FC2ブログ

住宅を耐震補強をしてリフォーム工事しています

岡山県の私の建築設計事務所から隣の広島県福山市にて、住宅を耐震補強してリフォーム工事をしています。

施主様は、かねてから築30年の今お住まいの住宅を新築建て替えか?一部増築してリフォームするか?検討されていました。
長年悩まれた結果、これからも住み続けられるよう、住み慣れた住宅を全面的にリフォームする決意されました。

ttei20151024a.jpg

リフォームの目的は
・ 住宅の強度に不安があるので、専門家に調査してもらい、耐震補強工事をしたい。
・ 冬寒いので断熱性能を高め、冬寒くないようにしたい。
・ 築30年になるので、キッチン・風呂・洗面など新しくしたい。
・ 住み続けられるよう、バリアフリーにしたい。
・ 当事務所の木を生かしたデザインを取りれたい。 などなど


ttei20151024b.jpg
ユニットバス、洗面、トイレなどの水廻りは増築するので、新たに基礎をつくります。

ttei20151024c.jpg
ttei20151024e.jpg
基礎の鉄筋の太さ、ピッチ、工事状況を検査
ttei20151024d.jpg
住宅内部の新しい壁に基礎を設けるー既存の基礎に鉄筋をケミカルアンカーで一体化します。

ttei20151024f.jpg
リビング・ダイニングになる場所を解体

ttei20151024n.jpg
設計で想定した2階床の梁桁図ー柱を撤去する箇所の梁を補強します

ttei20151024k.jpg
内部を解体後、構造を再調査して木組みを再検討

ttei20151024j.jpg
木造のリフォムで構造補強に入れる柱・梁桁材を接合する金物

ttei20151024g.jpg

ttei20151024i.jpg
大きな地震が来ても安全ななように
耐震診断・耐震補強計画にもとづき、既存の筋交いや柱と梁に接合金物を取付ける。

ttei20151024h.jpg
2間続きの和室南の広縁の天井を撤去ー2階外壁の1階部分に壁がなく、地震の時に2階に架かる地震力が1階に伝わらないので、水平剛性が不足して大きな破壊につながる。

ttei20151024o.jpg
広縁天井裏は、この図のように構造用合板にて補強をします。

リフォーム工事では、特に専門家による構造補強が大切です。

(有)宇川建築計画事務所      〒700-0942 岡山市南区豊成3-17-24
TEL 086-265-9333 FAX 086-265-9334 E-mail ugawa@mx3.tiki.ne.jp

hpnew250206a170p.jpg    新しいホームページはこちらから

rifoomuhp170p250206a.jpg   住宅のリフォーム専門のホームページはこちらから

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
 
スポンサーサイト