FC2ブログ
2008
05.30

住宅の広さ・・坪数の言い方と価格

住宅の工事価格を表すとき、住宅の広さを表すのに「○○坪」と表現します。
この広さにも「どの基準の広さ」かにより、広さの数字が違ってきます。

1-建築基準法での床面積
2-建設会社やハウスメーカーが良く使う床面積 これを施工床面積と言います。


建築基準法での床面積では、基本的に壁に囲まれた室内内部の床の面積になります。吹き抜けや一定の基準の小屋裏(ロフト)は面積に入りません。出窓は床までない、屋根までない場合は入りません。他 各行政により細かく定めています。

施工床面積とは、建設会社が施工する床面積の総和になります。会社により違いはありますが、吹き抜け、バルコニー、玄関ポーチ、ロフト、ウッドデッキ、テラス、出窓などが建築基準法での床面積に加わります。

吹き抜け   2坪(4帖大)
バルコニー  1坪
玄関ポーチ  2坪
ロフト     2坪
ウッドデッキ  2坪
テラス     2坪
出窓     1坪     とすると 
施工床面積では、総計 約12坪が建築基準法での床面積に加算されます。

建築基準法での床面積での 30坪 坪60万円の表示した住宅
30坪 × 60万円  = 1800万円

施工床面積での坪50万円と表示した住宅
(30坪 + 12坪) × 50万円 = 2100万円


床面積を広くカウントしたほうが、坪当たりの価格が安く表示できます。
ここに面積のからくりがあります。

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://ugawa.blog77.fc2.com/tb.php/189-a84df53d
トラックバック
コメント
初めまして!突然のコメント失礼します。
建築士の方々のブログを集めたサイト【建築士のお仕事♪】が
この度、リニューアルし、デザインもスッキリ読みやすくなり、
さらに、質問集など追加してました。
一度ご覧頂ければと思います。
http://job-arc.busilog.com/

また、建築士の方や
建築士を目指されている方の
ブログ登録大募集中です。

よろしくお願い致します。
建築士のお仕事♪dot 2008.05.31 00:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する