FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真備の水害エリアと水害を受けた住宅

総社市に建設された木造仮設住宅を見学のあと、水害被害を受けた倉敷市の真備に行ってきました。

総社西公民館仮設住宅301014a
総社市西公民館前の木造仮設住宅群
東京電力福島第1原発事故の避難者が入居していた木造仮設住宅を福島県いわき市から移築し、災害から2ヶ月ぐらいで完成。
外壁は新しい杉板張りなので、駐車場に立つと心地よい木の香りがします。

総社西公民館仮設住宅301014c
近所の方とコミュニティーが生まれそうな住宅群でした。仮設住宅と言うより、このまま住み続けできそうでした。

真備301013a
水害を受けた川沿いのエリアー住宅の被害が大きいです

真備301013b
決壊した河川の修復中ー7月のような大雨が長期に降ると、どこが決壊するか不安な感じします。

真備301013c

真備301013d

真備301013e

真備301013f

2階床上まで浸水した住宅を、持ち主さんの了解をえて、住宅3軒の内部を見せてもらいました。
1階の床と壁ははがし、家財は処分されていましたが、これからリフォームするか?解体して新築するか?どうするか迷われていて、水洗いや消毒はされていません。
そのため、壁のボードを剥がしていない箇所はカビが生えています。

真備301013g
土壁の住宅は土壁が流れたり、撤去したりして壁がなくなっている箇所もあります。
築年数のたつ少し広い住宅なので、リフォームするには費用がかかりすぎるので、解体の予定だそうです。
もったいない感じはします。

こちらの住宅は、築15年で新しい大手ハウスメーカーで建てた広い在来木造住宅。
外壁やサッシュは大丈夫できれいで、そのまま使えます。
メーカーに相談すると、リフォームする費用は3000万円と言われ、リフォームするか?解体して新築するか?どうするか?悩まれていました。下げ振りで検査すると、家の狂いはなかったです。この住宅は 解体するには、もったいないと思いました。
リフォームするなら、早く水洗いをして消毒してカビを防ぎたいです。とアドバイスしました。
真備301013h

週1回 水害住宅の電話相談に参加していますが、最近は「リフォームするか?解体して新築するか?」「また、河川が氾濫して水害にあわないか?」こうした相談が多くなりました。
水害電話相談01
相談の資料

住まいづくりをお考えの方や住まいのご相談は
お気軽にお問い合わせください。

(有)宇川建築計画事務所   〒700-0942 岡山市南区豊成3-17-24
TEL 086-265-9333 FAX 086-265-9334 E-mail ugawa@mx3.tiki.ne.jp

hpnew250206a170p.jpg    新しいホームページはこちらから

rifoomuhp170p250206a.jpg   住宅のリフォーム専門のホームページはこちらから

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。