FC2ブログ
2007
12.05

確認申請の遅れ-1

Category: 建築事情
建設業界は確認申請が下りなくて困っている話をよく聞く。

6月施行の改正建築基準法により建築確認手続きが煩雑になり、経済活動にも深刻な影響を与えていることが、国土交通省のまとめで浮き彫りとなった。7月の建築確認件数は前年同月と比べ約4割減り、8月の新設住宅着工戸数が43・3%減の6万3076戸と大幅に減少。東京都だけを見ても、7月の建築確認件数はほぼ半減し、8月の新設住宅着工戸数は9098戸で51%減と落ち込んだ。

同省が28日に発表した建築着工統計調査報告によると、8月の住宅着工は戸数ベースで6万3076戸、床面積ベースで566万7000平方㍍となり、いずれも4割以上のマイナス。特にマンションは前年同月を6割以上も割り込んだ。住宅を含む建築着工全体で見ても床面積ベースで982万平方㍍と42・1%減少した。

地域別(戸数)では、都道府県すべてがマイナスを記録した。特に沖縄、香川、岡山など4県は6割を超える落ち込み。50%台のマイナスが東京、神奈川含め6都県。東京、神奈川は、それぞれ51%、55・9%の減少だった

記事の参考ページ

6月以後、私の事務所が確認申請出したケース

確認のチェック内容が変わったので、図面の書き方、書式を事務所独自から国土交通省のモデル書式に作図変更した・・1週間必要になったたが、以後利用できる。

・ 岡山にて確認申請した住宅
申請書類は、国土交通省は決められた若干の訂正は可能とのことだが、まず訂正印を押すことは不可。

正式申請の前に、事前申請を提出・・内容を見てもらうのに1週間必要、込んでいる場合もう少しかかる場合あり。

申請書全て持ち帰り、訂正個所を直し作図・・訂正印は不可なのでほぼ全図面作り変え、申請書類を整える。以後、訂正印を押せないのでチェックに時間かかる。

正式に申請機関に提出・・事前に見てもらっているので、2日ほどで下りる。
慎重に書類、図面を確認していても落ちはある、印は押せないので、該当部分は改めて書類を差し替える。

以上、6月前なら3,4日で下りていた確認申請が2週間は必要。作業量は1週間分は増えた。

・ 香川にて確認申請した住宅

訂正印は一切不可は岡山と同じ。

事前申請に提出・・ほぼ1週間で訂正個所連絡あり。
岡山以上、訂正指示の個所多く、全図面 訂正作業必要で1週間ほど必要。
訂正後、正式申請?をする。2,3日後再度不備個所連絡あり、図面2枚ほど修正して宅配にて送る。

その後2日ほどで許可が下りたが、3週間は必要の様子であった。
香川は確認が下りた時点に正式受理としており、不備の場合の図面の差替や申請手数料の没収は避けている。

審査精度は岡山より細かい。

申請を出して思ったこと

申請書に訂正印を押せないことに、どんな意味があるのか?と思う。
もし申請書の副本を虚偽に後から差し替えしても、審査機関には製本があるので、その後偽装しても分かると思う。

訂正印を押せないので、設計側も審査側も慎重になっており時間がかかる。
住宅程度だから対応できるが、図面が膨大になるビル等になるとどう対応するのか?

住宅の確認申請費用が14,000円だったが、こんな料金で申請書と図面の審査をしていたら採算に合わないと思う。一般企業なら半日で全ての作業を終了しないと採算ベースに合わないと思う。

木造住宅規模についての確認申請は、従来より手間はかかるがおって慣れてくる。

審査機関は申請書と図面の審査とともに、チェックシート(かなり細かい様子)の記入が必要らしく、こちらも作業手間も必要。

申請前に国土交通省の課長の講習会に出たが、書類、図面作成について、研修会で話された内容が、審査機関や担当者に伝わっていない。そのことを話ても独自に対応するようで、上からのことが下に伝わるのは時間がかかる。

元姉歯建築士の確認偽装で、元指定確認検査機関イーホームズの代表取締役・藤田東吾氏が発見できなかった責任が問題になったことにより、申請料の割に審査機関と審査員の責任が重くなり、審査も慎重になった。

確認審査制度は行政改革により民間開放されたが、今後、審査機関の倒産や撤退がでると推測する。(すでに始まっている)

詳細まで事前申請が可能になったので、事前申請を数箇所の審査機関に出し、速くて不備の少ない審査機関に出すケースがありそう。(噂で聞いた)

対策として

・審査手数料が上がるのは困るが、最低審査費用なり見直し必要では。

・審査期間が責任を持つ確認項目を明確にする。

・審査機関や審査員がミスをした場合の保険制度の導入や政府の保証を与える。

確認申請が下りていないのは、構造計算が必要で適合判定が伴う建物が多い。
岡山でもほとんど下りてないと聞く。

こちらについては、また改めて!

参考になったらクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ にほんブログ村 地域生活ブログ 岡山情報へ ninnkiblogbanner_04.1222.gif
 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ugawa.blog77.fc2.com/tb.php/83-71f6d87f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する