FC2ブログ
2018
06.18

大阪に地震が起こり、ブロック塀が転倒し女の子がなくなる

平成30年6月18日 日曜日が終わり、新しい週の月曜日が始まったばかりの午前8時に、大阪で震度6弱の大きな地震が発生しました。私の住んでいる岡山市のマンション9階でも、大きく建物が揺れました。

大阪地震300618a

昨日は関東で大きな地震が起きた翌日に、関西ではより大きな地震M6.1が続けて発生して、今日はテレビニュースを一日見ていました。関東直下型地震、東海地震、南海地震が近々起きる予感がするのは、私だけでないと思います。

大阪地震300618b


地震の原因は有馬ー高槻活断層の歪によると報道がありました。活断層は全国にあるので、同程度の地震はどこに起きても不思議ではないです。いずれにしても、東海地震、南海地震の原因になるプレートの歪が内陸部の各地の活断層にしわ寄せが来ているのでしょう。
大阪地震300618c

この大阪の地震では、高槻の小学校のプールの塀が転倒して、登校途中の9才の女の子が犠牲になったのは、心が痛みます。
大阪地震300618d

倒壊する前の、絵が描かれていたプールの擁壁とブロック塀
小学校プールの壁300618b
この塀を見ると私たち建築をしているものからは、ちょっとした地震が来ると倒壊するのではと、不安を感じます。
「なぜ、壁画を書くとき、誰も倒壊する危険性を感じなかったのか?」
ブロック塀の代わりに生垣にするとか、軽いアルミフェンスにして擁壁のみに絵を描くとか、配慮が悔やまれます。

報道ではブロックの塀の高さは1.8Mとのことで、建築基準法施行令61条の「粗石像の塀」では、ブロック塀の高さは1.2M以下とし、壁の厚さは高さの10分の1以上必要。塀の高さが1.2Mならブロックの厚さ12cm以上必要になります。

塀の長さが4M以上あれば「控え壁」が要ります。ただし壁の厚さが高さの10分の1の1.5倍あれば、この限りでないとされています。ブロック塀の地震時の揺れ倒壊実験では、控え壁のないブロック塀はすぐ倒壊してしまいますが、控え壁のあるブロック塀は倒壊を免れています。

また、ブロック積みの鉄筋の仕様も決められています。
ブロック塀300618c

なお、建築基準法施行令第62条の8の「塀」で、ブロック塀の高さは2.2Mまでとされています。

ブロック塀300618a

ブロック塀300618b

コンクリートの擁壁の上に、ブロック塀を載せる場合は、地震が起きた場合塀はより危険になるので、日本建築学会規準では擁壁高さ1M以上の場合は、ブロック塀の高さは1.2M以下としています。ニュースでは擁壁の高さ1.9M、塀の高さ1.8Mとのことで、規準を大きくオーバーしています。
プールを使用していた時で、子供たちが塀際で休んでいて、プール側に転倒したら、と思うと!!
擁壁の上のブロック塀300618c
民間施設ならともかく、教育施設でこんな状態のブロック塀があるなど、ある意味 「人災」とも言えます。
塀に絵を描くとき、皆さんで検討したと思います。その時、安全面に気になる方いなかったのか?教員会には建築専門の施設担当者いたはずですが?

小さな女の子の不幸を思うと、「安全があってデザイン」です!!

住宅団地などの住宅区画に見られる、高さのある擁壁の上にあるブロック塀は、地震ではより倒壊の危険があります。
敷地に控え壁を設けるスペースがない場合、ブロック塀の一部を鉄筋コンクリートの塀にして補強する方法もあります。
身近の周りの危険性を確認したいものです。

今回の大阪の地震でも、建物の被害はありました。

以下は、名古屋工業大学 井戸田研究室・寺田研究室他/監修・制作の地震の強さと被害の様子
1.0が現在の建築基準法レベルの建築構造強度の建物
今回倒壊したお寺などの構造の脆弱な建造物は0.4程度以下の強度評価を想定され、6弱の地震では表のよう倒壊します。
耐震評点と被害レベル300618
現在の建築基準法レベルの構造強度とはー6強程度の大きな地震が起きた時に、中にいた人の命が助かるレベルです。
近々来るとされる関東直下型地震、東海地震、南海地震に備えて、1.3以上の強い建物が望まれます。2000年以前の木造住宅では「耐震診断」を行い「耐震補強」工事を望まれます。

住まいづくりをお考えの方や住まいのご相談は
 お気軽にお問い合わせください。


(有)宇川建築計画事務所   〒700-0942 岡山市南区豊成3-17-24
TEL 086-265-9333 FAX 086-265-9334 E-mail ugawa@mx3.tiki.ne.jp

hpnew250206a170p.jpg    新しいホームページはこちらから

rifoomuhp170p250206a.jpg   住宅のリフォーム専門のホームページはこちらから

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif


スポンサーサイト