ZEHゼロエネルギー住宅 地震に強い住宅づくり

6月4日に岡山市内で工事している、「ZEH ゼロエネルギー住宅」 上棟しました。 

棟上げ090604a

吹抜のあるリビング・ダイニング
棟上げ090604b

6月14日に軸組みの筋かい・柱の上下の接合金物・筋かいに取り付く金物の検査しました。
軸組み090604a

外壁側は土台から屋根に空気がぬける、外壁通気工法を採用
外壁の柱外に外からの熱を遮断する遮熱防水シートを張っています。
軸組み090604b

私の設計する住宅は、耐震等級3級を基本に構造計算ソフトにて設計します。
また、梁桁の組み方やサイズも構造計算で検討し、計算より太い梁桁を採用します。
耐震等級3級ではー建築基準法の定める建物の強さの1.5倍
数百年に一度発生する地震に対して1.5倍の強さ、倒壊崩壊しないレベル
熊本の地震では震度6強~震度7の地震がくり返し来ました。
熊本の住宅被害の検証では、耐震等級3級の住宅は地震の被害を受けないことが分かりました。
耐震性能290701b

軸組み090604c
・筋かいの取り付く柱の上下の接合金物をすべて確認
・筋かいのサイズ・材種・位置と接合金物の確認
不備箇所は大工さんにその場で指示して、直してもらいます。

筋かいに取り付ける接合金物ー熊本地震のようにくり返し来る大きな地震に威力を発揮する、最近販売された接合金物を使用
軸組み090604d

金物は思うより大きめです
軸組み090604e

金物のスリット部分で地震揺れを吸収し、筋交いの割れを防ぎます。
ブレスター290701a

神戸の地震 震度6強の揺れの実験
一般に使う接合金物では1回の地震で筋かいが割れていますが、ブレスターZ600を接合した筋交いでは、6回の揺れにも、筋かいの損傷が見られない。
ブレスター290701b

実験動画はこちらーちょっと怖いです

私の事務所では、その他手頃な費用で地震に強い住宅が実現できる、工法や金物を日頃から情報収集し、検討して設計に採用します。

木造住宅の設計の構造方針
・くり返し地震に耐え得る、耐震等級3級レベルを確保
・地震に強い接合金物を採用する
・必要に応じて、地震の揺れを低減できる制振装置や減震金物を採用する。
そして、現場で取り付け状況を確認する


(有)宇川建築計画事務所      〒700-0942 岡山市南区豊成3-17-24
TEL 086-265-9333 FAX 086-265-9334 E-mail ugawa@mx3.tiki.ne.jp

hpnew250206a170p.jpg    新しいホームページはこちらから

rifoomuhp170p250206a.jpg   住宅のリフォーム専門のホームページはこちらから

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
 
スポンサーサイト