FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新月の木(岡山の木)を生かした住宅の完成見学会

「新月の木(岡山の木)を生かした住宅の完成見学会」のチラシの原稿が完成しました-2

mteikenngakukai201210a.jpg

この住宅の完成見学会の開催
12月20日(土)から23日(火) AM10:00-PM4:00
場所 宇野線 迫川駅わき 東

mteitizu201210a.jpg


問い合わせ先 (有)宇川建築計画事務所 TEL086-265-9333
Email ugawa@mx3.tiki.ne.jp
田枝建設 ㈱ TEL0120-616-865


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
スポンサーサイト

新月の木(岡山の木)を生かした住宅の完成見学会の案内

「新月の木(岡山の木)を生かした住宅の完成見学会」のタウン情報誌の原稿が完成しました-1


mtei201205b.jpg

mtei201205g.jpg
階段の踊り場の書斎机、屋根の曲がった丸太梁は田枝建設さんの倉庫で見つけた丸太


この住宅の完成見学会の開催
12月20日(土)から23日(火) AM10:00-PM4:00
場所 宇野線 迫川駅わき 東

mteitizu201210a.jpg


問い合わせ先 (有)宇川建築計画事務所 TEL086-265-9333
Email ugawa@mx3.tiki.ne.jp
田枝建設 ㈱ TEL0120-616-865


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

西粟倉村に行って来ました

12月10日(水) 西粟倉村の木を使った住宅を建てるプロジェクトのプロポーザルの面接を受けに西粟倉村に行き、「西粟倉村の木の生かし方について」村長さんとお話しました。

この村には、FSC森林認証を受けた木がこれから製材して使えるようになるようです。
FSC認証ー森林を保全、育成などしっかり森林を管理された木を市場に供給する制度
岡山県では初めてで、全国でもまだ少ないですが、今後こうした取り組みがふえてくるでしょう。

FSC森林認証についてはこちらをご覧下さい

ぜひ村の取り組み頑張って欲しいと思います。

nisiawakura201210a.jpg

岡山市内から2時間少しで村に到着、以外に早く着いた。

午前中に面談が終わり、ここから15分で鳥取県智頭に行けるとのことで、昼から智頭の江戸時代からの商家(大正時代に大規模改修されたよう)石谷家を見るため、智頭に向かう。

残念ながら本日水曜日で内部は見学できなかったが、旧街道の街並みは堪能する。

tizu201210a.jpg

改めて石谷家の土間の大空間を見たいと思っています。

tizu201210b.jpg

「岡山の木」を生かした住宅の完成見学会の開催案内
12月20日(土)から23日(火) AM10:00-PM4:00
場所 宇野線 迫川駅わき 東

mteitizu201210a.jpg


問い合わせ先 (有)宇川建築計画事務所 TEL086-265-9333
Email ugawa@mx3.tiki.ne.jp
田枝建設 ㈱ TEL0120-616-865


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

新月の木を生かした住宅もうすぐ完成-2

完成が近い、新月の木を生かした住宅

新月の木とは、秋から冬の間の新月の時に伐採される木を「新月伐採」の木と呼びます。
この伐採方法は、月の満引きによる木の水分補給の自然のリズムより、こうして伐採した木材は腐りにくい、虫がつきにくいと言われています。最近は科学的根拠を言われる方もあり、かつてNHKでも放送されました。

新月に伐採された木は、枝が付いたまま、桧の場合3ヶ月間山に寝かし自然乾燥(葉枯らし乾燥)します。こうすると色合いも良い木になります。その後山から引き出し、荒挽きして倉庫に寝かし、時間をかけて含水率20パーセント以下になるまで自然乾燥させます。

今回この「新月の木」を使用した理由
・ 葉枯らし乾燥させ、自然乾燥の木であり、木の色艶が良い
・ 自然乾燥なので製材までのCO2排出量が少ない
・ 木の生えていた場所が分かるー正真正銘の岡山の木である
・ 「新月の木」なので何かロマンを感じる


新月の木については、私のブログのこちらをご覧下さい

mtei201205c.jpg

この住宅は88.6㎡ (26.8坪)のこじんまりした住宅です。
部屋の間仕切りは必要最低限にし、オープンな空間になっています。

mtei201205h.jpg
子供室(子供のエリア)まわりの2階のロフトを見る
実は、今お子さんも小さいので子供室も扉がありません、将来必要になればその時対応します。

この住宅の完成見学会の開催
12月20日(土)から23日(火) AM10:00-PM4:00
場所 宇野線 迫川駅わき 東

mteitizu201210a.jpg


問い合わせ先 (有)宇川建築計画事務所 TEL086-265-9333
Email ugawa@mx3.tiki.ne.jp
田枝建設 ㈱ TEL0120-616-865


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

新月の木を生かした住宅もうすぐ完成-1

12月8日(月)新月の木を生かした住宅もうすぐ完成します

現在 年末の完成に向けて、仕上工事をしています。

mtei201205a.jpg
1階の外壁は焼杉板貼り、2階部分はシックイ塗り
灘崎町の街にあわせた伝統的な和風をモチーフにした外観デザインです。

mtei201205j.jpg
2階の子供スペースー施主さんご夫婦が塗られた、珪藻土シックイの壁です。
上手に塗られていました。


mtei201205f.jpg
タイルや屋さんがイタリア製タイルを貼っています。
色は施主さんが選ばれたグリーンです。
イタリア等のヨーロッパのタイルは色が多少ムラがあり、手づくりの雰囲気あります。
国産タイルはキチットしていて、どうしても工場で製造した感じがします。

mtei201205e.jpg
手づくり洗面カウンターーカウンター天板は同じく、イタリア製のモザイクタイル

完成見学会の日時 決定しました
12月20日(土)から23日(火) AM10:00-PM4:00
場所 宇野線 迫川駅わき 東

mteitizu201210a.jpg


問い合わせ先 (有)宇川建築計画事務所 TEL086-265-9333
Email ugawa@mx3.tiki.ne.jp
田枝建設 ㈱ TEL0120-616-865


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

出雲で見た建築ー出雲大社 2

出雲大社見学の続き

izumotaisya201129b.jpg
最近発見された柱の根元の説明と天に昇る神殿復元図
ギリシャ時代のアテネの神殿におとらず
日本人の祖先の構想力もすごいです

高さ48mと推測、15階建てのビルに匹敵する木造建築物
木造はすごいゾ!!

izumotaisya201129c.jpg
本殿の外周部は一周できます。
横からみた神殿群は圧巻です。屋根は苔むし 作日 講演会で聞いた 出江先生の「木の素材は枯びるー美しくこびる。だからこうした建築は残る」 を実感する。

この木の枯びた様は日本人の持つ感性であろう。

出雲大社の謎についてはこちら

昼過ぎ岡山市内の現場で棟上検査に立ち会うため、急ぎ出雲から岡山に帰る。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

出雲で見た建築ー出雲大社 1

11月29日(土)目的の出雲大社を訪れる。

izumotaisya201129a.jpg
現在改修で内部は見れません

境内に入ると 菊竹さんの 昭和38年日本建築学会賞を受賞された「出雲大社の庁の舎」に出会う。

izumokikutake201129a.jpg

正面の壁のコンクリートパネル(PCパネル)の模様は出目地模様、裏のパネルは同じデザインで掘り込み模様  意味は?です。この建物が建った時代は、現代建築に日本の伝統様式を取り入れました。その代表作ともいえ、小さな建築ですが人の手の匠があります。45年たちますが末永く行き続けるでしょう。

新月伐採の木を生かした住宅の完成見学会開催します
12月20日から23日の間に予定しています
場所 岡山市灘崎町迫川 迫川駅そば
詳細は後日のせます


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

出雲で見た建築ー島根県立古代歴史博物館 2

島根県立古代歴史博物館の見学の続き

izumomaki201129d.jpg
正面から見えたガラスの箱の棟
案内カウンター、売店、セミナーコーナーなどになている

izumomaki201129e.jpg
ガラスの箱の先端 X型構造ブレース 
ところどころXフレームが点在いているが、理由は調べていません。

izumomaki201129f.jpg
建物を出ると奥に庭がある、庭からガラス棟の振り返り

コールテン鋼(錆びさした鉄板)と対比したコンクリート、ガラスが綺麗
素材の建築

izumomaki201129c.jpg
敷地の置くの体験実習棟、小さめな建築ですが こちらも良かったです。
外部は体験できる田、建物内は調理実習室のようです。

島根県の建築 一覧 こちらが豊富です

新月伐採の木を生かした住宅の完成見学会開催します
12月20日から23日の間に予定しています
場所 岡山市灘崎町迫川 迫川駅そば
詳細は後日のせます


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

出雲で見た建築ー島根県立古代歴史博物館 1

11月29日(土)松江から急ぎ出雲に向かう。山陰高速道路が開通していて思ったより早くつきました。(1時間はかからない)出雲大社に行く前、大社のすぐ脇に2007年開館した 槇さんの島根県立古代歴史博物館に立ち寄る。

先ほどまで降っていた雨が止む。この建築は良かったです。
敷地入り口から建物までの遠近感ーパースペクティブ が良い。
建築の遠近法では、イタリア ルネサンスの建築家 ブルネルスキーのった、フィレンツェの捨子寺院やパーティ家礼拝堂が有名であるが、ー建築は遠近感が大切ー改めて感じる。

izumomaki201129b.jpg

izumomaki201129a.jpg

敷地 入り口にある、小さなサイン棟、公衆便所もきっちりデザインされている(当然)
見ごたえありました。

izumomaki201129h.jpg

また、外部の空間・庭も良いです。
建築見学おすすめします。

島根県の建築 一覧 こちらが豊富です

新月伐採の木を使った住宅の完成見学会開催します
12月20日から23日の間に予定しています
場所 岡山市灘崎町迫川 迫川駅そば
詳細は後日のせます


参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。