FC2ブログ
2008
03.01

「住宅リフォームセミナー」で戸建住宅について講演してきました-1

平成20年3月1日 (土) 岡山県立図書館にて「住宅リフォームセミナー」があり、岡山で住宅設計・リフォーム設計をしている建築家3人が リフォームについて講演しました。

このセミナーは 岡山県住宅リフォーム推進協議会が主催し、会では最近 よく問題になっている悪徳リフォーム、リフォーム工事のトラブルなどを防ぐ目的で組織され、岡山県内の建築系7団体、消費生活センター、NPO団体、岡山県土木部から組織された団体です。現在、政府は各県に1箇所以上こうした公的機関の会を設置するよう進めています。

岡山県住宅リフォーム推進協議会では、正しいリフォーム工事を知っていただく住宅セミナー・講演会の開催やリフォーム無料相談会の開催をしています。

その活動の一貫として本日「住宅リフォームセミナー」が開催されました。PR活動時間が短かったのですが、40人ぐらいの一般参加者があり盛り上がりました。皆さん関心が高かったです。

私はこのセミナーで戸建住宅のリフォームについて、45分ぐらい設計監理の実例を見ていただきながら話をしました。

rifoumu200301a.jpg


今後、何回かに分けて講演内容をUPしようと思います。

最近5年間の間に建替えられた住宅の寿命日本の住宅の寿命(内は建物の使われる年数)

アメリカの住宅の平均寿命が約44年(103年)
イギリスの住宅の平均寿命が約75年(141年)
日本の家は平均約26年 (30年)

よく知られていることですが、建物が26年でゴミにして償却しているとは、あまりに日本は短いです。環境破壊、資源の無駄づかいでもあり、当然ですが今後はもっと長く建物を使わなければなりません。

その点でも、住宅をリフォームして長く使うことは意義があります。

rifoumusedai200301a.jpg


平成18年度「住宅市場動向調査報告」国土交通省 の調査によると、住宅のリフォームを最近された方は50代 60代以上の方が多いようです。こうした世代のニーズが高いので、悪徳リフォーム業者が高齢者をターゲットにします。

10年ぐらい前は、建築の設計事務所に住宅リフォームに相談に来られる方は皆無でしたが、私の事務所でも最近はリフォームの依頼が増えてきました。その中でも上の調査にあるように60代前後の団塊の世代の方の依頼が6割ぐらいあります。

定年を迎えて、今までと違う「ゆったりした暮らし」「老後(少し早いが)を楽しみたい」暮らしやすく、安全な住まい」こんなご希望が多いです。

本日のセミナーはこうした世代の方もたくさん参加していただきました。
セミナーのあと質疑もたくさん出ました。

■■会場での年配の奥さんの意見

築30年ぐらいの Pホームで建てたプレハブ住宅をリフォームしたい。
昔建てた家なので寒い。
Pホームのメーカーに相談したが親切に対応してくれない。

営業(結構上のほうの方らしい)の方に相談受付となったが、めんどくさいのかあまり対応してくれない。とのこと。
金額のかさばらない住宅なら、仕事として避けたい様子ありあり、とのこと。

ハウスメーカーさんにはかなり立腹されていました。

A メーカーさんの従業員は皆そんな方ばかりではないです。
営業畑の方でなく、設計をされている建築士の方にお会いし、困窮を訴えてみては。
技術者や建築士はまじめな方います。そんな方を捕まえてみてください。

良い出会いを望みます。
(岡山県住宅リフォーム推進協議会では公的機関ですので、原則として、特定の方を業務目的の紹介はできません)

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

スポンサーサイト




トラックバックURL
http://ugawa.blog77.fc2.com/tb.php/146-0224ec9c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する