FC2ブログ
提案型住宅 クロスを張りはじめました
2012-04-23 Mon 22:12
yteimoderu240317a.jpg
この対案型住宅のモデルーSIMPLE NATURAL WHITE 
シンプルでモダンなタイプの外観の住宅


手頃な価格を想定したスモールプランタイプに和室を追加などし、ご希望に合わせて設計変更しました。


ytei240423h.jpg
玄関ポーチから見上げた、リズミカルな軒裏の化粧登り母屋

ただ今、倉敷市内でリフォーム工事をしている現場の帰りに、5月19日(土)20日(日)完成見学会を開催する、提案型住宅の現場に寄りました。木製内部建具も取りつき、だいぶ室内の様子が分かるようになりました。

ytei20120423b.jpg

リビング・ダイニングー現場ではクロス屋さんがボードの下地のパテ塗をし、クロスを張り始めました。

ytei240423e.jpg
キッチンからリビングと和室を見る

ytei240415f.jpg
廊下からリビングのドア

ytei240423f.jpg
玄関



ytei240415g.jpg 寝室
  
ytei240423g.jpg ペットのワンちゃんがいるので2階のトイレのクロスは犬の絵柄のクロスを選ばれました。

この住宅の完成見学会 5月19日(土)20日(日)
am10:00-pm5:00開催します、お気軽にお越しください。


yteitizu240423a.jpg
この住宅の場所ー倉敷市老松町4丁目 
この住宅団地は馬蹄形の区画になっていますが、かつて倉敷競馬場があったそうで、こんなめずらしい区画割になっています。

地図の場所はこちら

住まいのご相談はこちら
住宅の設計・監理ー(有)宇川建築計画事務所 岡山市南区豊成3-17-24 TEL086-265-9333
参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ   にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ  ninnkiblogbanner_04.1222.gif
スポンサーサイト
別窓 | 倉敷の提案型住宅 |
リフォーム工事の現場
2012-04-23 Mon 19:23
倉敷市内の鉄骨造のクリニックビルの3階の住宅部分を全面リフォームを進めています。
今日は化粧柱や梁の木部の色を決めに打ち合わせに行きました。

steirifomtennkai240412a.jpg

steirifomtennkai240412c.jpg
室内のインテリアイメージ

steirifom240423a.jpg
木の窓枠を造作中

steirifom240423b.jpg
制作キッチンの扉の見本が制作されてきたのでどちらにするか決定、材種は南洋のパインを使います。
カットされた化粧柱に3種類の色見本を制作、キッチンと化粧柱と梁の色を決定。

塗装はいつも使っている、木の着色で定評のあるプラネットカラ―を採用。
プラネットカラ―はドイツの塗料で高温多湿な日本向けに調合した塗料で、体に害がなく、耐久性も高いので室内の木部の塗装にはいつも採用しています。

プラネットカラ―は100%植物油とワックスを使用した純・自然塗料で、無垢材の特徴を最大限引き出し、人と環境に安全です。
プラネットについてはこちら


steirifom240423c.jpg
奥さんが使われる書斎机のタモ材の天板ー長さ3M、幅75㎝と立派
1階から3階まで大工さん総出で持ち上げたそうですーご苦労様でした

steirifom240423d.jpg
この奥の壁に取り付けます。

steirifom240423e.jpg
個室の造作もだいぶ進んでいます。
今まで窓には網戸が入ってなく、ビルの前の広い道路からの車の音もうるさいので、すべてのアルミサッシュの内側に、新たに網戸とトステムの内窓を取り付けます。

最近新聞でもよく見るトステムの内窓ーインプラスはこちら

住まいのご相談はこちら
住宅の設計・監理ー(有)宇川建築計画事務所 岡山市南区豊成3-17-24 TEL086-265-9333
参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ   にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ  ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | ビルの一部を洋風の住まいにリフォーム |
提案型住宅 内装の仕上を決める
2012-04-15 Sun 18:44
ただ今倉敷市内で、求めやすい提案型住宅の工事を進めています。

yteimoderu240317a.jpg 
建築家と創る家 2010
  『 SIMPLE NATURAL WHITE 』 PROJECT このモダンタイプの住宅をベースに計画をアレンジしています。
 
このプロジェクトについて 詳しくはこちらをご覧ください

yteielev240405a.jpg     工事を進めている住宅の外観

5月中旬すぎには見学会を予定しています。詳細は後日掲載します 

今日は 造作工事が進んだので、施主さんと監督さんと内装仕上材料を決める。

ytei240415a.jpg

ytei240415b.jpg
外観はまだシートに隠れています。外壁の色はホワイト色に決定。


ytei240415c.jpg
リビングから和室を見るー和室のクロスの選定にアドバイスする、リビングと続くのでモダンな和室を提案


ytei240415d.jpg
リビング・ダイニングの壁・天井は健康素材で定評のあるドイツ製 リボス社のオガファーザーを素地で張ます。

ytei240415e.jpg
2階の階段ホール

住まいのご相談はこちら
住宅の設計・監理ー(有)宇川建築計画事務所 岡山市南区豊成3-17-24 TEL086-265-9333
参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ   にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ  ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | 倉敷の提案型住宅 |
井原市高屋町の住宅完成GALLEERY
2012-04-14 Sat 09:30
『ガレージのある家』に続いて今年の3月に井原市高屋町で住宅完成見学会
を行った住宅『古民家風の家』を紹介します。

(1)koma240413.jpg
↑南側外観
岡山と広島の県境を跨いで流れる高屋川に面する、豊かな自然の風景に
白壁と焼杉板の黒壁が調和して、古き良き昔のどこか懐かしい雰囲気
を感じられる『古民家風』の住宅です。

    (2)koma240413.jpg  (3)koma240413.jpg  (4)koma240413.jpg

(5)koma240413.jpg  (6)koma240413.jpg  (7)koma240413.jpg  
↑その他の外観写真(クリックで拡大)

(8)koma240413.jpg
↑ポーチ
軒裏や垂木、バルコニーの手摺格子等の外部の木部から室内の柱、梁、
造作家具や建具に至るまで木部の塗装に柿渋を塗り、レトロで落着いた
空間をしつらえた家になっています。

(9)koma240413.jpg
↑ポーチ床
ポーチの床は豆砂利洗出しで仕上げ、中央には施主様がお持ちになられていた
器のカケラを埋め込んでデザインしました。

(12)koma240413.jpg
↑玄関ホール
玄関ホールの床は豆砂利洗出し仕上げの中に『おはじき』を埋め込みました。
玄関の引戸も古民家のイメージを考慮して格子をデザインして造作しました。

(11)koma240413.jpg
↑内部建具
玄関引戸とのデザインの調和を考えつつ格子の入れ方に少し変化をもたせています。
建具のガラスは和紙入りガラスを使用しています。

(13)koma240413.jpg  (14)koma240413.jpg  (10)koma240413.jpg
↑その他の玄関ホール写真(クリックで拡大)

(15)koma240413.jpg
↑リビングの吹抜
玄関ホールからリビングへ入ると天井の高い吹抜になっています。
2階の床を支える化粧梁や屋根を支える松の化粧丸太が見え、開放的な
室内空間になっています。

(18)koma240413.jpg
↑リビング・ダイニング
リビング奥に見えている和室の建具は伝統的な『和』のデザイン建具『舞良戸(まいらど)』
を取り入れました。

(19)koma240413.jpg
↑リビング・ダイニング
室内の床は桧のフローリングを柿渋で塗装し、仕上げに天然エコワックスを塗っています。
天然エコワックスは赤ちゃんが舐めても大丈夫なくらい安全なワックスで全て天然素材を
混合したものです。これを塗ると撥水性、耐久性が得られます。

(17)koma240413.jpg  (20)koma240413.jpg  (21)koma240413.jpg

(16)koma240413.jpg  (22)koma240413.jpg
↑その他のリビング・ダイニング写真(クリックで拡大)

(23)koma240413.jpg
↑キッチン
キッチンのカウンターは松の厚板で造作し、床からの高さを700mmとすることで、
家族そろって食事のできるダイニングテーブルにもなっています。
キッチンの壁にはカラフルな色のガラスモザイクタイルを貼っています。

    (25)koma240413.jpg  (27)koma240413.jpg  

(24)koma240413.jpg  (26)koma240413.jpg  (28koma240413.jpg
↑その他のキッチン写真(クリックで拡大)

(29)koma240413.jpg
↑和室
レトロなデザインの照明器具は東京で手づくりで照明器具を
作っておられる後藤照明㈱さんの商品を採用しました。

(30)koma240413.jpg  (31)koma240413.jpg  (32)koma240413.jpg
↑その他の和室写真(クリックで拡大)

(34)koma0240413.jpg
↑吹抜
壁際には松の厚板で造作したテレビ台を配置しています。
壁には施主様がインターネットで購入されたオーダーガラス板を嵌め込みました。

(33)koma240413.jpg  (35)koma240413.jpg  (36)koma240413.jpg

(37)koma240413.jpg  (38)koma240413.jpg  (40)koma240413.jpg
↑その他の吹抜写真(クリックで拡大)

(39)koma240413.jpg
↑2階ホール

(41)koma240413.jpg
↑子供部屋から吹抜を見る

(42)koma240413.jpg
↑子供部屋
子供部屋の建具にも施主様がインターネットで購入されたオーダーガラス板
嵌め込んでいます。

(45)koma240413.jpg  (43)koma240413.jpg  (44)koma240413.jpg
↑その他の階段、子供部屋写真(クリックで拡大)

(47)koma240413.jpg
↑階段下手洗いコーナー
階段下はトイレ用の手洗いコーナーとして利用しました。
手洗器や鏡も施主様がご自身でインタネットで探され購入されました。
天板のタイルは備前焼作家の手づくりタイルを貼りました。

(48)koma240413.jpg  (46)koma240413.jpg  (49)koma240413.jpg

(50)koma240413.jpg  (51)koma240413.jpg
↑その他のトイレ、洗面、浴室写真(クリックで拡大)
浴槽は優れた耐久性と保温性、そして入った時のなめらかな肌触りのよさが特徴
鋳物ホーロー浴槽を採用しました。


以上で『古民家風の家』の紹介を終わります。



住まいのご相談はこちら
住宅の設計・監理ー(有)宇川建築計画事務所 岡山市南区豊成3-17-24 TEL086-265-9333
参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ   にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ  ninnkiblogbanner_04.1222.gif



別窓 | 住宅の見学会 |
津山市新田の住宅完成GALLEERY
2012-04-13 Fri 09:30
『焼杉板の家』に続いて今年の1月に津山市新田で住宅完成見学会を
行った住宅『ガレージのある家』を紹介します。

(1)ando240412.jpg
↑南側外観
山の麓に広がるのどかな田園風景に良く似合う切妻屋根と広いガレージのある住宅です。
木造ガレージは2台分の駐車スペースを確保し、構造の梁は表しで使用しています。
ガレージの軒裏には杉の化粧板を貼っています。

(3)ando240412.jpg  (4)ando240412.jpg  (2)ando240412.jpg  
↑その他の外観写真(クリックで拡大)

(5)ando240412.jpg
↑バルコニー手摺格子
バルコニーの手摺格子は木製で、木材保護塗料キシラデコールで塗装しています。
白い外壁に対して木製の格子が外観デザインのアクセントになっています。

(6)ando240412.jpg  (7)ando240412.jpg  (8)ando240412.jpg
↑その他の外観部分写真(クリックで拡大)

(9)ando240412.jpg
↑ポーチ
ポーチの床には滑りにくいイタリア製の輸入タイルを貼っています。
車椅子でのアプローチも考慮して、スロープを設けました。

(10)ando240412.jpg
↑玄関ホール
玄関の式台には松の厚板を使用しています。
また、靴の履き替えに便利なベンチと飾棚を兼ねた手作りの手摺も設置しました。

(12)ando240412.jpg
↑リビング・ダイニング
リビング・ダイニングの天井は構造の梁を化粧で表しにしています。
床は床暖房に対応した無垢の松フローリングを貼っています。

    (13)ando240412.jpg  (11)ando240412.jpg  (14)ando240412.jpg

(15)ando240412.jpg  (16)ando240412.jpg  (18)ando240412.jpg
↑その他のリビング・ダイニング写真(クリックで拡大)

(17)ando240412.jpg
↑キッチンカウンター
カウンターの天板は松の厚板です。カウンター脇の棚も松板で造作し、
白い壁の部分はマグネットにも対応したホワイトボードになっています。

(19)ando240412.jpg
↑和室
小上りの和室は、床の高さをリビングの床よりも400mm高くすることで、ちょっとした
腰掛としても利用できたり、引き出し収納を確保することもできました。

(22)ando240412.jpg
↑階段下家事スペース
階段下のスペースは机と棚を設けた家事スペースや物入れとして、
無駄なく利用しています。

(21)ando240412.jpg  (23)ando240412.jpg  (20)ando240412.jpg
↑その他の和室、廊下写真(クリックで拡大)

(24)ando240412.jpg
↑寝室
寝室のブルーの壁は珪藻土塗壁です。
壁面の木枠内には家づくりの思い出として家族の手形を押しています。

(26)ando240412.jpg
↑洋室
洋室は勾配天井として化粧梁を見せています。
また、ウッドデッキへ出られる設けました。

(27)ando240412.jpg
↑洋室の開口部(クリックで拡大)
洋室の全開口折りたたみ窓を開けた様子です。

(29)ando240412.jpg
↑階段ホール
階段ホールにはトップライトを設置し、自然光の明るい光が1階まで届くようになっています。
階段脇の手摺壁は本棚としても使えるようになっています。

(28)ando240412.jpg  (30)ando240412.jpg  (31)ando240412.jpg
↑その他の階段ホール写真(クリックで拡大)

(32)ando240412.jpg
↑子供室
南に面する子供部屋は現在は2間続きになっています。
将来部屋を区切れば2部屋として別々に使用することも可能です。

(35)ando240412.jpg  (33)ando240412.jpg  (34)ando240412.jpg  
↑その他の子供室写真(クリックで拡大)

(36)ando240412.jpg  (37)ando240412.jpg  (38)ando240412.jpg
↑洗面室、トイレの写真(クリックで拡大)

以上で『ガレージのある家』の紹介を終わります。

次回は井原に完成した『古民家風の家』を紹介予定です。


住まいのご相談はこちら
住宅の設計・監理ー(有)宇川建築計画事務所 岡山市南区豊成3-17-24 TEL086-265-9333
参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ   にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ  ninnkiblogbanner_04.1222.gif

別窓 | 住宅の見学会 |
電気設備の位置の打ち合わせ
2012-04-12 Thu 22:10
壁天井の下地組みが進んだので、コンセントや照明器具とスイッチ、テレビ、LANなどの位置を施主さんに確認してもらう。

steirifomtennkai240412a.jpg
室内の完成イメージ


steirifom240412a.jpg

steirifom240412b.jpg
柱や梁が組み立てられたので、少し室内のイメージが見えてきました。
柱根元は金物でコンクリートの床に固定し、梁は柱と金物で接合し、天井の軸組と固定します。

steirifom240412c.jpg

steirifom240412e.jpg
柱・梁の隅と面は、大工さんが手加工でラフな感じに刻みを入れました。

制作するキッチンの打ち合わせを木工屋さんと打ち合わせをする。
現場を実測し、施主さんのご希望を聞き、再度キッチンの詳細図を2案作成し、サイズや収納の仕方、機器類、タイルの打ち合わせをする。

steikittinn240412d.jpg 化粧台の天板に貼る、大理石タイルとモザイク

steikittinn240412a.jpg 決定したキッチンの平面

steikittinn240412b.jpg  キッチンの室内

steikittinn240412c.jpg 
キッチンの壁に貼るタイルー白いタイルに魚の絵柄タイルを数枚配置します

住まいのご相談はこちら
住宅の設計・監理ー(有)宇川建築計画事務所 岡山市南区豊成3-17-24 TEL086-265-9333
参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ   にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ  ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | ビルの一部を洋風の住まいにリフォーム |
久米郡美咲町の住宅完成GALLEERY
2012-04-12 Thu 09:30
『吹抜のある家』に続いて昨年の12月に久米郡美咲町で住宅完成見学会を
行った住宅『焼杉板の家』を紹介します。

(1)naka240411.jpg
↑南側からの外観
周囲を自然豊かな山々が取り囲むのどかな住宅団地の一角に建てられた
白い外壁と黒い焼杉板が調和する平屋の和風住宅です。

(2)naka240411.jpg   (3)naka240411.jpg   (4)naka240411.jpg

(9)naka240411.jpg (5)maka240411.jpg (6)naka240411.jpg (7)naka240411.jpg
↑その他の外観写真(クリックで拡大)

(8)naka240411.jpg
↑妻飾り
東と西側に取り付けた木製の妻飾りです。
真中の木にはアクセントとして赤いラインの溝を彫っています。

(10)naka240411.jpg
↑玄関ポーチ床
玄関ポーチの床は豆砂利洗出し仕上げとし、御影石を埋め込んでいます。

(11)naka240411.jpg
↑玄関ホール
玄関ホールの床は御影石を貼っています。
式台は皮付の松厚板、フローリングは桧を貼っています。

(12)naka240411.jpg
↑玄関ホール
玄関の建具もこの家の雰囲気に合うように考えて造作しました。
レトロなデザインの照明器具は東京で手づくりで照明器具を
作っておられる後藤照明㈱さんの商品を採用しました。

(13)naka240411.jpg
↑リビング・ダイニング
リビング・ダイニングには力強い松の化粧丸太を掛け渡しています。
小屋裏空間を室内に取り込むことで天井を高くし、平屋でありながら
開放感のある広々とした空間になっています。
壁際には大工さん手づくりの棚を設けています。

(14)naka240411.jpg
↑リビング・ダイニング

(16)naka240411.jpg  (15)naka240411.jpg  (17)naka240411.jpg  
↑その他のリビング・ダイニング写真(クリックで拡大)
キッチンカウンターには厚さが約60mmもある皮付きの松厚板を使用しています。

(19)naka240411.jpg
↑図書コーナー
図書コーナーには壁面いっぱいに杉板で造作した背の高い本棚と、天板を
皮付き松厚板で造作した机を配置しているので、ここでお子さんが揃って
勉強することもできる場所になっています。

(18)naka240411.jpg
↑書斎
図書コーナーの脇には小上りの書斎を設けています。
お子さんたちが隣で勉強している様子を伺いなら一緒に読書や仕事のできる
スペースとなっています。

(22)naka240411.jpg
↑図書コーナーからロフトを見る
図書コーナーには腰屋根にすることで生まれたハイサイドライトのある
広いロフト空間へつながるハシゴがあります。
広いロフトは子供たちの隠れ家的な遊び場や、収納としても利用できます。

(21)naka240411.jpg  (23)naka240411.jpg
↑ロフトへ上がるハシゴと杉板造作本棚(クリックで拡大)


(24)naka240411.jpg
↑ロフトから図書コーナーを見る
ハシゴも大工さんによる手作り品

(25)naka240411.jpg
↑子供部屋
子供部屋は将来、部屋を区切って使用することも可能なように出入り口や
照明器具をそれぞれに設けています。
壁の珪藻土塗り壁は施主様がご自身で塗られました。

(26)naka240411.jpg
↑寝室
寝室の窓は出窓になっており、窓の両サイドには造作の飾り棚を設置しました。

(27)naka240411.jpg
↑寝室
寝室以外の部屋もそうですが、居室の天井には杉の化粧板を貼っています。

(31)naka240411.jpg
↑廊下
廊下のレトロなデザインの照明器具も家の雰囲気と良く合っていて、
とても趣きが感じられます。

(29)naka240411.jpg  (30)naka240411.jpg  (33)naka240411.jpg

(32)naka240411.jpg  (35)naka240411.jpg  (34)naka240411.jpg
↑廊下、トイレ、信楽焼きの手洗器等(クリックで拡大)

以上で『焼杉板の家』の紹介を終わります。

次回は津山に完成した『ガレージのある家』を紹介予定です。


住まいのご相談はこちら
住宅の設計・監理ー(有)宇川建築計画事務所 岡山市南区豊成3-17-24 TEL086-265-9333
参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ   にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ  ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | 住宅の見学会 |
化粧の柱と梁が取りつきました
2012-04-05 Thu 21:40
このリフォームのインテリアの主役となる化粧の柱と梁が組み始めました。

steirifomtennkai240412c.jpg
制作キッチンの室内イメージ

steirifomtennkai240412a.jpg
ダイニングの室内のイメージ

steirifom240405a.jpg
化粧の柱と梁が取り付けられました。壁、天井は既存の下地の上に、体に有害なホルムアルデヒドを吸着してくれる吉野石膏の下地のハイクリンボードを貼ります。

steirifom240405b.jpg
リビングの様子
解体を進めると、3階建て鉄骨造の建物で3階の天井裏に断熱材が入っていない事を発見する。
急きょ、断熱材を挿入できるように天井のボードをはがす。
断熱材を設置後、取り外したボードは元のように直し、その上からハイクリーンボードを貼ります。

 steirifom240405c.jpg
現場に運び込まれた、断熱材のグラスウールと下地ボードのハイクリンボード

住まいのご相談はこちら
住宅の設計・監理ー(有)宇川建築計画事務所 岡山市南区豊成3-17-24 TEL086-265-9333
参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ   にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ  ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | ビルの一部を洋風の住まいにリフォーム |
提案型住宅 造作工事が進みました
2012-04-05 Thu 21:07
求めやすい価格でこだわりの住宅を実現できる、提案型住宅を倉敷市内で建設しています。
5月の完成に向けて、ただ今大工さんが造作工事を進めています。

  yteielev240405a.jpg   yteielev240405b.jpg
モダンなシンプルな外観

ytei240405a.jpg
シートに覆われてまだ道路からは外観が見えません。

ytei240405b.jpg
スタッフが図面と合っているか照合しています。
下地ボードも貼られ室内の様子が分かります。天井には杉の化粧梁が見えます。

私の事務所で採用する下地ボードは、シックハウスの原因になる体に有害なホルムアルデヒドを吸着してくれる優れものの、吉野石膏のハイクリーンボードを貼っています。一般のプラスターボードと間違えないよう、ボードの色は少し紫色になっています。このボードの上にクロス張や珪藻土塗りで仕上ます。

ハイクリーンボードについてはこちら

ytei240405c.jpg
リビングと一体に続く和室、畳の高さはリビングから40センチ高くしています。
床下にはリビングから使える、引き出し式収納を設けます。

ytei240405d.jpg
外壁にモルタル塗下地となるラス板、その下は基礎から屋根に空気が抜ける空気層のある、外壁通気工法を採用、その下に防水・防湿シートを張っています。。
軒の出は日差しを遮るように1Mと深くしています。

ytei240405e.jpg
ラス板の上から、もう1枚防水のためアスファルトフェルトを張ります。

5月に完成したら見学会を開催します。見学ご希望の方は下記まで連絡ください、日時が決まればご案内します。

住まいのご相談はこちら
住宅の設計・監理ー(有)宇川建築計画事務所 岡山市南区豊成3-17-24 TEL086-265-9333
参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ   にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ  ninnkiblogbanner_04.1222.gif
別窓 | 倉敷の提案型住宅 |
岡山市平野の住宅完成GALLEERY
2012-04-03 Tue 09:00
昨年の12月から今年の1月にかけて岡山市、美咲町、津山市の
3ヶ所で住宅完成見学会を行った住宅の完成写真を順じ紹介します。

まず始めは昨年12月10日・11日に岡山市平野で完成見学会をした
『吹抜のある家』を紹介します。

1nateigaikann02240201.jpg
↑北側からの外観
白い外壁と白い内壁のインテリアに松、杉、桧などの無垢の木が栄える
ナチュラルでモダンなデザインの住宅です。

8nateigenkan01240201.jpg
↑玄関建具
木製の建具は全て家のイメージに合うようにデザインしました。
この家では縦のラインをデザインモチーフとし、モダンでシャープなイメージ
を心がけてデザインを行いました。

10nateigenkan02240201.jpg
↑玄関ホール
玄関ホール正面の壁は杉板を貼り、縦方向に飾棚を設け両サイドにはピンク色の
ガラスブロックを嵌め込んだデザイン壁です。
また、靴の履き替えに便利なベンチと飾棚を兼ねた手作りの手摺も設置しました。

7nateigaikann07240201.jpg  9nateigenkan03240201.jpg  11nateigenkan04240201.jpg
↑玄関廻りその他の写真(クリックで拡大)

13nateigenkan05240201.jpg
↑1階廊下
玄関ホールからリビングまで続く廊下正面の壁にもデザイン的な繋がりを
持たせるために一部を杉板貼にしてガラスブロックを嵌め込みました。
白い壁は調湿効果も期待できる珪藻土塗壁です。

23nateidaininngu02240201.jpg
↑リビングからキッチン方向を見る
リビング・ダイニングに吹抜と階段を配置し、吹抜を通して2階から1階まで
自然光が届く明るく開放的な空間になっています。

17nateidaininngu04240201.jpg
↑リビングから和室方向を見る
リビングと和室を間仕切る戸襖は壁の中に収納式になっているため、普段は
リビングと和室を一体で使用し、必要に応じて間仕切ることができます。
   
18nateidaininngu05240201.jpg 19nateidaininngu01240201.jpg 20nateifukinuke01240201.jpg
↑戸襖収納時        ↑戸襖使用時        ↑階段・吹抜

12nateidoa01240201.jpg  14nateidoa02240201.jpg  15nateitoire01240201.jpg  16nateisennmenn01240201.jpg
↑シューズクロークの扉  ↑トイレの扉     ↑トイレ       ↑造作洗面カウンター

2nateigaikann01240201.jpg
↑南側からの外観
バルコニーの手摺に木製の横格子を取り付けました。
外壁の仕上はひび割れのでないノンクラックモルタル塗りの上に、アクリルリシン吹付です。

25nateidaininngu03240201.jpg
↑ダイニング(吹抜・階段)
床には床暖房に対応した松のフローリングを貼っています。
床暖房はガスを熱源とした温水式床暖房を採用しました。

26nateiribinngu01240201.jpg
↑リビング
壁際には天板に松の厚板を使用した造作のTV台を設置しました。

21nateidaininngu06240201.jpg
↑リビングから和室を見る
間仕切りの戸襖を壁の中に収納できるので、普段はリビングと和室を
一体的に使用できます。

22nateiwasitu01240201.jpg
↑1階和室
吊押入の下にある障子もこの家に合わせて桟の入れ方をデザインしています。

28nateifukinuke04240201.jpg
↑吹抜を見上げる
吹抜上部には電動開閉式のトップライトを設け、光と風が抜けるように計画しています。
電動式のロールスクリーン付なので入射する光の量を調整する事もできます。

29nateifukinuke02240201.jpg
↑階段から2階を見上げる

3nateigaikann03240201.jpg
↑南側からの外観

4nateigaikann05240201.jpg  5nateigaikann04240201.jpg  6nateigaikann06240201.jpg
↑その他の外観(クリックで拡大)

30nateifukinuke03240201.jpg
↑階段で1階から2階へ
階段を配置した吹抜の上部の天井は登り梁を利用して勾配天井になっている
ため天井高が高く開放感があります。
トップライトや南側ハイサイドライトから入る自然光によって明るい空間に
なっています。

35natei2kairouka01240201.jpg
↑2階廊下から奥のホールを見る
廊下の奥にはスタディーコーナーとしても使えるホールがあります。
廊下とホールの境には建具もあり、間仕切る事もできます。
吹抜に面した手摺付の腰壁は本棚としての機能も備えています。

36natei2kairouka02240201.jpg  31natei2kairouka03240201.jpg  33natei2kairouka04240201.jpg
↑建具を開けた様子    ↑建具を閉めた様子    ↑手摺付腰壁兼本棚

32natei2kaihooru01240201.jpg
↑2階ホール
机の天板は松の厚板、本棚は杉板で造作し、家族が共同で使える
スタディーコーナーになっています。

34natei2kairofuto01240201.jpg
↑2階ホールからロフトへ上がるハシゴ
勾配天井による天井の高さを活かして収納や子供たちの遊び部屋にもなる
ロフトスペースを設けました。

37natei2kaisinnsitu01240201.jpg
↑2階和室
2階和室の天井は上部がロフトスペースになっているので
ロフトの床板をそのまま表しとして利用しました。

38nateikodomositu01240201.jpg
↑子供部屋
子供部屋も勾配天井により縦方向に空間の広がりを持たせました。
また、1階の屋根を少し持ち上げたことによって子供部屋に大容量の
小屋裏収納を設けることができました。
左下に見えているのが小屋裏収納用の建具です。

以上で『吹抜のある家』の紹介を終わります。

次回は美咲町に完成した『焼杉板の家』を紹介予定です。

住まいづくりをお考えの方や住まいのご相談は
 お気軽にお問い合わせください。


(有)宇川建築計画事務所

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

別窓 | 住宅の見学会 |
| 岡山で住宅の設計をする建築家ブログ |