FC2ブログ
2019
02.11

今日は岡山でも雪が降り寒い一日ですー住宅の断熱性能と光熱費

今日 朝起きると岡山でも街一体は雪景色で寒い日です。310211snow1.jpg

310211snow2.jpg

暖房を入れていても、なかなか室内が暖かくなりません。
dannetu310211a.jpg
冬ー室内の暖気はおもに窓から逃げていきます
資料ーYKKap マドコト冊子より

dannetu310211b.jpg
夏は窓から熱が入ってきます。

快適に暮らすためには、これからの住宅の断熱性のは重要です。
また、寒い日が続くと電気代も気になります。1月2月の電気代の請求書の金額はぐっと高くなり、家庭の負担になります。
私の事務所でも10月は5604円でしたが、2月は15392円と3倍になりました。
自宅も10月8777円ですが、2月17244円と2倍です。

一般家庭の電気代の推移ーこの7年で2万円アップ 将来的にはエネルギーの枯渇にて、上昇方向と言われています。
dennkidaisuii01.png
資料ー今話題の総務省統計局

20170803YKK.jpg
光熱費が家計に負担になります。
断熱性能の低い住宅では、高血圧になるなど健康被害の影響でます。

建築物では使用できるエネルギー量を法律で定めています。現在 平成28年エネルギー基準が決められていて、一定規模以上の建物では順守する必要があります。住宅など小さな建物は努力義務となっています。

各住宅で冷暖房・換気・照明・給湯・家電等に使用できるエネルギーが定められ、設計する住宅の使用できるエネルギーは、その基準消費量より少なくしましょう。
平成28年省エネルギー基準310211a

最近話題のZEH住宅(ゼロエネルギー)では基準使用エネルギーより20%以上、使用するエネルギーを下げます。
住宅の断熱性能を高め、使用する設備機器も省エネルギータイプを採用し、光熱費を少なくします。
使用するエネルギーが太陽光発電で電気をつくり、一年を通じて光熱費のかからない住宅になります。

私の設計した住宅例ー使用エネルギー 4割削減、太陽光発電にて使用エネルギーは年間通じて0ゼロー1割余分に発電
第三者機関にて住宅の性能を証明してもらいますーBELS
bels310211.jpg
設計には経験による詳細な計算が必要になりますが、計算すると最近の住宅では、少しのレベルアップで実現可能です。


(有)宇川建築計画事務所   〒700-0942 岡山市南区豊成3-17-24
TEL 086-265-9333 FAX 086-265-9334 E-mail ugawa@mx3.tiki.ne.jp

hpnew250206a170p.jpg    新しいホームページはこちらから

rifoomuhp170p250206a.jpg   住宅のリフォーム専門のホームページはこちらから

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif

スポンサーサイト