FC2ブログ
2006
12.14

岡山の松の木

Category: 岡山の木
永井さんに紹介した、松の梁材の製材所は岡山県久米南町の山渋木材さんです。H邸では、梁に当初米松の梁も検討していましたが、永井さんの施工なら松の梁をすすめました。それでもなかなか良い松が手に入らないとのことで、二社ほど製材所を紹介しました。

htei20061213b.jpg


その内の一つが山渋木材さんです。山渋さんの特徴は、秋から冬の間の切り旬の時期に伐採された松材を購入し、広い倉庫や敷地内にて天然乾燥しています。そのため、いつも在庫を山一杯抱えています。

yamasibu20061213e.jpg


yamasibu20061213d.jpg



山渋さんは以前、箸製造を営んでいたそうで、松材の知識は深かったようです。近年箸の製造は採算が合わなくなり、製材所専門に転業されたそうです。製造所を行うにあたり、人が手がけていない、松の天然乾燥一本に絞られたそうです。松はすぐにアオカビが付くため苦労の連続だったそうです。

yamasibu20061213a.jpg



私が設計した住宅の「チルチンびと」2006年36号に掲載された住宅にも、山渋さんの梁材を伝えました。(記事の中、建設会社が製材所見つけたとありますが、私が山渋さんに連れて行き、この材を使うよう指定しました・・チルチンさん記事間違いです)
私はよく通りがかりに、製材所見れば時間あれば覗きます。皆さん突然の訪問でも快く対応してくれ、木に対する熱い思いを語ってくれます。

yamasibu20061213b.jpg


yamasibu20061213c.jpg



岡山の民家の梁は松が使われていましたが、近年松くい虫にやられ、取れなくなってきています。かつては岡山の山々には松が豊富で、製材所も松を専門にする会社がいくらかいまでもあります。そのため、岡山ではまだ手ごろな価格で松材は使用可能ですが、知らない方多いです。

あの永井さんが「山渋の松は狂わない、ここの松はえわー」とのことです。
天然乾燥材はカンナで削ると良い色になります。

山渋木材 〒709-3626 岡山県久米郡久米南町上神目395
電話 0867-22-0840 FAX 0867-22-1200 まで

参考になったらクリックしてください
 にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ  にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

スポンサーサイト




トラックバックURL
http://ugawa.blog77.fc2.com/tb.php/22-9bf0ba53
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する