FC2ブログ
2006
12.10

コーポラティブ住宅見学ー2006年12月10日

NPO法人まちづくり推進機構岡山の主催で、COM計画研究所さんがコーデネートした、大阪の富田林のコーポラティブ住宅の見学に行きました。朝7:30岡山を大型バスで出発、10:30に富田林着、COMの山脇さんの案内で街並みを見学する。富田林の寺内町(じないまち)は、450年前に宗教自治都市として栄え、今も江戸時代からの街並みが残っています。

tondabayasimatiya20061210a.jpg


寺内町の城之門筋の道は「日本の道百選」に選ばれ、よく整備されていました。標識や、溝のない石で出来た側溝はすばらしいデザインです。


tondabayasimiti200612010b.jpg tondabayasimiti200612010a.jpg


見学時間が短いので急ぎ足で街並みを拝見しながら、コーポラティブについて説明したいただく「じないまち交流館」に到着する。この建築は最近完成したようで、地下に60トンの防火水槽や防災倉庫を併設する、展示・情報館になっています。2階は会議などに使用できる4室の和室がありました。
COM計画さんの提唱する、コーポラティブ住宅の4つのポイント
・ 納得できる価格(価格メリットがあること)
・ 希望がかなう自由設計
・ 良好なコミュニティー
・ 豊かな環境が実現できること

kouryuukann20061210.jpg tonndabayasi20061210a.jpg


COM計画研究所の山本さんから「寺内町まちやガーデンハウスの完成までの流れや概要の説明を聞き、見学に向かう。2005年3月に計画案の提案をしてから、5月には募集説明会開催、2006年1月着工9月完成・入居と非常に早い期間で実現しています。取得価格は約2800万円から3600万円とお手ごろ価格になっているようで、早い時期に参加者が決定されたようです
建築ガイドラインを設定し、寺内町の街並みに良く調和しています。車駐車スペースをオープンにして、1戸あたりの宅地は小さいのですが、ゆったりした
住宅に感じます。詳しくはこちら参照ください

tondabayasikopo20061210a.jpg



tondabayasikopo20061210b.jpg



住宅のお宅1軒を拝見した後、街並みを散策しながらバスまで戻り昼食会場に移動する。

参考になったらクリックしてください
 にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ  にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

スポンサーサイト




トラックバックURL
http://ugawa.blog77.fc2.com/tb.php/18-e8cc8821
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する