造作工事が始まる住宅ー松の厚板を施主さんに見てもらいました

倉敷市真備町でこれから造作工事の始まる住宅で使う松板を選定に、岡山美咲町の松専門の製材所に施主さんをご案内しました。ここの松材は住宅から日本建築、寺社仏閣や文化財建築物に使われ、全国から注文が来ます。

出荷間近の松材と若社長
鈴鹿製材280305a

中国地方の森林から入荷した松の丸太、遠くは東北からの仕入れられます。
鈴鹿製材280305c

粗挽きして人工乾燥釜で乾燥します、燃料は製材所からでる木の皮や木屑を燃やします。
鈴鹿製材280305c


住宅で使う予定の松板を並べてもらい、図面と照合しながらカットサイズや仕上げを決めます。
鈴鹿製材280305d

2枚を繋いで机の天板にします。
鈴鹿製材280305e

松板を使用した例
松板使用例280305a

松板使用例280305b

松板使用例280305c

松板使用例280305d


(有)宇川建築計画事務所      〒700-0942 岡山市南区豊成3-17-24
TEL 086-265-9333 FAX 086-265-9334 E-mail ugawa@mx3.tiki.ne.jp

hpnew250206a170p.jpg    新しいホームページはこちらから

rifoomuhp170p250206a.jpg   住宅のリフォーム専門のホームページはこちらから

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
 
スポンサーサイト