の検査があり、立ち会いました。

mtei200711a.jpg
含水率の検査ー補助制度では木材の狂いを避けるため、含水率25%以下の材の指定があります。

構造材では20%以下であれば充分乾燥しています。

天然乾燥の桧の柱と土台の含水率 20%
天然乾燥の松の梁材の含水率 17% でした。

mtei200711c.jpg


柱は新月伐採をし、山で葉枯し乾燥の後、倉庫で1年以上天然乾燥した桧、梁も1年上天然乾燥の後製材した松材です。

桧の柱には松の梁が色合いが合います。お互い「もち肌」のようです。
日が経つと飴色に艶が出てきます。

mtei200711d.jpg
2階ロフトの床部分ー座を下げています

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

住宅計画案の完成

住宅の計画依頼を受けていた、K邸のファーストプランが完成しました。

ktei200703a.jpg
数日前の計画の下書きーこの段階でほぼイメージは固まります。

Kさんの住宅はご両親の住宅に並んで新築増築になるので、計画に先立ちご両親の住宅平面をCAD入力しました。その後、本格的に計画案のスケッチに着手しました。

ktei200712a.jpg
K邸のファーストプランの完成

・南面の巾が狭く、東側はご両親の住宅が建っているので、陽が入る室のレイアウトが限定される
・リビングは東南に面し日当たりの条件は良い、ここからご両親の庭が見える、ウッドデッキもつける
・和室はリビングと一体化できるようにする
・玄関は真南(家相は良い)、1帖大のシューズクロークも併設、玄関ホールからリビングに入る
・ダイニングの上部は吹き抜けにし、2階の窓と天窓から光を取り込む、脇には暖炉設置
・キッチンの左右に廊下を設ける、右はご両親の住宅につながる、左は物干しにもなるサンテラス
・サンテラスは外部から格子で囲まれ、浴室からも出入りできる
・キッチンの奥は食品庫と洗面、バス、そして家事室
・2階は6帖大の広い子供室、可動壁により一体に使用できる
・南面の屋根はソーラーパネルが設置しやすい形状にする  などなど

ファーストプランはフェルトペンを使って、フリーハンドで平面、立面図をスケッチする。
この案は施主さんの希望をすべて取り入れた案ー床面積が大きくなりました。

そこで、面積をぐっと絞った別案も作成する。

今週末、Kさんご夫婦にお会いし、計画について説明します。
案を持ち帰ってもらい、次回 この案の感想、今後の計画の方向を相談します。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

棟上しましたー3

7月2日(水)岡山県 「新見の新月の木と岡山で製材した松の木」を生かした住宅の棟上の続き

最近は棟上のときに、餅投げをすることはなくなりましたが、建設会社さんの手配により開催しました。200枚ほど事前に告知のチラシを配られたので、5時の開始前から集まって来られました。

mtei200702b.jpg
餅投げの最中、たくさんのご近所の方に来ていただきました。
「これから、よろしくお願いします」餅投げ後は、なんだか ご近所の仲間になった感じがします。

ご近所の皆さん、特にお子さんや施主さんにも良い思い出になることでしょう。

mtei200702c.jpg
棟上の後、ご家族で記念写真

mtei200702d.jpg
雨に濡れないようにシートを掛ける。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

棟上しましたー2

7月2日(水)岡山県 「新見の新月の木と岡山で製材した松の木」を生かした住宅の棟上の続き

大工さんが棟上の作業をしている間、工事の邪魔にならないように気をつけながら、土台とアンカーボルト、ホールダウン金物の設置位置の検査を行う。


mtei200702h.jpg
土台はシロアリに強い 桧材 12cm角 この土台も新月伐採の木です。

mtei200702i.jpg


アンカーボルトの位置
・筋交いの両端の柱の近くー地震時柱の引き抜きが出るため、アンカーボルトを設置
・土台の端部
・土台の継ぎ手の上部側
・2.7M以内
・ホールダウウン金物の近く 等を確認  OKでした。
 
mtei200702g.jpg
四国 徳島県で製造された国産杉の下地合板

この住宅では、下地の合板も国産材の杉から製造した合板を使用し、国産材にこだわりました

なぜ、国産杉合板を使うのか?はこちらをご覧下さい

続く・・・次回は「棟上に餅投げしました」を報告します。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

ただ今、住宅プラン作成中

ご両親の住宅に並んで建てられる、住宅を計画しています。

計画敷地内に既存の住宅があるので、計画に先立ち今ある住宅をCADで作図をしました。

ktei200703b.jpg
1/100と1/50の1,2階平面図を作成

作図が完成したので、お客さんのご希望シートと見ながら、ただ今住宅の計画案を検討しています。

ktei200703a.jpg
鉛筆で描いては消しの繰り返し

CAD出力の図面の上に、トレーシングペーパーを乗せてスケッチをします。
私は、スケッチに使用するはシャープペンは特にこだわりません。
建材屋さんから頂いた安物のシャープペンです。
手は汚れるが、芯はこだわり2Bの濃い目を使用。

この段階ではフリーハンドで描いていきます。
頭の中のイメージの進み方と手で描くスピードは同じが良いので、ラフな描き方になります。

ここに行きつくまで、すでに何案も検討

・ 部屋のつながり
・ 陽の入り方
・ 風通し
・ 使い勝手、住みやすさ
・ 要望の諸室
・ こだわりヶ所の適否
・ 住宅の広さ
・ 外観の雰囲気

などなどイメージや検討しながら進みます。
この程度でも、頭の中ではかなり具体的にイメージしています。

途中で、妙案が浮かんだりします。

建築家の考える家は、条件が厳しいほど「楽しい住宅」になります。
かならず、正しい答えは見つかります。

案がまとまれば、黒のサインペンを使ってフリーハンドで清書します。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

学校の帰りに現場に寄る

7月3日(木)今日は午後から、建築の専門学校の設計製図の講義に行く。担当は2年生の製図課題の実習 課題は「学生寮 5階建て 鉄筋コンクリート造」で、学生はただ今CGにて外観を作成中。
多くの先生の指導により、カッコ良い作品になりつつあります。

夏の日は長いので、学校の帰りに工事中の現場に立ち寄る。

ytei200703a.jpg
外壁のモルタルを塗るための下地の防水シートが張られています。
この下は通気のための空気層があります。

内部も造作工事がかなり進みました。大工さんの工事も後少しです。

ytei200703b.jpg
リビングの階段廻りーダイニングを見る

紫色の下地ボードは、ホルムアルデヒドを吸収分解してくれる、吉野石膏の優れものの下地ボードです。
Q: なぜ紫色?  
A: 現場で普通のプラスターボード見分けがつきやすいように、紫色になっているそうです。

ytei200703c.jpg
2階の廊下のホール、正面はリビングの吹き抜け

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

棟上しました-1

7月2日(水)岡山県 「新見の新月の木と岡山で製材した松の木」を生かした住宅の棟上をしました。

柱は岡山の新見の田枝建設さんの山から、一昨年秋の新月に伐採され天然乾燥された桧の柱、梁材は岡山の天然乾燥にこだわる山渋製材所さんの松材を採用。天然乾燥の木は色艶も良いです。柱と梁材の構造フレームは4寸(12cm)と骨太の「生粋の岡山っ子の木」です。

木は成長とともに空気中のCO2を吸収して育ちます。そして、柱に使えるぐらいの40年以上の樹齢になるとCO2の吸収も止まります。自然はうまく出来ているものですね。

田枝建設さんでは、伐採後将来のために植林するそうです。
また木が育ち岡山県北のCO2を吸収し、環境に貢献してくれます。


田枝さんの「新見の木」についてはこちら

日本の森林を守るため、こうした試みに付加価値として炭素排出権として売買も可能になると良いと思います。日本の産業から出るCO2の排出権のため、海外の国の権利を買うのでなく、日本の森林から伐採され、その跡地を植林される木材に、蓄積CO2分の炭素価格を買ってもらい、山の保全に使えると良いと思います。

洞爺湖サミットもまじかになり、最近地球温暖化が何かと話題になります。

この住宅は、地域で伐採・製材された木を使っているので、まさに運搬にかかるCO2排出が最小限です。また木の乾燥も時間をかけて、自然の風による天然乾燥にこだわっているので、生産におけるCO2排出も最小限です。

あるハウスメーカーの住宅でCO2ゼロ?を宣伝していましたが、使われる部材の生産時に排出したCO2や遠方の工場から現場までの運送時に出るCO2はどうなの?

食べ物の「地産地消」ではないが、身近な環境にとって、建物も「地産地使」(地域で生産している材を地域で使う)のがおすすめです。

mtei200702e.jpg
延床面積 88.6㎡ 約27坪と少し小さめの住宅なので、いつもより早めに2階も立ち上がりました。

mtei200703a.jpg
2階床から階段ホールを見る

mtei200702a.jpg
階段踊り場の上の化粧の松の丸太

新見の田枝建設さんの倉庫に新月の木を見に行ったときに、倉庫の中で見つけたよく乾燥した松の丸太梁です。
S字カーブ曲がりの感じが良かったので、玄関を入って見上げると見える階段ホールの梁に採用しました。

(無垢材の構造材に見られる、割れは材の強度には影響はありません)

続く・・・

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif