FC2ブログ
2010
03.08

住宅エコポイントの申請始まる

Category: 建築事情
今日は新聞、テレビで住宅エコポイントの申請受付が始まったとのニュースが多い。
昨年末から住宅エコポイントについて講習会に行ったり、情報収集しているが日々内容が明らかになり今日から正式受付始まる。今日も現在工事中の住宅はエコポイントが取得できるか、必要な申請書類についてチェックする。

・現在工事中の赤磐の住宅リフォームの物件

窓の断熱改修 大が1ヶ所で18,000ポイント 小が3ヶ所で21,000ポイント  計39,000ポイント
断熱材  屋根・天井が30,000ポイント 床が50,000ポイント  計80,000ポイント
     外壁が1立米不足のようで100,000ポイント取得ならずー納品数量後日確認することとする
バリアフリー 浴室の手スリ設置で 5,000ポイント
       段差解消 2ヶ所で 10,000ポイント
現在の工事で 計 134,000ポイントになる。
施主さんにはちょっとしたボーナスになりそうです。

申請は住宅工事完成後になるが工事証明書、領収書のコピー、建材納品書、工事写真等必要。

リフォーム工事はエコポイントに該当すれば一部の工事でももらえます。
また、申請は新築住宅よりは簡単であるが、申請には35ページからなる手引書を読む必要あり、
専門的知識も必要で、素人の施主さんではちょっと難しいように思う。

詳しくは、ー住宅エコポイント事務局ーこちらをご覧下さい
      
・現在工事中の新築住宅2件と今設計中の住宅について検討する

新築住宅でエコポイント取得するにはエコポイント対象住宅証明書が必要で審査機関に申請が必要
申請には申請書の書類書きと図面添付が必要ー結構 手間と理解かかります
審査機関の申請手数料 31、500円も必要

基本的には住宅性能表示 省エネ等級4を満足すれば可能

等級4にするには
・断熱性能を上げる必要がある
・熱線反射ガラスに変更する必要ある
・東南西の窓の上に一部庇が必要  等でエコポイント取得するには、エコポイントで得られる300,000ポイント分
(30万円)ぐらいの追加工事は必要になる

そこでもう一つのエコポイント取得基準の省エネ法のトップランナー基準相当では可能か検討

工事中の住宅 1件は太陽光発電付、1件はガス発電エコWILL付
設計中住宅は太陽光発電予定

こちらは住宅設備により省エネ等級3でもエコポイント取得できる可能性あるが、算定用Webプログラムにて一次エネルギー消費量計算が必要になりちょっと面倒。

1月26日参加したハウスプラス中国住宅保証会社の講習会資料にてチェック(この講習会が役立つ)

(財)建築環境・省エネルギー機構のホームぺージから検討できる
シュミレーションで検討してみると太陽光発電ある場合は等級3でも該当しそう
ガスのエコWillの住宅でも等級3では設備の使用条件により何とか可能なケースもありかな?

ハウスプラス中国住宅保証会社に電話して可能性を聞くー等級3でも取得可能はあるとのこと

近々 一度シュミレーションデータと図面を持って、相談に行くことにする。
なんとか新築住宅の工事中の住宅もエコポイント取得できるようにしたい。

新築住宅でエコポイント300,000ポイント(30万円)取得するには、手間と費用かかりすぎではと思う。
リフォーム工事のように簡素化すべきと思う。


今日一日 住宅エコポイント関連のファイル整理と該当住宅のプログラム計算シュミレーションの検討に費やすことになる。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

スポンサーサイト